ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

埼玉県こども動物自然公園 〔埼玉県東松山市〕



■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

埼玉県こども動物自然公園6

訪問日
(1回目)2009/11/29 (2回目)2010/11/28 (3回目)2011/05/04
(4回目)2011/11/13 (5回目)2013/03/10 (6回目)2011/11/17
(7回目)2014/06/15 (8回目)2016/01/17 (9回目)2016/08/21
たぶん、もっと何度も行っています・・・。


埼玉県こども動物自然公園への行き方(東京から)
  • 池袋駅→(東武東上線 急行で約50分)→高坂駅
  • 高坂駅西口から「鳩山ニュータウン」方面行きバス5分
  • 「こども自然動物公園」下車すぐ目の前

  • 広い駐車場がありますが、これが満車になると周辺道路が大渋滞になります。
    GWなど、混雑が予想されるときは、満車になる前に到着できるよう、早めにお出かけ下さい。

  • 電車・バスでお出かけの方も、高坂駅からのバスが渋滞に巻き込まれると、普段は5分で着くところ、数十分以上かかる場合があります。駅前でバスが時間どおりに来ないときは、先のほうで渋滞しているのかもしれません。その場合は思い切って動物園まで歩いてしまいましょう

    高坂駅西口からまっすぐ進み、高速道路にかかる橋を越えたら次の信号で右折。動物園まで、歩いて30分ほどです。

入園料(2016年10月現在)
 未就学児無料、小・中学生210円、高校生以上510円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

モルモット君たち。満員御礼。

IMG_1333_R

この動物園の魅力は、何といっても動物との距離が短いところ。
手を伸ばせば届くところに、たくさんの動物たちがいます。

たとえば、↓こちらは人気の「モルモットの橋渡り」。



目の前を走っていくモルモットたちに、子供たちも大喜びです。

次はこれ。どういう場面かわかるかな?

penguin_R

答えは
「エサの取り合いに夢中になったペンギンに、私が足を踏まれたところ」

やれやれ(笑)
足元までペンギンがやってくる、この動物園ならではのハプニング(?)でした。

埼玉県こども動物自然公園4

ほかにも。
この動物園では、檻の中のカンガルーを見るのではなく、
カンガルーの檻の中に、人間が入って見ます。
だから、こんな間近で写真が撮れたりなんかして。

IMG_1000_R

小さなお子さんと一緒のときは、手を離さないようにしましょうね。

マーラさんなんか、完全に放し飼いです。
さすがにさわろうとすると逃げてしまいますけど

埼玉県こども動物自然公園5

そして、広い。とにかく広い。
動物のいるエリアより、いないエリアのほうが広いの。
何も見ないで1周するだけでも、1時間近くかかるんじゃないかな。
さすが「自然公園」を名乗るだけのことはあります。

もちろん、他の動物園でも人気の、定番の動物たちもたくさんいますよ。

埼玉県こども動物自然公園1

シマウマ_R
コアラ_R

でも、トラとかライオンとかホッキョクグマとか、「猛獣」の類いはいませんね。
基本的に、癒しの動物園です。ここは。

フェネックさん。ん~癒される~

埼玉県こども動物自然公園7

ワオキツネザルさん。
お互いに絡み合って何が何だかわからない状態

埼玉県こども動物自然公園3

それでは最後に、冬の癒しのお楽しみ。
「カピバラ温泉」です~。

カピバラ温泉_R



 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■







板橋区立教育科学館 〔東京都板橋区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

訪問日・・・2009年6月28日など
何回行ったか数え切れません・・・(笑)

板橋区立教育科学館の公式HPへ

------------------------
東京からの行き方
 池袋駅→(東武東上線 普通で6駅)→上板橋駅
 上板橋駅北口下車 突き当たり右に曲がって徒歩3分
------------------------
入館料
展示無料
プラネタリウムは有料番組あり 2歳~高校生まで100円、大人300円 
(無料番組もあり)
------------------------
障がい者減免 あり(本人半額・介護者無料)
------------------------

自宅最寄りの科学館です。
あまりに身近すぎて、最近写真を撮っていませんでした(笑)。
こちらは2009年6月28日の写真。現在は改装して様子が変わっています。

IMG_0010_R

サッカーボールを発射すると、その反作用で動く台車とか
風に引き寄せられるピンポン玉をゴールまで導くゲームとか
坂道を上に向かって転がっていくボールとか

「なぜ?」を体感できる楽しい遊具が盛りだくさんです。
毎週日曜日の14時30分には、学芸員さんの手づくり感満載の
サイエンスショーも開催されていて、大勢のこどもたちが
集まってきます。

