ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

さいたま市青少年宇宙科学館 〔埼玉県さいたま市浦和区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

さいたま宇宙01

訪問日
(1回目) 2009年1月25日
(2回目) 2012年9月09日


------------------------
東京からの行き方
 上野駅→(高崎線・宇都宮線で18分)→浦和駅
 東口から国際興業バス「浦51」または「浦51-3」北浦和駅行きで約10分
 「宇宙科学館入口」バス停下車、徒歩3分ほど
 →バス停近くの歩道橋などに科学館の案内看板があります。
------------------------
入館料(2013年2月現在)
 無料(プラネタリウム別料金 高校生まで200円、大人500円)
------------------------

さいたま宇宙02

さいたま市は、宇宙飛行士の若田光一さんの出身地だそうです。
科学館の名誉館長も若田さん(2013年2月現在)。

さいたま宇宙05

入口正面にあるフーコーの振り子。
見ている間に1枚倒さないかなぁ、と期待して見てしまうのですが、意外にこれが倒れないんですよね

1階を先に回ると、子供たちが展示から離れなくなるので、まず2階に行きましょうか。

さいたま宇宙07

こちらは2階の「スペースロード」。
暗い通路に浮き上がるようなパネル展示が雰囲気を盛り上げます。

さいたま宇宙06

さすがに宇宙に関する展示は充実しています。
大人には見ごたえある展示ですが、小さい子にはちょっと難しいですね。
とはいえ、雰囲気だけでも感じてもらいたいものです。

さいたま宇宙08

ほかにも植物や岩石の標本などの展示がいろいろ。
夏休みの自由研究のネタ探しにも良いかもしれませんね。

さいたま宇宙09

さて1階に降りてきました。
子供たちの大好きな「ボールころころ」
みんな楽しそうにボールの行方を追っています。

さいたま宇宙04

こちらは何の前衛芸術かと思いきや、「カラスの巣」だそうです。
こんなにたくさんのハンガー、どこから拾ってきたのやら。
結構、重そうですよね・・・。

さいたま宇宙03

おなじみケプラーモーション。
きれいに8の字を描けると嬉しくなってしまいます。
ちょっと貸して、と子供からボールを取り上げるお父さんたち。うん。私だけじゃないよ

ほかにも、見て、聞いて、触れて遊べる科学遊具がいろいろ。
レストランや売店はありませんが、飲食のできる休憩室がありますので、お弁当を持ち込んで1日ゆっくりすごすのも良いかもしれませんね。

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

大泉交通公園 〔東京都練馬区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

大泉交通公園1

訪問日
(1回目) 2004年11月7日
 ↓ 何回行きましたことやら・・・ 
(???回目) 2012年4月15日
大泉交通公園のHPへ

------------------------
東京からの行き方
 池袋駅→(西武池袋線準急で約15分)→保谷駅
 北口から徒歩10分
------------------------
有料施設なし
------------------------

電気仕掛けのアトラクションなど、どこにもありません。
自転車に足漕ぎゴーカート。
砂場、すべり台、橋や築山、水遊び場。
ね。これだけあれば、子供たちは1日中遊んでいられます。

大泉交通公園6

長男が小さかった頃から、ここには本当にお世話になりました。
思い出がいっぱいの公園です。
そして、次男は今も自転車練習中。現在進行形でお世話になっております。 

自転車とゴーカートは無料で借りられます。
園内で楽しむのがルール。そのまま外に出たりしないでね。 
ゴーカートは小学6年生まで、自転車は中学生までです。 

大泉交通公園5

信号できちんと待っている子供たち。
小さな子が飛び出そうとすると、大きな子がすかさず「だめだよ、赤だよ、とまらなきゃ」なんて声をかけたりして。
ここでは、見知らぬ子ども同士でも、自然に会話が弾みます。

大泉交通公園4

こちらは足漕ぎのゴーカート。
自転車が苦手な子も、これならちょっと練習すればすいすい乗れるようになります。

大泉交通公園3

信号のところなど、係のおねえさんやおじさんが立って誘導してくれます。
交通ルールがまだ覚えられていない小さなお子さんでも安心です。

大泉交通公園2

びゅんびゅ~ん
ちょっと道幅の広いところでは、追い越しをかけようとする子供と、追い越されまいとする子供とで、生意気にもカーチェイスが始まったりします。ま、大きなけんかになるようなことはほとんどありませんから、子供たちに任せておきましょう。意外に折り合いをつけてうまくやっていますよ。

