■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

郵政博09

[PR] 
リッチモンドホテルプレミア東京押上
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。
なんとスカイツリータウンまで徒歩1分。スカイツリーの展望台はもちろん、すみだ水族館に郵政博物館、プラネタリウム天空、ソラマチでのショッピングと、1日遊びたおしましょ 


訪問日 2016年6月12日

郵政博物館のHPへ

郵政博物館への行き方(東京から)
  • 新橋駅→(都営浅草線で約17分)→押上駅
  • 押上駅ホーム中ほどの階段を下りて改札を出て、前方右側のスカイツリータウン連絡口へ
  • 大きなエスカレーターには乗らずに、裏側の隠れたところにあるエレベーターで8階に上がります。
  • 8階のフロアに、9階へ行く別のエレベーターがあるので、これに乗りかえて9階に上がると郵政博物館の受付があります。

  • 東京駅八重洲南口高速バスターミナルから、東京スカイツリーへの直行バス(スカイツリーシャトル)もあります。

入園料(2016年11月現在)
 未就学児無料、小学生~高校生150円、大人300円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

郵政博22

東京スカイツリーにやってまいりました。
近くで見ると、さすがに圧倒的な存在感ですね

郵政博11

今日の行き先は、展望台でもソラマチでもすみだ水族館でもなくて、郵政博物館です。

郵政博01

「郵便の父」こと前島密。
子供のころに読んだ学習まんがとかでお馴染みですね

郵政博02

明治の初め、郵便制度が始まったころの郵便箱。
まだ何だか江戸仕様ですね。
はがきを出すだけでも緊張してしまいそうです

郵政博21

もう少し後の時代になると、私たちの知っている昔のポストに近い形になります。
それにしても装飾がレトロですね~

郵政博04

こちらは世界の郵便車。
郵便車というと赤のイメージですが(最近は白いのもよく見ますが)、国によって色は様々なのですね。

郵政博06

昭和の貯金箱というと、丸型ポスト豚さんが定番。
・・・というと若い世代に笑われそうですが

郵政博17

帽子やかばんがいろいろ。
ゆうびんやさん・・・昔はそう呼んでいましたよね。今の子供たちはあまり言わないような気がします。それなら何て呼ぶのかというとパッと思い浮かびませんが

子供時代を田舎で過ごした私にとって、制服に身を包んだゆうびんやさんは当時、何か特別な存在だったような気がします

郵政博19

仕訳箱。
どういう訳か、このお仕事をやってみたくて仕方ない時期があったな~

高校生の頃だったか、年賀状の学生バイトに応募して、男子は外勤しか募集してません、って言われてがっかりした記憶が

郵政博08

2007年の郵政民営化まで活躍した簡保のマスコット、カンちゃん
Wikipediaによると、男の子も女の子もカンちゃんなんだって。
それよりカンちゃんってカンガルーだったんだ。知らなかった

郵政博16

なんだか様々ノスタルジーを呼び覚まされた郵政博物館でした。
子供ウケは・・・郵便配達のバイクに跨ってみたり、それなりに楽しかったみたいですよ。
でも正直、より楽しんだのは、子供よりオヤジの私だったような気がします。

たまにはそんなお出かけもいいじゃないですか、ね




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■