ふぁみとりっぷANNEX =おさんぽPANDAの家族おでかけレポート=

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

東京タワー水族館 〔東京都港区〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

タワ水5


くれたけインプレミアム浜松町

[PR] くれたけインプレミアム浜松町
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生まで無料のホテルです。東京タワーへのアクセスのほか、近くの日の出桟橋からは水上バスでお台場・浅草へも便利。東京観光の拠点にいかがですか。

訪問日 2015年3月15日

東京タワー水族館のHPへ

東京からの行き方
 東京駅→(山手線・京浜東北線で約6分)→浜松町駅
 駅北口を出て左を見ると東京タワーが見えます。
 タワーを目指して徒歩20分弱
  • 浜松町駅よりも地下鉄の神谷町駅、御成門駅、赤羽橋駅などの方が近いですが、増上寺など横目に見物しながらお散歩していく浜松町駅からのルートがおすすめです。 

入園料(2015年3月現在)
 中学生まで600円、高校生以上1080円

障がい者減免 あり(本人・介護者各400円)

タワ水7

東京に住んでいると、逆になかなか訪れる機会のない東京タワー。
久しぶりに行ってまいりました。
大展望台にもちょっと立ち寄りつつ、今日のお目当ては水族館です

タワ水3

巨大水槽とかトンネル水槽とか。
イマドキの水族館にありがちな豪華な水槽はここにはありません。
キラキラ系の展示といったら・・・

タワ水2

これぐらいかな
東京タワー上空をひらひら

タワ水6

全体的に、地味な色彩の魚が多いですね。
その分、落ち着いて楽しめる雰囲気ではあります。

タワ水1

地味ではありますが、こども受けは決して悪くありません。
コンパクトにまとまった館内で、何か見つけては歓声を上げる子供たちでなかなかの賑わいでした

タワ水4

岩?
怪獣?

と思ったら、カメさんでしたか

タワ水8

最後に鯉の池でエサやりが楽しめます。
すでに食べ飽きていたのか、あんまり寄ってきてくれなくて残念



→ おでかけランキング
→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

大島公園動物園 〔東京都大島町〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

大島公園2

大島温泉 大島温泉ホテル <大島>

[PR] 大島温泉ホテル
伊豆大島のシンボル、三原山の外輪山に建つホテルです。露天風呂から眺める三原山と広大なカルデラはまさに絶景!他の宿に泊まる場合も、立ち寄って日帰り入浴する価値ありです。

訪問日 2015年1月10日

大島公園動物園 のHPへ

入園無料

大島公園動物園への行き方

伊豆大島へは船〔東海汽船〕か飛行機〔新中央航空〕〔全日空〕でどうぞ。
うちでは東海汽船を使いましたが、新中央航空の小型機(19人乗り)で島に渡るのも楽しそうですね

港や空港からは、大島公園行きのバス〔大島バス〕が出ています。

今回は我が家の旅程をご紹介します。
2015年1月9日発の時刻ですので、皆さんお出かけの際は各交通機関の時刻表を確かめてくださいね。
特に、島内はバスの本数が少ないですから
  • 東京(竹芝桟橋)22:00→(東海汽船)→翌朝5:55大島・岡田港

  • 岡田港からは、船に接続する三原山温泉行きのバスで終点の三原山温泉下車(6:20頃着)
    このバスは、大島バスの時刻表には載っていません。
    船が着いてすぐに出発してしまいますので要注意です。
    トイレは船内で済ませ、待合室などでゆっくりしないようにしましょう。

  • 三原山温泉バス停の目の前、大島温泉ホテルの朝食休憩プラン(要予約、1人2,000円)で温泉入浴+朝食+休憩。
    露天風呂からの三原山は超絶景です!

