目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

訪問日
(1回目) 2011年8月13日

南極・北極科学館の公式HPへ

------------------------
東京からの行き方
 東京駅・新宿駅→(中央線)→立川駅
 立川駅北口から立川バス「大山団地」方面行きバスで約5分
 「立川学術プラザ」下車徒歩1分
------------------------
入館無料(2011年1月現在)
------------------------

IMG_1840_R

南極・昭和基地。
白い大地、犬ぞり、越冬隊員。
オーロラにペンギンの群れ。

子供の頃、ちょっと憧れたりしませんでしたか?
そんな南極(と、ちょっと北極も)の自然や歴史が学べる科学館です。
本物の「南極の氷」にも実際にさわれるので、ちょっと自慢できるかも。

IMG_1838_R

さすが専門の研究所が運営している科学館だけあって、
極地の生きものや鉱石、南極に落ちた隕石など、展示内容はとても充実しています。

そのなかでも特に力が入っているのが、日本の南極観測隊の歴史と生活。
展示も映像もとても見ごたえがあります。
実際に南極で走っていた雪上車。古いタイプだそうですが、大きくてびっくり!

IMG_1839_R

この科学館、どちらかというと、小学3~4年以上のお子さん向きかな。
でも、低学年のお子さんでも、南極の氷にさわったり、雪上車に乗ったり、
オーロラシアターを観たり、まずまず楽しめるとは思います。

近くには立川防災館、こちらも嬉しい入場無料。
小さいお子さんは、防災館の方が遊べるでしょう。
南極・北極科学館自体は、1時間ほどあればだいたいの展示は見られますので、
防災館とセットで遊びに行くのも良いかもしれませんね。



「ふぁみとりっぷ」本館に戻る