ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

日本民家園 〔神奈川県川崎市多摩区〕


■目次&地図■

■ふぁみとりっぷ本館へ■


民家園5

訪問日 2014年9月7日
日本民家園のHPへ

日本民家園への行き方(東京から)
  • 新宿駅→(小田急線急行で約25分)→向ヶ丘遊園駅
  • 駅南口から正面の道を徒歩15分

入園料(2018年 1月現在)
 中学生まで無料、高校生・大学生300円、大人500円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

民家園1

日本民家園は、東日本を中心にした日本全国から移築・復元された、江戸時代から昭和初期にかけての古民家が展示されている野外博物館です。

民家園B

まずはゲートを入ったところの展示室で予習してまいりましょう。
小さなお子さんにはちょっと難しいですけどね。

民家園9

展示室を出て、園内に一歩入れば、本物の昔の街並みに迷い込んだような雰囲気です

民家園4

中に入れる建物もたくさんあります。
上がってお茶でも飲みたくなるところですが、さすがに飲食禁止なのでちょっと残念。でも貴重な文化財ですから仕方ないですね。

民家園2

一軒ずつ、丁寧な解説がついていますから大丈夫。
子供にもちゃんと説明できますね

民家園3

迷路のような、ちょっとかくれんぼがしたくなるような魅惑の物陰がいっぱいです

民家園7

奥に見えるのは「江向家住宅」、越中五箇山の合掌造の民家だそうです。
同じ日本の民家でも、合掌造の家はなんだかちょっと別格な感じです。
でもお手入れが大変そう

民家園8

大きな水車。
粉挽き、米つき、わら打ちに使われていたんだって~って都会の子供に言っても通じないですよね。
説明にもひと苦労です

民家園A

展示されている建物は全部で25軒。
丁寧に見てまわると半日近くかかります。
これほど見ごたえがあるとは予想していませんでした。おみそれしました

のんびり歩いて30分弱のところに
藤子・F・不二雄ミュージアムがあります。
昔の暮らしと未来のロボットをつないでお散歩するのも楽しそうですね。




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

日立市かみね動物園 〔茨城県日立市〕


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

かみねD

[PR] 東横イン日立駅前
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。シビックセンター科学館へは歩いて1分、かみね動物園へのバスのりばも目の前です。動物園+科学館+お泊まり、お子さんも喜びますよ。日帰りはちょっともったいないな~と思ったらご利用を


訪問日 2016年8月15日


日立市かみね動物園への行き方(東京から)
  • 上野駅→(特急「ひたち」号で約1時間30分)→日立駅
  • 日立駅中央口(2番乗り場)からバスで約10分、「神峰公園口(かみねこうえんぐち)」下車
    2番乗り場のバスは神峰公園口方面に行くはずですが、念のため運転士さんに確認してください。1番乗り場の「東河内」行きも神峰公園口を通ります。
  • 神峰公園口バス停からは、神社の石段左側の上り坂を進んでください。動物園ゲートまで歩いて3~4分ほどです。

入園料(2016年9月現在)
 3歳まで無料、4歳~中学生100円、大人510円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

かみね0

こちら日立市のかみね動物園です。
お盆休みの時期ということもあるのでしょうか、かなりの人出です。

さて、順路に沿って観てまいりましょう

かみね1

入園してすぐのところにいるのがアジアゾウさん。
おおきいねぇ~と、あちこちで声があがります。

かみね2

ゾウの先には一転、ウサギ、プレーリードッグ、カワウソといった小動物のエリアになります。
こちらはコツメカワウソさん。
ちょこまか走り回って、子供たちに大人気です

かみね3

カワウソの隣には、のんびりカピバラさん。
このゆるさは全国共通。
鉄板の安心感ですね

かみね6

アカカンガルーさん。
あ゛~暑い~、って感じのだらけぶり。
毎度のことながら、おやじ感全開です

かみね7

ワライカワセミさん。
「わらいかわせみに話すなよ」って歌がありましたよね。
ケララケラケラケケラケラ...って笑い声が聞きたかったところですが、今日は寝ているようで残念でした

かみね8

チンパンジーさん。
にらめっこしましょ、ってとこでしょうか。
「観客はあたしだよ、あんたが動物」って主張しているような

かみねB

カバさん。
このあとすぐに水の中に潜ってしまいました。
背中だけでも見えてよかった

かみねC

クロサイさん。
トリケラトプスを想わせるこの重厚な存在感はさすがです

P8151438

こちらはレッサーパンダさんの運動場ですが、今日はレッサーパンダさんはお家のなかです。
楽しみにしてきたのですが、暑さにあまり強くない動物だそうですから、この猛暑では仕方ないですね。