大泉交通公園7

緑も多くて、とっても気持ちの良い公園です。
写真には写っていませんが、じゃぶじゃぶ池や人工の小川もありますので、夏は水遊びの用意もお忘れなく。

園内に売店などはありませんが、門を出て次の角を右に曲がると2~3分でコンビニがあります。
レジャーシートと文庫本など持って、子供を遊ばせつつ親はのんびり読書なんていかがでしょうか。
入園料とアトラクションに何千円も使うより、よっぽど贅沢な休日だと思いませんか
 
目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

楽寿園 〔静岡県三島市〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

楽寿園09

訪問日
(1回目) 2012年1月13日

楽寿園 のHPへ
------------------------
東京からの行き方
 東京駅→(東海道新幹線ひかり号で約45分)→三島駅 
 南口から徒歩2分
------------------------
入園料(2012年8月現在)
 3歳まで無料、小人(満4歳以上15歳未満)50円、大人300円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

いやぁ、それにしても新幹線は速いね
東京駅から家(練馬)に帰るのと、三島に行くのと、あまり変わらないのだから。
三島に停まる「ひかり」は2時間に1本だけど、「こだま」でも十分速い。
子供も喜ぶし、たまには新幹線もいいもんだ。
高いけどね

・・・で、三島にやってまいりました。

駅の南にある楽寿園(らくじゅえん)は、明治23年に小松宮彰仁親王の別邸としてつくられた由緒正しき庭園なのですが、昭和27年に市営公園として開放されてからは、動物園や遊園地もつくられ、大人も子供も楽しめる市民の憩いの場となっています。

楽寿園05

こちらは「のりもの広場」。
絶叫マシンなどはありません。
小さな子供向けの、安心して楽しめる遊具が中心です。

楽寿園06

豆汽車は1回100円。
お手軽価格でありがたいですが、「もっとのる~」となるときりがないですから、適当に切り上げて次に行きましょう。

楽寿園01

こちらは本物のSL。運転席にも入れます。
秩父鉄道などで現在も走っているのと同じC58形。
近くで見るとやっぱり大きいですねぇ~

楽寿園07

動物園にやってまいりました。
来た時間が遅くて、残念ながらうさぎさんは檻の中

楽寿園08

でも、カピバラはまだ外に出ていました。
ん~やっぱりカピバラ癒される~
うちの次男は動物苦手で、遠巻きに眺めるだけでしたが

楽寿園10

ポニーの乗馬体験は土曜・休日の11時と14時。
夕方近くなってから入園した私たちは、ただ眺めるだけで終わってしまいました

楽寿園03

遊園地や動物園だけじゃなくて、子供たちを促して、庭園のほうにも行って見ましょう。
こんな楽しい橋もあって、ちょっとした冒険気分です。
落ちないように、小さなお子さんは手をつないで楽しみましょうね。

帰りは南出口から出て、三島市おすすめの「街中がせせらぎ」コースをお散歩して三島駅に戻るのがおすすめです。
全部歩く時間がなくても、南出口を出てすぐの源兵衛川の水辺散歩だけは外せません。

源兵衛川

見てください。川の中に飛び石が。
しかも、川を渡るんじゃなくて、川の流れに沿ってずーっと続いているの


こんな長~い飛び石、そうそうあるもんじゃございません。
子供たちもきっと喜びますよ。是非訪ねてみてくださいませ。 
 

大きな地図で見る
目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

千葉県立現代産業科学館 〔千葉県市川市〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

現代産業科学館01

訪問日
(1回目) 2011年7月23日
(2回目) 2013年1月20日 


------------------------
東京からの行き方
 東京駅→(総武線快速で18分)→市川駅→(総武線各駅停車で2分)本八幡駅
 新宿駅→(都営地下鉄新宿線快速で29分) →本八幡駅
 北口から「コルトンプラザ」行き無料送迎バスで10分
 ※下車後、コルトンプラザ(ショッピングセンター)内を通り抜けた反対側の
  道路の向かい側にあります。 
 ※コルトンプラザが休みの日は送迎バスも休みです。
  その場合には本八幡駅から線路沿いに歩きましょう。 
------------------------
入園料(2013年1月現在)
 中学生まで無料、高校・大学生150円、大人300円、65歳以上無料
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

現代産業科学館11

広いロビーに、手で触れて遊べる科学遊具がたくさんならんでいます。
うちの子供たち好みの科学館です。

現代産業科学館02

しゃぼん玉コーナー。
ひととおり遊んだ子供たちが集まってくる、一番の人気コーナーです。
びっくりするぐらい大きなしゃぼん玉ができて、子供たちの歓声が響いています。

現代産業科学館10

入口近くは小学校低学年や未就園児向けの展示が多いのですが、奥へ進んでいくと、中学生や高校生、大人にも見ごたえのある、さまざまな技術のしくみを解説する展示コーナーになります。

