→ 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

羽咋4

ダイワロイネットホテル金沢

[PR] ダイワロイネットホテル金沢
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。
金沢駅のすぐ目の前、羽咋まではJRの特急で30分ととっても便利。金沢&能登の観光の拠点にいかがですか?

訪問日 2015年9月21日  → コスモアイル羽咋のHPへ

東京からの行き方
  • 東京駅→(北陸新幹線「かがやき」で約2時間30分)→金沢駅

  • 金沢駅からは特急「能登かがり火」「サンダーバード」「花嫁のれん」に乗り換えて30~45分(普通電車なら約60分) で羽咋(はくい)駅下車

  • 羽咋駅東口から徒歩10分
    羽咋駅には西口と東口の2つあって、 東口は小さいほうの出口です。
    西口から出てしまうとぐるっと回ることになりますのでご注意を 

  • 駅から線路沿いに北(金沢駅と反対方向)に2分ほど進むと橋があります。
    橋の上から川の上流を眺めると、大きなドーム状の科学館の建物(下の写真を見てね)が見えます。
    こちらを目標に歩いてまいりましょう

入園料(2015年10月現在)
 未就学児無料、小中学生200円、高校生以上400円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

羽咋2

羽咋市は、地域に伝わるそうはちぼん伝説から始まった、「UFO神話のまち」として知られる町なんだそうです。
言われてみれば、科学館の建物もUFOっぽいですね。

その前にどどーんと聳えるロケットは、アメリカ初の有人宇宙飛行で使われたというマーキュリー・レッドストーン・ロケット。昔話を発端に、アメリカやソ連の本物のロケットを持ってきてしまったというのが、この科学館のすごいところです

羽咋6

館内は宇宙船や宇宙服、宇宙に関する展示がいっぱい。
コスモアイル羽咋はNASAの「特別協力施設」だそうですが、その名に違わぬ迫力です

羽咋1

こちらはソ連のボストーク宇宙船。
レプリカ?・・・いやなんと、本当に宇宙に行ってきた本物の宇宙船なんだそうです。
ここでそんな貴重なものが見られるとは

羽咋5

こちらは月や火星での移動用に開発されたローバーの試作機。
試作機とはいっても、こちらもレプリカではなく、NASA製の「0号機」の本物だとか。

「NASAの特別協力によってジョンソン宇宙センターより羽咋市に恒久貸与されています」とのこと。

羽咋3

UFO神話のまちらしく、UFOの展示もこちらの呼び物ではありますが、まぁ実物は無いので

・・というわけでこちらの科学館、期待を上回る、なかなかの迫力でした。
金沢・能登方面にお出かけの際は是非お立ち寄りくださいませ



→ おでかけランキング
→ 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