目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

リスーピア06

訪問日 2012年8月25日など

リスーピアのHPへ
たびノート(楽天トラベル)で調べる

------------------------
東京からの行き方
 新橋駅→(ゆりかもめで約25分)→有明駅
 高架下に見えるバスロータリーの向かい側にある
 「パナソニックセンター東京」ビル内 (徒歩5分ほど)
 または
 新宿駅→(埼京線・りんかい線新木場行きで25分)→国際展示場
 駅を出て左 徒歩2分ほど 
------------------------
入園料(2013年2月現在)
 高校生まで無料、大人500円 ※3階のみ有料。2階は無料
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------
リスーピア02

東京・有明のリスーピア。
科学館あそびの好きなお子さんであれば、100%大喜びでしょう。
お台場に遊びに行くついでに30分ほど、なんて思わないほうがいいです。
間違いなく、「え~~~~~~っ!もっと遊ぶ~~~~」となります。

リスーピア07

2階の「クエストフロア」は入場無料。
平成23年(?)に大改装されて、無料のエリアだけでもたっぷり遊べるようになりました。
右側の情報端末は、一筆書きなど、ちょっと頭をひねって考えるゲームがいろいろ。
すぐに席が埋まって順番待ちの人が並びますので、掲示されている制限時間を守って遊びましょうね。

リスーピア08

窓際には触れて遊べるおもちゃが並んでいます。
どんなのがあるかというと・・・。

リスーピア04

小さな子にはちょっと難しいのもあって、遊んでいるのは専らお父さん、お母さんたちだったりします。
そして、ハマります。ムキになります。
ついつい、子供たちは放ったらかしになります
でも大丈夫。子供たちは他の遊具でいつまででも遊んでいますからね。

リスーピア05

おぉっ。知る人ぞ知る、匹見の木のパズルではありませんかっっ!

私のイチオシはこれ「サイコロ」。
写真は、パズルが解けてサイコロの中の球が取り出せたところ。
へっへーん!と自慢しているつもりなんですが、何がすごいのか写真ではぜんぜんわからないですね
とにかく、行ったらやってみてください。むっずかしいんだから~

[PR] できなくて悔しかった人は、家で続きをやる手もありかと(笑)
サイコロ

サイコロ
価格:5,145円(税込、送料別)


さてさて、先に進みましょう。
こちらも無料エリア内。無料でここまで遊ばせてくれるとは、さすがパナソニックさん

リスーピア01

科学館の定番、ケプラーモーション。
ここのは穴3つで、ちょっとトリッキーな球の動きが楽しめます。
でも、ちょっと発射台が大きすぎて邪魔なんだよね・・・。

リスーピア03

さてさて、2階で満足したかもしれませんが、3階の有料エリアにもまいりましょう。

大変残念なことに、3階は写真撮影禁止。なんで~?
とっても楽しいのに・・・。

というわけで、フロア紹介はリスーピアの公式ホームページにお任せしてしまいます。
ここから先は、リンク先のページと見比べながら読んでいただければと思いますが、中でも人気なのは「ウォーターフライト」、「エネルギーコンバージョンボール」、「素数ホッケー」の3つですね。
この3つは、子供たちが、というより、私の大のお気に入りで、子供たちの列が途切れたときを狙って、いつも熱く遊んでしまいます

はっきり言って、ここの展示、難しいものばかりです。
幼稚園ぐらいの子供が行って、展示物の意図をわかって遊ぶのは、まず無理です。

素数ホッケーなんて、出てくる数字が素数かどうかを一瞬で判断して、素数でないものを打ち返すという、そりゃあ中学に入って素数を習わなきゃ無理だよね、ってなもんです。
大人でも、「359は素数か?」って聞かれても、そんな一瞬ではわからないって

でもね。わかんなくても楽しいんです。
数字をたたくと、999が3と333に割れて。
座標上の点に合わせて放物線を描いたりして。
ボールの弾む方向を予測して障害物を置いたりして。

理科、数学が好きな子を育てる。狙いどおりの展示に乗せられてみるのも楽しいですよ。
お台場に遊びに行くときには、是非足をのばしてみてくださいませ。



目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る