P8151437

室内でやっとこ撮った写真。ん~やっぱり反射がつらい

かみねE

ライオンさん。
起きて~と子どもたちが呼びかけますが知らん顔。
どこの動物園に行っても、寝てるのは変わりませんな

P8151449

順路の最後は「クマのすみか」。
こちらはヒグマさん。さすが堂々たる風格ですな


かみね動物園は、順路どおりに進めば全ての動物が見られるように工夫されています。
山の斜面にある動物園なので、登って降りて、しまったあれ見逃した、ってまた登らなくていいのは助かりますね

楽しかった~



 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

五月山動物園 〔大阪府池田市〕




■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■


五月山409

訪問日 2017年9月27日
五月山動物園のHPへ

五月山動物園への行き方(大阪から)
  • 阪急梅田駅→(阪急宝塚線急行で約18分)→池田駅
  • 池田駅から徒歩約20分。
    駅から一本道です。地図はこちらです。

  • 大阪国際空港(伊丹)からのバスもあります(2時間に1本)
    北ターミナル前7Bのりばから「池田」行で30分「五月山公園・大広寺」下車、徒歩5分

入園無料(2017年10月現在)

五月山436

五月山動物園です。
駅から歩いて行ける距離ですが、「山」というだけあって動物園までの道程は結構な上り坂です。
頑張ってまいりましょう

足元が不安な方は、池田駅からバス・タクシーでどうぞ

五月山500

五月山は、山の全体が公園になっているんですね。
今日は時間の都合で動物園にしか行きませんが、展望台とか温室とか、1日かけてゆっくり巡るのも楽しそうです

五月山494

五月山動物園といえばウォンバット。
こちらはオスのフクくんです。
なんとも言いようのないこのもふもふ感がたまりません

五月山403

日本でウォンバットさんに会えるのは、ここ五月山動物園と名古屋の東山動植物園、長野の茶臼山動物園の3カ所だけなんだそうです(2017年11月現在)。

今回、五月山動物園に行ったのは2017年9月27日。
その直後の10月4日にオーストラリアからやってきたマルちゃん(フク君のお嫁さん候補)など、3頭の新しい仲間たちに会えなかったのは残念でした。
また会いに行かなきゃね

五月山411

園内のベンチにもウォンバットさんです

五月山407

もふもふ感でいえばこちらも負けていないはずですが
人気をウォンバットさんに持っていかれて、ちょっと寂しいヒツジさんたちです。

...なんて決めつけちゃいけませんね

五月山417

シェットランドポニーのロッキーくん。
白い髪がお似合いの、なかなかのイケメンです

五月山447

まるまるおなかのワラビーさん。
袋の中に子供が入っているのかな

五月山395

こちらは、動物たちのおやつの自動販売機。
五月山動物園は入園無料ですし、折角ですからここでお金を使っていきましょうかね。

五月山435

おやつをあげられるのは4種類の動物。
ワラビーとヒツジは安心してえさをあげられますね。
アルパカは...結構圧迫感があります。意外に顔がでかいんだよね

で、エミューは...

五月山432

この顔とくちばしで迫ってこられると、正直、かなり怖いっす
でも、他の動物園でエミューにエサをあげられるところはあまりないと思いますので、勇気を出して頑張ってまいりましょう

五月山386

こちらは、動物園を出てきたところにある「修行の館」。
コンセプトは「忍者の修行」だそうですが、こんなわくわくする修行ならいくらでも続けられそうですね


五月山482

今回は15時過ぎに行ったので観られなかったのですが、「ふれあい広場」ではヤギさんやウサギさん、モルモットさんたちと楽しく遊べます。やっぱり動物園は早い時間に行くべきですね






 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

足立区生物園 〔東京都足立区〕



■目次&地図■ 

■ふぁみとりっぷ本館へ■



生物園015

訪問日 2017年7月17日

足立区生物園のHPへ

足立区生物園への行き方(東京から)
  • 東京駅→(東京上野ライン常磐線で約20分)→北千住駅→(東武スカイツリーライン普通電車で約10分)→竹ノ塚駅
  • 竹ノ塚駅東口正面の道を真っすぐ徒歩約20分、左側の「元渕江公園」の中

入園料(2017年7月現在)
 未就学児無料、小中学生150円、大人300円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