「べんきょう」を感じさせずに、遊んで学べるところがいいですね。
延べ何十時間ここで遊んだことか。いや、何百時間かな(笑)

小さいお子さんには、プラレールなどのおもちゃもあって安心(^_^)
手軽に遊べて、充実感いっぱいの科学館です。
是非いちど遊びに行ってみてはいかがですか。



「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

国立極地研究所 南極・北極科学館 〔東京都立川市〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

訪問日
(1回目) 2011年8月13日

南極・北極科学館の公式HPへ

------------------------
東京からの行き方
 東京駅・新宿駅→(中央線)→立川駅
 立川駅北口から立川バス「大山団地」方面行きバスで約5分
 「立川学術プラザ」下車徒歩1分
------------------------
入館無料(2011年1月現在)
------------------------

IMG_1840_R

南極・昭和基地。
白い大地、犬ぞり、越冬隊員。
オーロラにペンギンの群れ。

子供の頃、ちょっと憧れたりしませんでしたか?
そんな南極(と、ちょっと北極も)の自然や歴史が学べる科学館です。
本物の「南極の氷」にも実際にさわれるので、ちょっと自慢できるかも。

IMG_1838_R

さすが専門の研究所が運営している科学館だけあって、
極地の生きものや鉱石、南極に落ちた隕石など、展示内容はとても充実しています。

そのなかでも特に力が入っているのが、日本の南極観測隊の歴史と生活。
展示も映像もとても見ごたえがあります。
実際に南極で走っていた雪上車。古いタイプだそうですが、大きくてびっくり!

IMG_1839_R

この科学館、どちらかというと、小学3~4年以上のお子さん向きかな。
でも、低学年のお子さんでも、南極の氷にさわったり、雪上車に乗ったり、
オーロラシアターを観たり、まずまず楽しめるとは思います。

近くには立川防災館、こちらも嬉しい入場無料。
小さいお子さんは、防災館の方が遊べるでしょう。
南極・北極科学館自体は、1時間ほどあればだいたいの展示は見られますので、
防災館とセットで遊びに行くのも良いかもしれませんね。



「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

生命の星・地球博物館 〔神奈川県小田原市〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

訪問日
(1回目) 2012年1月6日

生命の星・地球博物館の公式HPへ

------------------------
東京からの行き方
 新宿駅→(小田急線)→小田原駅
 東京駅・品川駅→(東海道新幹線または東海道線)→小田原駅
 小田原駅で箱根登山鉄道に乗り換えて3駅、「入生田(いりうだ)」下車徒歩3分
------------------------
入館料(2012年1月現在)
 大人510円、学生300円、高校生・65歳以上100円、中学生以下無料
 「箱根フリーパス」提示で割引あり
------------------------
障がい者減免:あり(本人無料)
------------------------


突然ですが。
「しいら」って魚、食べたことありますか?
スーパーで切り身で売っていたりして、照り焼きにすると美味しいんですよね。

でも、「しいら」って、どんな魚だっけ・・・?

・・・

うわっ!!!


IMG_2793_R

しいら。
こんな派手なやつだとは思いませんでした。
切り身からは想像もできませんなぁ・・・。

・・・というわけで、「生命の星・地球博物館」です。
しいら君も展示されています。

しいらかんす、じゃないよ。念のため。

IMG_2792_R

館内は結構広いですから、まずはコインロッカーに荷物を預けて、身軽になってから展示エリアに向かいます。
コインロッカーは、100円が戻ってくるタイプ。結構、助かるんですよね。

入口を入ったあたりは、地球の生い立ちから生命の誕生・進化と、大人の知的好奇心をくすぐる展示がたくさん。
子供たちも、きれいな宝石や、化石がいっぱいの壁などにわくわく。
巨大な岩の標本(本物)の影で、かくれんぼを始めたりして楽しんでいるようです。

IMG_2799_R

その奥は、生き物たちの展示エリア。

「かに~ 大き~い

IMG_2798_R

さっきの「しいら」も、このあたりにいます。
昆虫とか貝とか魚とか。知っている生き物を見つけるたびに、子供たちも大喜びです。

IMG_2795_R

2階は、地元・神奈川県のなりたちエリアです。
大きなゾウの化石も。大昔はこのあたりにもいたのでしょうか?

