ふぁみとりっぷANNEX =おさんぽPANDAの家族おでかけレポート=

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

仙台市科学館 〔宮城県仙台市青葉区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

仙台市科学館_R3 

訪問日
(1回目) 2012年8月8日

仙台市科学館のHPへ

------------------------
仙台からの行き方
 仙台駅→(地下鉄南北線 で10分)→旭が丘駅下車、北へ徒歩5分
------------------------
入園料(2012年8月現在)
 小・中学生200円、高校生300円、大人500円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

地下鉄の旭が丘駅を降りて、静かな公園を科学館に向かっていると、緑の濃さにここが仙台の中心街からわずか10分の場所であることが信じられなくなるようです。
やがて右側、斜面の上に見えてくる科学館の建物・・・。
 
仙台市科学館_R4

・・・ん~。
・・・ちょっと気合が入って?おります

ここから、この右下の階段を上がって、真ん中の折り返し階段を上がって、右側中ほどに見えているループ坂道を上がって・・・と、入口(3階)にたどり着くまでにひと汗です

行った日は特別展「深海の不思議展」開催中でしたが、時間の都合もあり今日は常設展だけにしました。
中も外観と同じだったらどうしよう、と思いましたが、大丈夫、キラキラ展示が並んでいます。

仙台市科学館_R5

まずは4階。「自然史系展示」と「理工系展示」です。
思いっきり遊べる、というよりは、じっくり学ぶ、という感じですね。

仙台市科学館_R2

3階は「生活系展示」。

写真右側の黄色いステップは、定番の「しゃぼん玉に入ろう!」
やはり人気抜群、次々に子供たちが中に入って遊んでいました。

・・・というより、子供たちを中に入れた親のほうがはりきっていたかな(笑)。

仙台市科学館_R1 

展示フロアはここまで。
屋外展示というのがあって、岩石園とか自然観察路とかが楽しめるそうですが、暑いのでパス

全体的に、ダイナミックな動きのある科学遊具は少なめ。
どちらかというと、化学の不思議を学芸員さんやボランティアの方が解説するスタイルが中心です。

うちの兄弟にはちょっと物足りなかったみたいだけれど、ワークショップのコーナー(チャレンジ・ラボ)などは子供たちが列をなしていて、工作とか好きなお子さんは楽しめるのではないでしょうかね。

アンデルセン公園への行き方


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

■おでかけレポートに戻る■

ここでは、ふなばしアンデルセン公園へのおでかけレポートでは書きませんでした、(主に東京方面から)アンデルセン公園への、電車・バスによる行き方をご紹介します。

・・・なぜわざわざ別のページにしているかというと。
アクセスだけで説明が長くなってしまうんですよね。せっかく家族でたっぷり楽しめる公園なのに、少々行きづらいのが辛いところなのです・・・ 

さて、アンデルセン公園に行くには、まず電車で
  • 三咲(みさき)駅
  • 小室(こむろ)駅
  • 北習志野(きたならしの)駅
のいずれかを目指してください。この3駅から、アンデルセン公園方面へのバスが出ています。

この中では「三咲駅」が、バスの本数が多いのでおすすめです。
といっても1時間に3本程度ですが・・・

三咲駅は「新京成線」の駅です。
地元以外の方にはちょっと馴染みが薄いかもしれませんね。
というわけで、東京方面からの乗り換え案内図をつくってみました

【アンデルセン公園への乗り換え案内図】
アンデルセン公園(電車)

ん~わかりづらい?
ごめんなさい、これ以上わかりやすくできないっす
何とか理解してくださいませ

だいたい場合分けすると・・・
  • 東海道沿線の方→総武線で津田沼乗換え
  • 小田急沿線の方→千代田線で松戸乗換え
  • 中央線沿線の方→東西線で北習志野へ
  • それより北の方→上野・日暮里から京成線・北総線で新鎌ヶ谷乗換え
  • 羽田空港から→京急線の快特成田空港行きで新鎌ヶ谷乗換え
こんな感じでしょうかね。
都内の各ターミナル駅から三咲駅まで、ルートにより若干長い/短いはありますが、概ね1時間~1.5時間程度あれば行けます。

さて、駅からはバス。これがまたわかりづらいんだ・・・
こちらも路線図を描いてみました

【アンデルセン公園方面のバス路線図】

アンデルセン公園(バス)

