ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

※閉館※ 博物館「酢の里」 〔愛知県半田市〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

酢の里_R1



博物館「酢の里」は、リニューアルし「ミツカンミュージアム」として2015年に再オープンしました。詳しくはミツカンミュージアムのホームページでご確認ください。

以下、リニューアル工事前の訪問レポートです。



訪問日 2012年5月4日

博物館「酢の里」のHPへ
たびノート(楽天トラベル)で調べる

------------------------
名古屋からの行き方
 JR名古屋駅→(東海道本線上り 快速で17分)→大府駅→(武豊線で25分)→半田駅
 駅正面の道をまっすぐ、徒歩3分

 ※名古屋から半田へは、名鉄のほうが速くて本数も多くて便利なのですが、
  駅から少し歩くのと(約13分)、歩く道順がややわかりづらいので、
  土地勘のない方はJR利用(上記)が無難です。
  ただし、武豊線は1時間に2本です。時間に余裕を持ってお出かけください。
------------------------
入園無料(2013年4月現在)
※自由入場日を除き要予約 詳しくは「酢の里」ホームページでご確認ください。
------------------------

酢の里_R2

いきなりですが、あなたのお宅のキッチンに、「お酢」、ありますよね。
無いという方、「味ぽん」ならありませんかね。

ミツカンのお酢。
どこで造っているのか、あまり意識したことはありませんでしたが、実は、ここが発祥なのだそうです。

博物館「酢の里」。
ふだんは予約制で、係の方に案内していただくスタイルなのですが、我が家で訪問したときはたまたま「自由見学」の日で、多くの見学者で賑わっていました。「自由見学」の日はホームページで告知されるので、自分のペースで見学したいなら、その日を狙っていくのも良いかもしれません。

酢の里_R4

実際に今でもお酢をつくっている工場に併設された、「日本で唯一」というお酢の博物館です。
昔ながらの製造の様子や、さらにその昔、江戸時代からのさまざまな道具、建物の様子などが展示されています。

酢の里_R5

酢をつくるにはまず米を発酵させて酒をつくり、できた酒に酢酸菌を加えてさらに発酵させるのだそうな。
前半がアルコール発酵、後半が酢酸発酵。ふむふむ。なるほど。
写真は発行の際に、菌が糸状に伸びていくところだそうです。

・・・おっと、しまった。大人の方が展示に熱中して、子供たちがちょっとふくれっ面ではないか。
でも、丁稚奉公から成長していく「三郎」くんの物語など(写真を撮り損ねてしまった。残念!)、子供にも飽きさせない展示が充実していますので、ご安心を。

酢の里_R3

酢による保存技術なくして、すしの発展はなかった、と。
にぎりずしの歴史は、酢の歴史でもあるのですね。

普通の博物館や科学館ではあまり目にすることのない「酢」を学べる博物館。知的好奇心を満たす、「ワンランク上」のお出かけ気分です。お土産もいただいて大満足。ぜひ一度お出かけくださいませ。



目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

リスーピア 〔東京都江東区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

リスーピア06

訪問日 2012年8月25日など

リスーピアのHPへ
たびノート(楽天トラベル)で調べる

------------------------
東京からの行き方
 新橋駅→(ゆりかもめで約25分)→有明駅
 高架下に見えるバスロータリーの向かい側にある
 「パナソニックセンター東京」ビル内 (徒歩5分ほど)
 または
 新宿駅→(埼京線・りんかい線新木場行きで25分)→国際展示場
 駅を出て左 徒歩2分ほど 
------------------------
入園料(2013年2月現在)
 高校生まで無料、大人500円 ※3階のみ有料。2階は無料
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------
リスーピア02

東京・有明のリスーピア。
科学館あそびの好きなお子さんであれば、100%大喜びでしょう。
お台場に遊びに行くついでに30分ほど、なんて思わないほうがいいです。
間違いなく、「え~~~~~~っ!もっと遊ぶ~~~~」となります。