  • 三原山ハイキングへ。
    ルートがいくつもありますから、コースガイド下山のバス時刻をよく確かめて計画してください。

    特に注意すべきは、下山のバスの時刻
    山の東側に下るバス(大島公園行き)は、と~っても本数が少ないんです。
    季節によって変わりますが、私が行った日は三原山温泉発12:07の1日1本だけ・・・

    うちの場合は、大島温泉ホテルからバスで三原山頂口へ行き、
    山頂遊歩道(舗装)→火口一周遊歩道(砂利道)→温泉コース(砂利道)
    と歩きました。
    このルートでは、バスで7分、バスを降りてから3時間弱のハイキングです。
    山頂遊歩道を往復するだけなら1時間半ぐらいです。

  • 三原山頂口バス停のそばにはお馬さんがいます~

    三原山1

  • 山頂遊歩道は急坂もありますが舗装路です。
    一面の溶岩、迫力の火口、海を隔てて伊豆半島、遥かに望む富士山と島々。絶景を楽しみましょう。

    三原山2

  • 三原山頂口または三原山温泉(大島温泉ホテル)から大島公園へバスで約20分。
    終点の大島公園で下車、動物園までは歩いてすぐです。

    繰り返しますが、バスの本数がと~っても少ないので、大島バスのホームページであらかじめしっかり確かめておきましょう。
    三原山から大島公園へのバスが予定に合う時間にないときは、三原山ハイキングと大島公園動物園は別の日に計画するのが無難です。

  • たっぷり楽しんだら、岡田・元町方面にバスで戻ります。
    バスは1~2時間に1本ですから、こちらも遊ぶ前に時刻を確かめておきましょうね

さてさて、行程のご紹介だけで長くなってしまいましたが、ついに行ってまいりました念願の大島公園動物園
東京都立の5つの動物園・水族館のなかでも、ここだけはなかなか行く機会がありませんでした。

大島公園1

画像は動物園のゲートですが、その前にバス停近くにある「椿資料館」の売店に寄っていきましょう。
売店では、動物たちのえさが売られています。
からつき落花生、1袋100円。ひとり2袋ぐらい買っておきましょう。
これがあると楽しみが10倍増です

さて、入ってすぐのところにサル山。
いや、ここではサル山ではなくてサル島というそうですが・・・。

大島公園3

  広い!
  
  大きい!  

  しかも絶景!


・・・なんですか大海原が望めるサル山って


で、サル山のサルっていったら、ニホンザルかアカゲザルが定番ですが、ここでは・・・

大島公園4

  ワオキツネザル!

大島公園5

  バーバリーシープもいるよ~

さて、早速ですが、先ほど買ってきた落花生の袋を出してみましょう。
ワオキツネザルたちが一斉にこちらを注目します
えさの力って偉大だね~

柵の中に投げ込むと、ワオキツネザルにバーバリーシープ、それに野生のカラスやスズメまで加わって落花生の争奪戦が始まります

この先にもえさをあげられる動物がいますので、半分ぐらいとっておきましょうね。
さて、次にまいりましょう。

大島公園6

ゾウガメくんたち。でっかい~

えさはあげられません。念のため

大島公園7

あれあれ?甲羅に名前が書いてあるよ~

大島公園8

クミちゃんは74kg。このなかではちょっと小さめですね。
巨大化するのはオスなんですね

さて、次は・・・

大島公園9

ロバさん。思いっきりクレクレポーズ

ロバさんと、この近くにいるブタさん、ヤギさんは、えさをあげていい動物たち。
彼らもそれをよく知っていますので、えさ袋をとり出すと大興奮になります

超どアップのうえにかなりの鼻息ですので、子供たちはちょっと怖いみたい

かまれないように注意しましょうね。
あと、カラスも上から狙ってますから、こちらもご注意を

大島公園A

ラクダくん。君もクレクレかい
確か、えさをやっていい動物のリストに入っていなかったような気がするんだけど・・・

大島公園C

レッサーパンダ君。右へ左へなんだか忙しそうです。
あんまり動くと写真がとりづらいんですけど・・・
毛づやがいいですね~

大島公園D

さて、最後に、丘の上の大きなフライングケージに行ってみましょう。
フライングケージといえば鳥ですよね。・・・って、あれ?