生物園003

足立区生物園に行ってまいりました。

東京都内とはいえ、私の住む西側(練馬区)からは何度も乗り換えなければ行けないので、これまでなかなか足が向かなかったのですが、思いがけず(ごめんなさい)見ごたえのある園で、これならもっと早くに行っておけばよかった~と思った次第です

生物園007

館内に入ると、ステンドグラスの蝶がお出迎え。

生物園008

正面には金魚の大水槽。涼やかですね~
暑いなか、ふぅふぅ言いながら駅から歩いてきましたので、汗がおさまるまでここで小休止です

生物園238

のんびり、ゆらゆら、ニシキアナゴさん。


カメラの気配を感じるのか、砂のなかにすぐ引っ込んでしまうので、美しい縞模様を撮るのに少し苦労しました。
大丈夫だから出ておいで~

世間的に人気なチンアナゴさんよりも、縞模様がきれいなニシキアナゴさんの方が私的にはお気に入りです

生物園069

「高原の世界」コーナーのチンチラさん。
丸っこく愛らしく、ぴょんぴょん跳ねる姿が大人気です。

生物園098

クーラーの効いた展示室を出て、次は、大温室に行ってみましょう。
うぅ・・・やっぱりこっちは暑い

生物園084

でっかいアロワナさんがゆらゆらと泳いでいます。
同じ水槽には、世界最大の淡水魚として有名なピラルクさんもいます

生物園110

大温室の中には蝶がいっぱい
しばし暑さを忘れて見とれてしまいます

生物園175

温室を抜け、2階のデッキに出ると、そこはバタフライガーデン。
さっきは飼育されている蝶でしたが、こちらは自然の蝶を呼ぶ庭なのですね。

この日は蝶の姿は見られませんでした。残念

生物園159

見下ろすと動物たちのゾーンです。
カメさんがお食事中のようですね。
行ってみましょう。

生物園222

もぐ、もぐ、もぐ、もぐ。
ひたすら野菜を食べまくります。

いいな~ボクにもちょうだい、って、お馬さんが覗いています

生物園186

お隣にはヤギの子供。
エサを持っている人を一瞬で見分けて、クレクレ全開です

生物園191

先へ進むとオーストラリアドーム。
カンガルーさんたちがのんびり過ごしています。

ここでもエサをやることができます。
上からおいしいものが降ってくるので、デッキの下で待ち構えていますね

生物園233

ドームから外に出ると、思いがけず深山の趣です

生物園204

一番奥にあるのが昆虫ドーム。
ただの植え込みに見えますが、中をよく見ると虫たちの楽園になっています

生物園266

おぉ立派なカブトムシですね
通路に出てきてうろうろしているやつもいますので、踏まないように気を付けましょう


以上で園内ひとまわりですが、楽しくてついつい3周ぐらいしてしまいましたよ
それほど大きな施設ではありませんが、馬やカンガルーなどの大きな動物から小さなお魚や昆虫まで、充実した展示で見ごたえがありました。

子供だけでなく、大人にも楽しめる生物園。皆さまも是非いちどお出かけくださいませ






 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします


■目次&地図■

■ふぁみとりっぷ本館へ■

三河臨海緑地(日本列島)〔愛知県豊川市〕



■目次&地図■
 
■ふぁみとりっぷ本館へ■


日本列島87

[PR]
コンフォートホテル豊橋

家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。日本列島公園だけのために泊まりがけで出かける人はいないと思いますが(笑)、周辺にはのんほいパークやラグーナ蒲郡、生命の海科学館など楽しいお出かけ先がたくさんありますので、豊橋を拠点に休日を楽しんでみてはいかがでしょうか


訪問日
(1回目)いつだったかな~ (2回目)2016年9月29日


日本列島公園への行き方(名古屋から)
  • 名古屋駅→(JR東海道本線新快速・特別快速で約1時間、または新幹線で30分)→豊橋駅
  • 西口から「しおかぜバス」で約30分、終点の梅藪下車
    (本数が少ないので、豊橋市Webサイトで調べてからお出かけ下さい)
  • 梅藪バス停で降りたら、バスの進行方向前方へ進み、1つめの「臨海公園」信号を左折、その先の橋を渡り、右側の駐車場の奥に日本列島公園の入口があります。

  • 以上は、後から調べた行き方です。
    2016年に訪れた際は、実際にはJR東海道本線の「愛知御津(あいちみと)」駅から歩きました。田んぼの中と川辺をのんびり歩いて40分ほどです。

入園無料

三河臨海緑地(日本列島)。通称「日本列島公園」。
 
北海道から沖縄まで、各都道府県のシンボルを園内の随所に配置した公園です。

この不思議な名前の公園に初めて行ったのは10年ぐらい前だったかな。
改めてふぁみとりっぷANNEXで紹介しようと思ったら、写真が見つかりません。
しょうがないなぁ...