リスーピア07

2階の「クエストフロア」は入場無料。
平成23年(?)に大改装されて、無料のエリアだけでもたっぷり遊べるようになりました。
右側の情報端末は、一筆書きなど、ちょっと頭をひねって考えるゲームがいろいろ。
すぐに席が埋まって順番待ちの人が並びますので、掲示されている制限時間を守って遊びましょうね。

リスーピア08

窓際には触れて遊べるおもちゃが並んでいます。
どんなのがあるかというと・・・。

リスーピア04

小さな子にはちょっと難しいのもあって、遊んでいるのは専らお父さん、お母さんたちだったりします。
そして、ハマります。ムキになります。
ついつい、子供たちは放ったらかしになります
でも大丈夫。子供たちは他の遊具でいつまででも遊んでいますからね。

リスーピア05

おぉっ。知る人ぞ知る、匹見の木のパズルではありませんかっっ!

私のイチオシはこれ「サイコロ」。
写真は、パズルが解けてサイコロの中の球が取り出せたところ。
へっへーん!と自慢しているつもりなんですが、何がすごいのか写真ではぜんぜんわからないですね
とにかく、行ったらやってみてください。むっずかしいんだから~

[PR] できなくて悔しかった人は、家で続きをやる手もありかと(笑)
サイコロ

サイコロ
価格:5,145円(税込、送料別)


さてさて、先に進みましょう。
こちらも無料エリア内。無料でここまで遊ばせてくれるとは、さすがパナソニックさん

リスーピア01

科学館の定番、ケプラーモーション。
ここのは穴3つで、ちょっとトリッキーな球の動きが楽しめます。
でも、ちょっと発射台が大きすぎて邪魔なんだよね・・・。

リスーピア03

さてさて、2階で満足したかもしれませんが、3階の有料エリアにもまいりましょう。

大変残念なことに、3階は写真撮影禁止。なんで~?
とっても楽しいのに・・・。

というわけで、フロア紹介はリスーピアの公式ホームページにお任せしてしまいます。
ここから先は、リンク先のページと見比べながら読んでいただければと思いますが、中でも人気なのは「ウォーターフライト」、「エネルギーコンバージョンボール」、「素数ホッケー」の3つですね。
この3つは、子供たちが、というより、私の大のお気に入りで、子供たちの列が途切れたときを狙って、いつも熱く遊んでしまいます

はっきり言って、ここの展示、難しいものばかりです。
幼稚園ぐらいの子供が行って、展示物の意図をわかって遊ぶのは、まず無理です。

素数ホッケーなんて、出てくる数字が素数かどうかを一瞬で判断して、素数でないものを打ち返すという、そりゃあ中学に入って素数を習わなきゃ無理だよね、ってなもんです。
大人でも、「359は素数か?」って聞かれても、そんな一瞬ではわからないって

でもね。わかんなくても楽しいんです。
数字をたたくと、999が3と333に割れて。
座標上の点に合わせて放物線を描いたりして。
ボールの弾む方向を予測して障害物を置いたりして。

理科、数学が好きな子を育てる。狙いどおりの展示に乗せられてみるのも楽しいですよ。
お台場に遊びに行くときには、是非足をのばしてみてくださいませ。



目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

飛鳥山公園 〔東京都北区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

訪問日 2012年9月9日など
たびノート(楽天トラベル)も見る

飛鳥山1

------------------------
東京からの行き方
 東京駅→(京浜東北線 快速で約15分、各駅停車で約20分)→王子駅
 中央口を出て左すぐ
------------------------
入園無料
(紙の博物館は有料 大人300円、高校生まで100円、未就学児無料)
------------------------