大島公園B

カピバラくん、ここにいたんですか~
この、のんびりさん加減がたまりませんね~

大島公園E

もちろん、鳥もたくさんいますよ。
クジャクさん。さすがに羽を広げていなくても堂々たるもんです

大島公園F

上野や多摩に比べれば小さな動物園ですが、楽しさ満点。いやぁ~堪能しました
交通がちょいと不便な大島公園動物園ですが、伊豆大島にお出かけの際は是非訪ねてみてくださいませ。



おでかけランキング
→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ


上野動物園 〔東京都台東区〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ


上野動A


訪問日
(1回目) 2007年12月02日 (2回目) 2008年11月22日 (3回目) 2010年03月20日
(4回目) 2012年12月16日 (5回目) 2013年09月14日 (6回目) 2014年05月18日
(7回目) 2014年11月16日 (8回目) 2014年11月16日 (9回目) 2015年01月03日
(10回目) 2015年02月01日 
※とりあえず記録しているもののみ。他にも何度も行っています。

着ぐるみパンダ

[PR (笑)] 着ぐるみパンダ
価格:3,564円(税込、送料別)

上野動物園のHPへ

東京からの行き方
 東京駅→(JR山手線・京浜東北線で約7分)→上野駅
 公園口改札を出て公園内を道なりに徒歩約5分

入園料(2015年1月現在)
 小学生まで無料、中学生200円、大人600円
 ※東京都内在住・在学の中学生は無料 

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)


やってまいりました上野動物園。
上野といえば動物園、動物園といえば上野ですよね
1882年開園の、日本で一番古い動物園です。


上野動B

そして、上野動物園といえばジャイアントパンダ。
入ってすぐ右にいますので、まずは挨拶していきましょう。
こんなふうに前を向いて笹を食べていればラッキー。
だいたい、寝ていたり後ろ向いてたりするんですよね

上野動C


パンダ舎から出て左に行くと、プレーリードッグくんたちがいっぱい

上野動V

すっかり食べるのに夢中です。プレーリードッグらしい警戒のポーズはどこ行った

上野動G

さて、その先にはサル山が見えてきました。
1931年からある歴史あるサル山だとか。さすが上野動物園

その片隅には体重計が。
サルたちの気分任せで、なかなか乗ってくれないのですが、運よく1枚撮れました。
意外に軽いですね

上野動Q

サル山から坂を下っていくと、うちの次男の一番のお気に入り、ホッキョクグマです

上野動D

陸上でごろ~んとしてみたり。

上野動E

水中にドボ~んと飛び込んでみたり。

上野動F

足の裏がリアルに観察できたり
いろんな方向からホッキョクグマの様子が見られます。

うちの場合、だいたいここに来ると30分ぐらいは飽きずに観ていますね

ホッキョクグマの先にはヒグマやツキノワグマ、マレーグマ。
くまさんシリーズが続きます。



クマの遊ぶ様子は、人間の子供たちの遊びと何だか似ていますね。
姿はどちらかというとおやじ似ですが

上野動H

おやじ似といえばゴリラですね
クマたちの反対側の丘の上にいます。こちらも人気です。
近くにはライオンやトラも。あんまりいい写真が取れなかったので省略~

さて、広い園内、すでにお疲れかもしれませんが、西園も見逃すわけには行きません。
サル山の先から、モノレールに乗っていけば子供たちも大喜び。
でも、歩いても5分ほどですから、混んでいるときは諦めも肝心よ

上野動K

西園からは東京スカイツリーも顔を出します。

上野動L

モノレール西園駅のそば、子ども動物園にはヤギ、ヒツジ、ニワトリなど、さわれる動物がいっぱい。
ヤギさんのえさやり時間を狙って行くと、楽しさも倍増です。
東園ゲート前に時間が掲示されていますので、入園時にチェックしておきましょう。

