目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

東武博5

訪問日 ※他にも何回か行きましたが、記録に残っていません
 (1回目) 2012年9月16日
 (2回目) 2014年2月2日
 (3回目) 2014年2月9日

東武博物館のHP

------------------------
東京からの行き方
 上野駅→(東京メトロ銀座線 で約6分)→浅草駅→(東武線で約7分)→東向島駅
 改札出て右すぐ
------------------------
入園料(2012年8月現在)
 4歳~中学生100円、高校生以上200円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者半額)
------------------------

東武博3 

電車が好きな子供たちに人気の東武博物館です。
大宮の鉄道博物館と比べて、入館料がとっても安いので、何度でも気軽に遊びに行けるのがうれしいですね

東武博1

館内には、昔の電車や機関車、バス、ロープウェーなどの乗りものがいっぱい。
もちろん全部、東武の車輌です。

東武博2

この博物館の特別のお楽しみが、これ。
東武博物館は東向島駅のホームのすぐ下にあるのですが、のぞき窓がついていて、目の前を電車が通り過ぎていく様子が見られるのです。
わくわくしながら窓に貼りついている子供たち。電車が通りかかると「きたーっ」と大騒ぎになります。

東武博9

昭和43年まで走っていた日光の路面電車だそうです。
子供たちは遊ばせておいて、しばらくここで座って休憩でもしましょうか。
通勤中みたいで、かえって落ち着かないかな

館内には、他にも座って休める保存車輌がいろいろあります。
写真撮るのは控えましたが、DRC「けごん」の車内とか、寝ているお父さんでいっぱいでした

東武博8

東武鉄道が開業したのが明治32年で、その当初から走っていた蒸気機関車だそうです。
1日に何回か、汽笛を鳴らし、車輪を回す実演ショーがあります。
汽笛はとっても大きな音がするので、びっくりして泣き出す子もいたりしますので、小さいお子さん連れの方はご注意を。

東武博7

こちらは大正13年から走っていた「デハ1型」の車内。
薄暗い車内が歴史を感じさせます。

東武博6

子供たちに意外に人気なのが、これ
確かに、初めて見るのかもしれませんね。
1m先の、もう1台の電話に向かって「もしもし~」
特に、女の子に人気でした。

東武博4

気分は運転士
混んでいる日は、結構並びますので、それなりのご覚悟を。

ちなみに、雪の降った翌日の2014年2月9日はガラガラで遊び放題でした
 
目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る