IMG_2797_R

「箱根旅行のおまけにちょっと立ち寄り」のつもりが、気がつけば3時間もここで過ごし、「閉館です」の声を聞いてしまいました。
いやぁ~、なかなか面白かった。
本来は、さわれる体験遊具の方が好きなうちの長男も、「遊べるものが無い」と言いつつ、結構楽しんでいたようです。

最寄り駅の入生田駅は箱根湯本のお隣です。
箱根にお出かけの際は、ここもプランに入れてみてはいかがでしょうか。



「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

鉄道博物館 〔埼玉県大宮市〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

 訪問日
(1回目) 2008年2月12日
(2回目) 2012年1月29日

鉄道博物館の公式HPへ

------------------------
東京からの行き方
 池袋駅・新宿駅・渋谷駅→(埼京線または湘南新宿ライン)→大宮駅
 上野駅→(高崎線または宇都宮線)→大宮駅
 大宮駅で「ニューシャトル」に乗り換えて1駅、「鉄道博物館」下車すぐ
------------------------
入館料は、少々お高めです・・・
※大人1,000円、子供500円、幼児300円(2012年1月現在)
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者→団体料金)
------------------------


IMG_2871_R

子供たちに大人気の鉄道博物館。
男の子に人気、と思いきや、女の子も大喜びで館内を走り回っています。

初めて行ったのは、開館から間もない2008年2月。
当時はもう大変な混雑で、遊ぶものは長蛇の列、見るものは人垣・・・で
まぁ~子供がすっかり不機嫌になって、昼前には早々に出てきたものでした。

あれから4年。
さすがにあの混雑はなかろう、ということで、2012年1月29日、再び行ってまいりました。

------------------------

往年の名車輌がずらり。いやぁ~ 壮観です。

IMG_2885_R

でもね。

この光景を見て「おぉ~」と声を上げているのはお父さんたちばかり。
子供は、もっぱらこっちです。

IMG_2840_R

ガラスの前に貼りついて離れません。
いや、うちの子だけじゃなくて、離れない子の多いこと多いこと。

ありがたいことに、30分おきぐらいに「解説プログラム」があって、
そのときには「貼りつき禁止」になるので、
はい、もぅおーしまいっ!次に行こうね、と言いやすいのであります。

IMG_2874_R

おおぉ・・・0系新幹線ではないか。

私が子供のころの新幹線といえば、これしか無かったけどね。
まさかこの型の新幹線が消える日が来るなんて、思いもしなかったけどね。
今の子供たちにとって、もうこれは新幹線じゃないんだね。
うちの子もあんまり興味なし。あっさりスルー。あぁ・・・。

さて、こちらは館内レストラン。

「旅のレストラン」でおなじみ、日本食堂です。
食堂車が消えた今では、そうおなじみでもないか・・・。

IMG_2886_R

価格帯は700~800円台が中心。
安い、とまでは言えないけど、この手の施設にしてはリーズナブルなお値段ですね。

で、もっと安く上げたいなぁ、という方へのおすすめはこちら。

IMG_2891_R

リアル埼京線シアター。しかも食卓つき(^∀^)
・・・いや、ただの窓際の休憩スペースなんですけどね。

この場所、ありがたいことに飲食可なんです。

お手製弁当を持ち込むもよし。
大宮駅のニューシャトル乗り場すぐ近くのダイエーあたりで
おにぎりとお惣菜を買い込んで持ってくるのもよし。
ここで電車を見ながらお昼にしましょう。

------------------------
開業直後ほどには混雑しなくなったとはいえ、
人気のアトラクションは、やっぱりそれなりに混みます。

 ------------------------
 2012年1月29日 12時頃の状況
 ・ミニ運転列車 閉館までの整理券配布終了
 ・D51シミュレーター 閉館までの整理券配布終了
 ・京浜東北線シミュレーター 1時間待ち
 ・ミニシャトル 30分待ち
 ------------------------

並ばなくても見て、乗って、楽しめる展示の多い博物館ですから、
あまり人気のアトラクションにこだわらず、子供の足の向くままに
観てまわるのがおすすめです。

小さい子から中学・高校生、大人まで
それぞれの楽しみ方を見つけられる博物館です。
今度の週末にでも、お出かけになってはいかがでしょうか。



「ふぁみとりっぷ」本館に戻る