目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

さいたま宇宙01

訪問日
(1回目) 2009年1月25日
(2回目) 2012年9月09日


------------------------
東京からの行き方
 上野駅→(高崎線・宇都宮線で18分)→浦和駅
 東口から国際興業バス「浦51」または「浦51-3」北浦和駅行きで約10分
 「宇宙科学館入口」バス停下車、徒歩3分ほど
 →バス停近くの歩道橋などに科学館の案内看板があります。
------------------------
入館料(2013年2月現在)
 無料(プラネタリウム別料金 高校生まで200円、大人500円)
------------------------

さいたま宇宙02

さいたま市は、宇宙飛行士の若田光一さんの出身地だそうです。
科学館の名誉館長も若田さん(2013年2月現在)。

さいたま宇宙05

入口正面にあるフーコーの振り子。
見ている間に1枚倒さないかなぁ、と期待して見てしまうのですが、意外にこれが倒れないんですよね

1階を先に回ると、子供たちが展示から離れなくなるので、まず2階に行きましょうか。

さいたま宇宙07

こちらは2階の「スペースロード」。
暗い通路に浮き上がるようなパネル展示が雰囲気を盛り上げます。

さいたま宇宙06

さすがに宇宙に関する展示は充実しています。
大人には見ごたえある展示ですが、小さい子にはちょっと難しいですね。
とはいえ、雰囲気だけでも感じてもらいたいものです。

さいたま宇宙08

ほかにも植物や岩石の標本などの展示がいろいろ。
夏休みの自由研究のネタ探しにも良いかもしれませんね。

さいたま宇宙09

さて1階に降りてきました。
子供たちの大好きな「ボールころころ」
みんな楽しそうにボールの行方を追っています。

さいたま宇宙04

こちらは何の前衛芸術かと思いきや、「カラスの巣」だそうです。
こんなにたくさんのハンガー、どこから拾ってきたのやら。
結構、重そうですよね・・・。

さいたま宇宙03

おなじみケプラーモーション。
きれいに8の字を描けると嬉しくなってしまいます。
ちょっと貸して、と子供からボールを取り上げるお父さんたち。うん。私だけじゃないよ

ほかにも、見て、聞いて、触れて遊べる科学遊具がいろいろ。
レストランや売店はありませんが、飲食のできる休憩室がありますので、お弁当を持ち込んで1日ゆっくりすごすのも良いかもしれませんね。

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る