現代産業科学館09現代産業科学館08

展示のボリュームもかなりのもの。
1つ1つじっくり見るなら、1時間ぐらいは見ておいたほうが良いでしょう。

現代産業科学館07

さて、1階フロアの一番奥には高炉の模型があります。
ここから階段で2階に上がってみましょう。

現代産業科学館05

2階はまさに現代「産業」科学館の本領発揮。
産業革命から現代に至る、産業技術の模型が所狭しと並んでいます。

現代産業科学館04

「ベッセマー転炉」の模型。
1856年に発明された、鋼鉄の大量生産を可能にした画期的な技術だったとか。
なんだか古い宇宙船のような形をしていますね
ここから最新の製鉄所に至るまで、製鉄の歴史がひととおり学べます。

現代産業科学館03

こちらは「ジーメンスの電車」の模型。
ジーメンス。子供のころの偉人百科で読んだ記憶があります。
新幹線も通勤電車も、みんなここから始まったのですね。

現代産業科学館06

千葉県らしい、東京湾岸コンビナートの工場の模型や歴史解説もたくさんあります。

2階はどちらかというと「大人の好奇心」を満たすエリアですね。
お子さんが一人で遊んでいられるぐらいの年齢でしたら、1階で遊ばせておいて、親は1階の奥や2階でゆっくり展示を見るのがおすすめです。折角ですから、大人も楽しんでしまいましょう
 
目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

市川市動植物園 〔千葉県市川市〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

市川市動物園01

訪問日
(1回目) 2013年1月20日

------------------------
東京からの行き方
 東京駅→(総武線快速で18分)→市川駅→(総武線各駅停車で2分)本八幡駅
 新宿駅→(都営地下鉄新宿線快速で29分) →本八幡駅
 北口から京成バス「動植物園」行きで30分、終点下車
 ※バスは平日運休。土曜・休日も本数が少ないので要注意!
  本八幡駅バス時刻表
 ※バスの時間が合わないときや平日は、武蔵野線の市川大野駅から
  市川市コミュニティバス(1日4本)を使うか、 こちらのページ
  「市川大野駅から」や「徒歩の場合」を参考に、ハイキング気分で
  歩いてお出かけください。
  (うちの場合、行きは市川大野駅から歩き、帰りはバスを使いました)
------------------------
入園料(2013年1月現在)
 未就学児無料、小中学生100円、大人420円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

市川市動物園06

東京から都県境を越えた隣町、市川市の動物園です。
名前のとおり、植物園も併設されているのですが、雪が残って足元が悪かったので今回は動物園だけを見てきました。

ライオンやトラといった猛獣は、ここには居ません。
小動物が中心の、アットホームな雰囲気の動物園です。

市川市動物園03

この動物園のお目当ては、やはりレッサーパンダですね。
ちょうどタイミングよく、おやつタイムを見ることができました。
りんごをもらって嬉しそうです。

レッサーパンダ、そうですね、10頭ぐらいいるのでしょうか。
次の檻もレッサーパンダ、その次もレッサーパンダ
一番奥までやってきました。茶色い体が見えますが、最後もレッサーパンダ?

市川市動物園05

・・・違った。オランウータンでした。
いやほんと、こういう感じのおじさんっているよね、って

右手に持っているのは白いのはおにぎり・・・ではありませんね。
先週の残雪でした。とっても満足そうに食べていました

市川市動物園02

・・・やってしまう人がいるのでしょうね。
むやみにえさを与えると、動物がお腹をこわしたりするそうです。
食べもののことは飼育員さんに任せて、私たちは見て楽しみましょうね。

市川市動物園04

こちらはお楽しみ、ミニ鉄道の駅です。
1回100円。子供たちの歓声と、ビデオカメラを構える親たちで賑わっていました。
で・・・私も子供と一緒に乗ってきました。



広場をゆっくり1周。のんびり旅気分。
でも、寒かったぁ・・・

市川市動物園07

動物ふれあいコーナー。
みんなとっても楽しそうなのに、うちの子は怖がって入ってきません。
仕方なく写真だけパチリ

市川市動物園09

園内の自然博物館です。
この鉄塔は、カラスの巣作りの展示と解説です。
江戸川放水路の開削事業と、生き物に与えた影響など、この地域の地理や歴史も学べたりして、大人にも見ごたえがある内容でした。子供は外のほうが楽しかったみたいですけどね。

最後はこちら。

市川市動物園08

地域のマスコットキャラクター「大町りこ」だって。
かわいいじゃないの。「り」は「梨」だね。
twitterFacebookもやっているみたい。
ちょっと応援してあげましょうかね。「いいね」ポチっ
 
目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る