飛鳥山2

江戸の昔から行楽地として親しまれた飛鳥山。
標高わずか25.4mですが、堂々と「山」を名乗っています。

飛鳥山3

しかもこの山、登山ケーブルカーまである
え?ケーブルカーじゃない?
じゃあ、エレベーター? モノレール? ロープウェー?
謎の乗り物「アスカルゴ」は、JR王子駅の中央口を出て左に乗り場があります。
乗車無料、山頂まで2分。景色は・・・まぁそこそこかな

折角ですから、話の種に是非乗っていきましょう。
ただし、混んでいるときは諦めも肝心。歩いて登っても頂上まで3分です。
夕方は16時で終了。乗り逃してお子さんが泣かないようにご注意を。

山頂から奥に進んでいくと、子供たちの歓声が聞こえてきます。

飛鳥山5

まずは都電旧6000系。
子供たちが楽しそうに出たり入ったりしています。

飛鳥山6

中はこのとおり。
日差しが強い季節などは、外で子供が遊んでいる様子を伺いつつ、座って休めるのがありがたいですね。
ま、入れ替わり立ちかわりドタバタと子供たちが走り回るので、のんびりくつろげる感じではありませんが

飛鳥山4

こちらはSL。D51形ですね。
親子連れが次々に、興味津々で運転席を覗き込んでいます。

飛鳥山7

そしてこれ!
ワクワクいっぱい、すべり台のお城なのだ~

飛鳥山8

小さな子も大きな子も、上へ下へと走り回っています。
登るのも降りるのも、ちょっとした冒険ですね。

さてさて、遊ぶだけじゃなくて、ちょっと勉強もしましょうか。

飛鳥山9

こちらは紙の博物館
一歩入ると、外の喧騒が嘘のように静かな空間です。

飛鳥山11

紙の歴史や製造技術、世界の紙の文化など、紙にまつわる学びがいっぱい。
小さい子にはちょっと難しいかな…。
紙すき教室などもやっていますので、親子で挑戦してみてはいかがでしょうか。

お隣には、北区の歴史や地理、自然が学べる飛鳥山博物館や、明治~昭和期の実業家として知られる渋沢栄一の生涯が学べる渋沢史料館もありますので、全部見て回れば、公園での遊び時間も合わせて優に1日コース。時間が限られているときは、あらかじめ何を見るか、何で遊ぶか計画してからお出かけしましょう。

さて、帰りもアスカルゴでも良いでしょうが、折角なので別の道で帰りましょう。
すべり台の北側(紙の博物館の反対側)から山を降りていき、JRの線路に架かる歩道橋を渡ると王子駅の南口です。

この歩道橋で見られるのは、JRの高崎線に宇都宮線、湘南新宿ライン、京浜東北線、そして東北・上越新幹線などなど。次から次へと電車がやってきます。運がよければ特急スペーシアやカシオペアにも会えるかも。電車好きのお子さんは、きっとここで動かなくなりますのでご注意を

飛鳥山12

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

さいたま市青少年宇宙科学館 〔埼玉県さいたま市浦和区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

さいたま宇宙01

訪問日
(1回目) 2009年1月25日
(2回目) 2012年9月09日


------------------------
東京からの行き方
 上野駅→(高崎線・宇都宮線で18分)→浦和駅
 東口から国際興業バス「浦51」または「浦51-3」北浦和駅行きで約10分
 「宇宙科学館入口」バス停下車、徒歩3分ほど
 →バス停近くの歩道橋などに科学館の案内看板があります。
------------------------
入館料(2013年2月現在)
 無料(プラネタリウム別料金 高校生まで200円、大人500円)
------------------------

さいたま宇宙02

さいたま市は、宇宙飛行士の若田光一さんの出身地だそうです。
科学館の名誉館長も若田さん(2013年2月現在)。

さいたま宇宙05

入口正面にあるフーコーの振り子。
見ている間に1枚倒さないかなぁ、と期待して見てしまうのですが、意外にこれが倒れないんですよね

1階を先に回ると、子供たちが展示から離れなくなるので、まず2階に行きましょうか。

さいたま宇宙07

こちらは2階の「スペースロード」。
暗い通路に浮き上がるようなパネル展示が雰囲気を盛り上げます。

さいたま宇宙06

さすがに宇宙に関する展示は充実しています。
大人には見ごたえある展示ですが、小さい子にはちょっと難しいですね。
とはいえ、雰囲気だけでも感じてもらいたいものです。