上野動M

近くで見る黒牛は迫力満点です

上野動N

地味な建物ですが、意外に子供たちのツボにはまるのがこちら、小獣館。

上野動O

小獣館にはミーアキャットやアルマジロ、ネズミカンガルー、ハダカデバネズミ、コウモリなど小さな動物たちがいっぱい。
こちらはケープハイラックス。とぼけた感じの人気者です

上野動R

マヌルネコ。普段は比較的おとなしいやつですが、突然スイッチが入って元気になったりします



小獣館から出てくると、シマウマ、キリン、サイなど大型草食動物たちのエリアです。
かばさんのあくび~

上野動P

その先、西園ゲート近くには両生爬虫類館。
ワニ、トカゲ、ヘビ、カメ、カエル、イモリ、ヤモリなどなど、爬虫類・両生類てんこ盛り

苦手な方もいらっしゃるかとは思いますが、見ごたえありますので頑張って観ていきましょう

上野動U

両生爬虫類館の脇を奥へ進んでいくと「アイアイの住む森」。
ちょっと目立たないところにありますので、見落とさないようにしましょう。

 

アイアイは夜行性。暗~い館内、フラッシュは厳禁です。

さらに進むと、ワオキツネザルたちが遊んでいます。
何匹も重なり合ってだんご状態

上野動T

おっと、忘れちゃいけない、こちらも西園の人気者。
レッサーパンダくんです

上野動S

さてさて、夕方になると動物たちは飼育舎に帰って行きます。
皆さんも歩き疲れた頃かとは思いますが、最後にちょっと寄ってみていただきたいところがあります。

東園、ホッキョクグマのお隣、アシカさんです

上野動I

水の下にある観察アーチ。
昼間は外で遊んでいて、アーチのほうに来ることはほとんどありません。
けれども、夕方になるとアーチのほうにやってきて、5回、10回、20回と、元気にくるくる回り始めます。

上野動J

夕方は隣のホッキョクグマがおうちに帰るので、安心してアーチで遊べるのでしょうかね。
見ている私たちの様子も、アシカたちは十分意識しているようです。
ガラス越しにボールとか見せるとアシカの関心を惹けておもしろいですよ

冬、閉園間際になると、園内は街灯も控えめで、かなり暗くなります。
足元に気をつけてお帰りくださいませ



おでかけランキング

→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

井の頭自然文化園 〔東京都武蔵野市〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ


井の頭5


吉祥寺第一ホテル

[PR] 吉祥寺第一ホテル
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生も無料のホテルです。井の頭自然文化園とは駅をはさんで反対側ですが、吉祥寺の町の賑わいを楽しみつつお散歩してみてはいかがですか。

訪問日
(1回目)2006年10月29日 (2回目)2011年10月10日
(3回目)2012年10月20日 (4回目)2014年12月21日
※他にも何回か行っています。

井の頭自然文化園のHPへ

東京からの行き方
 東京駅→(JR中央線快速で約30分)→吉祥寺駅
 南口向かいの狭い道をまっすぐ、歩いて5分ほどで井の頭公園に入ります。
 公園内の池の橋を渡ったところが分園入口です。

入園料(2014年12月現在)
 小学生まで無料、中学生150円、大人400円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

井の頭公園。
駅前の雑踏を抜けると、突然水と緑の空間が広がります。
この意外性は、なかかか他では感じられない心地よさです。

井の頭0

池にかかる橋を渡ると、左がボートのりば、右がこちらの井の頭自然文化園です。
こちらは「分園」。ちょっと離れたところに「本園」がありますが、後ほどご案内しますね。
入園チケットは本園に入るときにも必要ですので、捨てないようにご注意を。

井の頭1

分園は「水生物園」で、公園の池がそのまま展示エリアになっています。
ハクチョウやオシドリ、カモ、アヒルなどの鳥たちも居心地がよさそうです

井の頭3

分園の奥には小さな水族館(水生物館)があって、地元(東京)の水辺の生き物が見られます。

井の頭2

さて、本園に移動しましょう。
水生物館そばのゲートを出て、案内板に従い、林の中の階段を上ります。
本園まではゆっくり歩いて5分ほど。車椅子やベビーカーの方はちょっと遠回りの上り坂になりますが、それでも7~8分程度です。