改めてわざわざ行ってきましたよ。東京から

日本列島39

矢印の先に日本列島。
いや、ここも日本列島なんだけど...


日本列島77

初めに言っときますけどね。
名前からして「きっと、日本列島の素晴らしい文化と自然を再現した公園だろう」などと期待していくとがっかりします。
そうではなくて...
  • このオブジェはいったい何のシンボルだろうね...
  • あぁこの歌は○○県のご当地ソングだったんだね...
  • これを〇〇川と呼ぶのは無理があるよね...
...などと想像を働かせ、ツッコミを入れながら散歩を楽しむ場所だと思ってください。

日本列島37

というわけで、北から日本列島を縦断してまいりましょう

日本列島36

公園の案内を兼ねた、アイヌ風のトーテムポールですね。
あくまで「風」ですが

日本列島32

青森県はリンゴのベンチ
上のオブジェもリンゴの形なのかな?

すみません、ちょっと飛ばしながら行きますね

日本列島05

こちらは東京都。

日本列島04

高層ビル群ですかね。
比較的わかりやすいといえばわかりやすい

日本列島16

さて、静岡県。

日本列島公園最大のシンボルがこちら

日本列島17

富士山です!...よね

てっぺんには測候所のドームらしきものも載っかっています


日本列島95

てっぺんまで登ってみましょう。

なかなかハードな登山道です

日本列島96

高さ18mの頂上から、日本全土を見渡します

そういえば、観光さん.comのレポート(2013年2月更新)では富士山は立入禁止になっていますね。
私が行ったときは、富士山をぐるり囲むロープはありましたが、登山道のところは通れるようになっていました。
解禁されたのか、誰かが勝手に外したのか

観光さん.comの富士山の写真は雑草が刈り込まれていてきれいですね。ずいぶん印象が違うものです。私が行ったときは上の写真のとおり草ボーボーでしたが

日本列島91

富山県。県の花はチューリップです。

日本列島92

親不知のオブジェ。

さすがに「親不知」って書いてなかったら何だかわかりませんな


日本列島15

岐阜県は「ずいずいずっころばし」の歌碑。

あんまり、どこかのご当地ソングってイメージはなかったんですけど。そうなんですかね。


日本列島12

さてこちらは京都府なんですが。

日本列島13

んー。
これは三条大橋か、伏見稲荷の千本鳥居か。
はたまた清水の舞台の骨組みか。

解説がないのでわかりらないんですよね

日本列島26日本列島27

ここは海辺の公園。
おなじみアオサギさんをはじめ、鳥たちもたくさん来ていました。

日本列島78

高知県です。

日本列島81

はりまや橋のベンチでしょうかね。
こっちの方が、本物のはりまや橋より長いかもしれない


日本列島79

で、この「道」。
同じく高知県にある、有名な「何か」を表現しているのですが、わかりますか?


右に何か書いてありますけど...

日本列島80

ぶっ

いくらなんでも、そりゃないだろう

せめてもう少し何か、清流四万十川っぽい表現ができないもんですかね。

沈下橋をかけるとか、火振り漁のオブジェを置くとか


日本列島86

鹿児島県のミヤマキリシマ。
写真を撮り忘れましたが、この先の沖縄県(県の花:デイゴ)で日本列島縦断完成です

この公園、たくさんあるオブジェ群に、ほとんど解説がないんですよね。
いったいこれは何のシンボルだろう...と「答え合わせ」ができず悶々としてしまうのがちょっと辛いところです。
親不知とか四万十川とか、あまりにも無理があるものには名前がついているのですが 

繰り返します。
ここはツッコミ散歩を楽しむ場所です。
クオリティを求めてはいけません

そのつもりで、話のネタに是非いちどお出かけくださいませ

あちこちのブログや投稿サイトで酷評されていますが、そこまで言わなくていいんじゃない?と思います。

名前が大きすぎるんですよね。謎解き感覚で園内を巡れば楽しいですよ。
こうして私みたいに、わざわざ東京から二度も出かけていく人がいるぐらいですからね




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■