さいたま宇宙08

ほかにも植物や岩石の標本などの展示がいろいろ。
夏休みの自由研究のネタ探しにも良いかもしれませんね。

さいたま宇宙09

さて1階に降りてきました。
子供たちの大好きな「ボールころころ」
みんな楽しそうにボールの行方を追っています。

さいたま宇宙04

こちらは何の前衛芸術かと思いきや、「カラスの巣」だそうです。
こんなにたくさんのハンガー、どこから拾ってきたのやら。
結構、重そうですよね・・・。

さいたま宇宙03

おなじみケプラーモーション。
きれいに8の字を描けると嬉しくなってしまいます。
ちょっと貸して、と子供からボールを取り上げるお父さんたち。うん。私だけじゃないよ

ほかにも、見て、聞いて、触れて遊べる科学遊具がいろいろ。
レストランや売店はありませんが、飲食のできる休憩室がありますので、お弁当を持ち込んで1日ゆっくりすごすのも良いかもしれませんね。

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

大泉交通公園 〔東京都練馬区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

大泉交通公園1

訪問日
(1回目) 2004年11月7日
 ↓ 何回行きましたことやら・・・ 
(???回目) 2012年4月15日
大泉交通公園のHPへ

------------------------
東京からの行き方
 池袋駅→(西武池袋線準急で約15分)→保谷駅
 北口から徒歩10分
------------------------
有料施設なし
------------------------

電気仕掛けのアトラクションなど、どこにもありません。
自転車に足漕ぎゴーカート。
砂場、すべり台、橋や築山、水遊び場。
ね。これだけあれば、子供たちは1日中遊んでいられます。

大泉交通公園6

長男が小さかった頃から、ここには本当にお世話になりました。
思い出がいっぱいの公園です。
そして、次男は今も自転車練習中。現在進行形でお世話になっております。 

自転車とゴーカートは無料で借りられます。
園内で楽しむのがルール。そのまま外に出たりしないでね。 
ゴーカートは小学6年生まで、自転車は中学生までです。 

大泉交通公園5

信号できちんと待っている子供たち。
小さな子が飛び出そうとすると、大きな子がすかさず「だめだよ、赤だよ、とまらなきゃ」なんて声をかけたりして。
ここでは、見知らぬ子ども同士でも、自然に会話が弾みます。

大泉交通公園4

こちらは足漕ぎのゴーカート。
自転車が苦手な子も、これならちょっと練習すればすいすい乗れるようになります。

大泉交通公園3

信号のところなど、係のおねえさんやおじさんが立って誘導してくれます。
交通ルールがまだ覚えられていない小さなお子さんでも安心です。

大泉交通公園2

びゅんびゅ~ん
ちょっと道幅の広いところでは、追い越しをかけようとする子供と、追い越されまいとする子供とで、生意気にもカーチェイスが始まったりします。ま、大きなけんかになるようなことはほとんどありませんから、子供たちに任せておきましょう。意外に折り合いをつけてうまくやっていますよ。

大泉交通公園7

緑も多くて、とっても気持ちの良い公園です。
写真には写っていませんが、じゃぶじゃぶ池や人工の小川もありますので、夏は水遊びの用意もお忘れなく。

園内に売店などはありませんが、門を出て次の角を右に曲がると2~3分でコンビニがあります。
レジャーシートと文庫本など持って、子供を遊ばせつつ親はのんびり読書なんていかがでしょうか。
入園料とアトラクションに何千円も使うより、よっぽど贅沢な休日だと思いませんか
 
目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る