目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

金沢動07

訪問日:2013年9月22日

→ 金沢動物園のHPへ
------------------------
東京からの行き方
 品川駅→(京急線快特で約35分)→金沢文庫駅
 金沢文庫駅西口からバスに乗り換えます。行き方は3種類ありますので状況に応じて選んでください。

 〔1〕西口1番乗り場から「金沢動物園」行きバス(ZOOバス)で10分、終点下車
   このバスは入園ゲートのすぐ近くまで行くので大変便利ですが、
   土曜・休日のみの運行で、土曜・休日も本数はあまり多くありません。

 〔2〕西口1番乗り場から「野村住宅センター」行きバスで10分、「夏山坂上」下車、徒歩7~8分
   夏山坂上で降りてから動物園まで、かなりの急坂(上り)です。
   ベビーカーの方などは無理せず〔1〕か〔3〕がおすすめです。

 〔3〕西口3番乗り場から「洋光台駅」「京急富岡駅」「能見台車庫」「氷取沢高校」行きバスで約5分
   →「市民の森入口」で下車し、公園の中に入って奥へ徒歩2~3分
   →コアラバス(無料シャトルバス)の乗り場があるので、これに乗って約5分
   →終点「にこにこプラザ」下車、徒歩約5分
   乗り換えの手間と時間がかかりますが、〔2〕の急な上り坂が回避できます。
   行楽シーズンなどはコアラバスに乗るための行列が長くなりますのでご注意を。
------------------------
入園料(2014年1月現在) 小中学生200円、高校生300円、大人500円 
------------------------
障がい者減免 あり(すみません、記録をとり忘れました)
------------------------

金沢動01

いきなり長い交通案内ですみませんでした。

金沢駅から動物園行きバスに乗ろうとしたら、ちょうど出たばかりで30分待ち。
それなら散歩がてら市民の森まで歩いてコアラバスに乗るか、と
歩いてみたら意外に遠くて30分
ようやく着いたコアラバス乗り場は長蛇の列
しかたない、動物園まで歩くか・・・と歩き出してみたら結構な上り坂
いやぁ~汗かいた。子供もよく歩いてくれました。
皆様も駅からの交通手段にはご注意を

金沢動03

入園ゲートを入るとおとぎの国。
楽しい人形たちが迎えてくれます。

金沢動02

えーと、ここ動物園だよね
ちょっと自信なくなってきた・・・

金沢動09

あぁよかった動物いた
トンネルを抜けると、まずはサイが出迎えてくれます。

園内はアフリカ区、ユーラシア区、アメリカ区、オセアニア区に分かれています。
まずはアフリカ区から巡りましょうか。

金沢動08

人気のアミメキリン。
いつみても大迫力ですねぇ

金沢動12

オカピ。ご存知、ズーラシアの代表選手ですね。
金沢動物園にもいるとは知りませんでした。

金沢動10

足がシマウマで、胴体は馬だか牛だか鹿だか。
いつ見ても不思議な模様ですね

オカピを過ぎると道が2つに分かれます。右のオセアニア区に行って見ましょう。

金沢動11

カンガルー君たち。ちょっとこちらに警戒の目を向けているようです
それにしてもたくさんいますね。一斉に走ったりしたら迫力あるだろうな・・・。

この先にアメリカ区があるのですが、ここから結構な上り下りです。
いまさらですが、歩きやすい靴で出かけましょうね。

金沢動04

バクです。
ズーラシアでは白黒パンダ柄のマレーバクが人気ですが、ここのは淡色の地味なやつです

金沢動05

バクがゆめをたべるなんて、誰が言い出したんだか。
でもね、悪夢しか食べないんだって。
バクが食べてくれた悪夢は、もう見なくてすむんだって。

そして最後のユーラシア区へ。

金沢動06

子供たちに人気なのが、ゾウのエサやり体験
えさを持って待ち構えていると、ゾウが鼻を伸ばして取りに来てくれるんです。

毎週日曜日の14時から。週に1回のチャンスなので、狙っていきましょうね。
先着100名。この日は定員オーバーで泣いている子が何人もいました。
少し早めに行って並ぶぐらいの方が良いかもしれませんね。

ほかにも日時限定の楽しいイベントがいっぱい。
おでかけ前に、金沢動物園のホームページでチェックしておきましょうね。


行きの歩きで懲りたから、帰りはゲート前から駅までバスで帰るぞ!と
ZOOバスの時刻に合わせて動物園から出てきました。
結構混んでいましたが、なんとか座れてひと安心・・・と窓の外を見たら
なんだか楽しそうな長~いローラーすべり台が。
しまった!遊ばせてから帰るんだった

というわけで、うちでは遊ばずに帰ってきてしまいましたので、
他のご家庭のYouTube動画でご紹介しますね
いいな~楽しそう

 



大きな地図で見る



おでかけランキング
関東地方のおでかけ情報


目次に戻る

「ふぁみとりっぷ」本館に戻る