「アンデルセン公園」バス停を通るバスは、どの駅からもあまり本数が多くありません。
近くの「県民の森」「豊富農協」バス停からも歩いていけますので、こちらを通るバスも使いましょう。

三咲駅から(バス時刻表
  • 「セコメディック病院」行き(1時間に2本)で8分、「アンデルセン公園」下車
  • 「小室駅」行き(1時間に1本)で7分、「県民の森」下車
小室駅から(バス時刻表
  • 「新習志野駅」行き(1時間に1本)で9分、「アンデルセン公園」下車
  • 「船橋駅北口」行き(1時間に1本)で7分、「県民の森」下車
北習志野駅から(バス時刻表
  • 「小室駅」行き(1時間に1本)で18分、「アンデルセン公園」下車
  • 「セコメディック病院」行き(1時間に1~2本)で19分、「豊富農協」下車
なお、図の中にもありますように、「船橋駅北口」からのバスもあります(バス時刻表)。
  • 「小室駅」行き(1時間に1本)で30分、「県民の森」下車
  • 「豊富農協」行き(土日のみ午前中に数本)で40分、「豊富農協」下車
ただ、船橋駅からのバスは、私が使ったのは2回だけですが、所要時間が長いうえに、2回とも渋滞につかまり、アンデルセン公園に着く前に少々疲れてしまいました。
その経験から、私はあまりおすすめしませんが、大きなターミナル駅から乗り換えなしに行けるので、ベビーカーの方などは良いかもしれません。ご利用になる方は参考にしてくださいませ。

いやぁ~説明してみて改めて思うこのわかりづらさ
めんどくさいなぁ~、と思ったら三咲駅からタクシーでどうぞ。駅前に常駐しています

ふなばしアンデルセン公園の訪問レポートに戻る

 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■


トヨタ産業技術記念館 〔愛知県名古屋市西区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

産業技術記念館_R5

訪問日・・・記録に残っていませんが、他にも何回か行っているはずです。
(1回目) 2007年8月9日
(2回目) 2012年5月3日


------------------------
名古屋からの行き方
 〔早い方法〕
  名鉄名古屋駅→(名鉄本線・犬山線で約2分)→栄生(さこう)駅
  ※栄生駅は急行停車。特急・快速急行は通過
   栄生駅から線路沿いに名古屋駅方面に戻るように徒歩約3分 
 〔楽な方法〕
  名古屋駅桜通口の8番バス乗り場から
  名古屋観光ルートバス「メーグル」で約8分
  「産業技術記念館」下車 敷地内に停まるので便利
 〔安い方法〕
  名古屋駅桜通口を出て左へまっすぐ徒歩20分
  進行方向右側にあります。
  「メーグル」は30分に1本なので、待つ場合は歩いてしまってもいいかも
------------------------
入園料(2012年8月現在)
 小学生200円、中高生300円、大人500円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

自動織機に始まり、クルマで世界を席捲したトヨタグループの技術の歩みが学べる展示館。
そう言うと固い感じですが、子供がさわって楽しめる展示もたくさんあって、我が家では名古屋に行ったときに遊びに行く定番です。

産業技術記念館_R6

まず最初は、自動織機の展示室です。

産業革命の頃の復元機器から、コンピューターを駆使した最新の機器まで。
大正時代に建てられた工場をそのまま使っているという広いフロアに、どれだけ見ればいいんだと目移りするほどたくさんの紡績・織物の機械が並んでいます。

産業技術記念館_R7

こちらは明治時代の「ガラ紡」。
ハンドルを回すと、ガラガラを音を立てて綿糸が紡がれていきます。

回すたびに、目の前で綿の入ったポットから糸ができて、次々に上のボビンに巻き上げられていくので、大人も子供たちも興味津々です。

産業技術記念館_R8

あと、写真が無くて残念なのですが、「ケイの飛び杼(とびひ)」とか記憶にありませんか?