井の頭4

まずはゾウのはな子さんにごあいさつ。
戦後間もない1949年に来日し、井の頭自然文化園に来たのは1954年。
日本でいちばん長生きのゾウさんです。
来るたびに、展示時間が短くなっているのがちょっと心配。来年も元気でね。

井の頭C

カピバラくん。どこの動物園でも、とぼけた様子は変わりません

井の頭B

アムールヤマネコです。陽だまりでお休みちゅう

井の頭6

こちらのお休み中のキツネくん。くるりと丸くなって、こんがりクロワッサンみたい

井の頭A

ペンギンさんは、寒くても全然平気ですね

井の頭9

2012年の6月に、台風で展示施設が壊れてニホンリスが大量脱走するということがありました
いまでは無事修復され、リスたちも楽しく跳ね回っています。
冬の間は巣の中に隠れていることが多く、あまり見られないのがちょっと残念。

井の頭7

サル山のアカゲザルは、寒かろうと何だろうと元気いっぱいです。
最後の1枚は、サルの大ジャンプ!
なかなか豪快です。ときどき跳んでますので、お見逃しなく

井の頭8



→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ 
おさんぽPANDA on Twitterへ

地図と測量の科学館 〔茨城県つくば市〕


→ 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

地図博6



ダイワロイネットホテルつくば

[PR]
ダイワロイネットホテルつくば
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生まで無料のホテルです。つくば駅から徒歩1分、レストラン街のあるショッピングセンターも隣接していてとっても便利。東京からの方も、1泊してゆっくり筑波観光がおすすめですよ。

訪問日 2014年10月13日
 

東京からの行き方
 秋葉原駅→(つくばエクスプレス線快速で約45分)→つくば駅
 「下妻駅」行き「建築研究所」行きバスで約7分
 「国土地理院」下車すぐ 

サイエンスツアーバスについて
土曜・休日は、つくば駅から地図と測量の科学館サイエンス・スクエアつくば地質標本館エキスポセンターなどを効率的に回れるサイエンスツアーバスの利用がおすすめです。1日乗り放題で大人500円、子供250円です。   

入館無料

地図博0

子供の頃から地図が好きで、国土地理院で仕事がしたいなんて思っていたときもありました
季節は幾度もめぐり、自分の子供をつれて国土地理院の科学館に遊びに来るようになるとは思いもしませんでしたね

というわけでこちらの地図と測量の科学館、国土地理院の中にある学習施設です。

地図博4

玄関を入ると、1階フロアに巨大な日本地図。
この画像だとわかりませんが、3D画像になっています。
入口で赤青メガネを受け取って、地図の上を歩くと、どこが平らでどこが険しいのか良くわかります。

地図博9

地図記号。子供の頃に全部覚えたはずですが、新しい記号が増えたりして、わからないのもちらほら。
上段の左から2つ目とか。そうか、今は図書館にも記号がついているんですね。

中段の左から5つめ。何じゃこりゃ、これも新しい何かか・・・?

と思ったら田んぼの記号でした。こんなにでっかく描かれるとかえってわからない

地図博2

こちらは測量技術の歴史。
ぐにょ~んと曲がった日本の地図とか笑ってしまいますが、当時は至極まじめに作ったものなんでしょうね。
正確な地図が手に入るのも、測量技術の進歩のおかげです。感謝しなければいけませんね。

地図博5

あなたは今日、どこから来ましたか?という地図。
自分の家の場所に、シールが貼れるようになっています。

中央やや右上の、シールが密集しているあたりがつくば市周辺。
東京や千葉からの来場者も多いようですね。

地図博7

屋外にはでっかい地球。
宇宙から日本列島を眺めている気分。

地図博8

三角点とか水準点とかの見本。
種類ごとに標石のデザインや大きさが違うんですね。

入館無料の施設とは思えない、充実の科学館でした。
バスの都合で、1時間しかいられなかったのが残念。また行ってみたいですね~



→ 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