中学だか高校だかの世界史の授業で、「産業革命を代表する技術」と習ったものの、どんな形でどんな働きをするのか、何がすごいのか、全くわからないままに丸暗記した「とびひ」。

ここにはその「飛び杼」の機械(復元)があって、実際にその動きの実演が見られるのです。
なんだか感動してしまったのだけれど、あぁ~、その感動がうまく伝えられないのがもどかしい


自動織機の展示室を抜けると、金属加工の実演コーナー、そして自動車の展示室へと続きます。

産業技術記念館_R9

自動車の展示室には、ミニカーが作れる工作コーナーなどもあって、車の好きな子供たちは広い館内を楽しく走り回っていますが、うちの場合はそろそろ次のコーナーが気になり始めて、自動車の展示室はいつも早足で通り過ぎてしまいます。

で、お目当ては、その先にある「テクノランド」。
動力のしくみなどが手で、足で、目で楽しめる、まさにうちの子供たち好みの科学館です。

産業技術記念館_R1
産業技術記念館_R2
産業技術記念館_R3
産業技術記念館_R4

長男に言わせると、「改装前のほうが楽しかった」って。
確かに、以前は実際に動かす楽しみが多かったのが、ちょっとテレビゲームっぽいのが増えたかなぁ。
でも、今の新しい展示も、子供たちの歓声に包まれています。

大人と子供、両方の知的好奇心を満たす、楽しい博物館です。
見学時間は少なくとも2時間は見ておきましょう。うちの場合は半日ここで遊べます

名古屋駅から近いのがありがたいですね。
近くのノリタケの森などと組み合わせて、お出かけの計画に入れてみてはいかがでしょうか。 

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

舎人公園 浮球の池 〔東京都足立区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

浮球の池5_R

訪問日
(1回目) 2010年8月22日

------------------------
東京からの行き方
 日暮里駅→(日暮里・舎人ライナーで16分)→舎人公園駅
 駅から公園内を散歩して10分ほど
------------------------
入場無料(夏休み期間のみ営業)
------------------------
〔注意〕小学3年生以下のこどもたち専用の遊び場です。
------------------------
 
浮球の池1_R

普段は静かな舎人公園ですが、夏の間、この一角だけは子供たちの歓声が何層にも重なって響いています。
浮球の池。「うきゅうのいけ」と読むんだって。

一言で表現すれば、超ハイパーじゃぶじゃぶ池、とでも言いましょうか。

浮球の池6_R

築山の上から、豪快にすべり下ります。

浮球の池7_R

お昼過ぎの一番暑い時間帯は、炎天下に並ぶのを覚悟。
何度も滑るなら、早めの時間がいいですよ。

浮球の池3_R

これは ・・・ 何のオブジェでしょう ・・・ めがね? ヘビ?

浮球の池4_R

正直、親も水に入っていないと、暑くてやってられません。
若干の木かげはありますが、そこに入って休むには早い者勝ち。
昼過ぎからのこのこやってきたのでは、休む場所取りに苦労するかも。

浮球の池2_R

夕方は4時で終了。ええっ、もう?って感じですが。
暑いなか、子供たちを誘導してくれた職員さん(ボランティアさん?)に感謝です。

1度滑って帰る、というのはお子さんも納得しないでしょう。
ちょっと遊ばせるつもりが、あっという間に2~3時間が経ってしまいます。
お父さん、お母さんは、くれぐれも暑さ対策を万全に。

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

千葉市動物公園 〔千葉県千葉市若葉区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

千葉市動物公園_02

訪問日
(1回目) 2011年8月6日


------------------------
東京からの行き方
 東京駅→(総武快速線 で約40分)→千葉駅→(千葉都市モノレールで12分)→動物公園駅
------------------------
入園料(2012年8月現在)
 小中学生100円、大人500円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

二本足で立つレッサーパンダの風太くんで、一世を風靡した(ちょっと大袈裟か?)千葉市動物園です。

千葉市動物園4_R 

風太くんと飼育員の濱田さん。心が通じ合っている様子が写真からも見えますよね。
濱田さんの軽妙な語りがとっても楽しくて魅力です。えさやりタイムをチェックして、お聞き逃しの無いように。

でもね。
立てるのは、風太くんだけじゃないんだって。 

こちらは風太くんの子供たち。

千葉市動物公園_05千葉市動物公園_06

なんてお行儀の良い

こちら風太くんファミリー。大家族なんですねぇ。
うちのお兄ちゃんは、家系図を真剣に追っておりました。
確かに結構面白いかも。

千葉市動物公園_01

レッサーパンダだけじゃありませんよ。
カワウソがアピールしております。
彼らの追いかけっこも見ていて飽きません。

千葉市動物公園_10

こちらはビーバー。飼育員さんと仲良し。

千葉市動物園1_R

キリンも近くまで寄ってきて大迫力。
飼育員さんがコビトのようです

千葉市動物園2_R

行ったのが8月の暑い盛り。
広い園内、なかなか体力を消耗しました。
夏に行くなら、午前中がおすすめです。

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る