■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■


鴨シー7

[PR] 鴨川シーワールドホテル
鴨川シーワールドに併設のホテルです。「夜の水族館探検」(実施日はリンク先で確認してね)は、このホテルに泊まらなければ参加できないお楽しみ。人気のイルカタッチも、宿泊者なら事前予約が可能です。
宿泊者はIN/OUT両日とも鴨川シーワールドに入れますから、入場券代を考えると意外に安いかも。折角のお出かけ、楽しみいっぱいの鴨川シーワールドホテルにしてみてはいかがですか


訪問日
(1回目)2013年5月4日 (2回目)2016年10月23日

鴨川シーワールドのHPへ

鴨川シーワールドへの行き方(東京から)
  • 東京駅八重洲南口(京成バス2番のりば)→(高速バス「アクシー号」で約2時間15分)→鴨川シーワールド
  • 東京駅の京成バス2番のりばは、八重洲南口を出たところのJRの高速バスのりばではなく、駅前広場をはさんで東京駅の向かい側にあります。

  • 電車の場合は、JR外房線の安房鴨川駅西口から無料送迎バスで約10分です。

入園料(2017年2月現在)
 3歳まで無料、中学生まで1400円、高校生・大学生2200円、大人2800円

障がい者減免 あり(本人中学生まで750円・本人高校生以上1500円、介護者2100円)

鴨シー1

ご訪問ありがとうございます。

今回のレポートは鴨川シーワールドです。

同じ千葉県の東端にある某テーマパークほどではありませんが、ちょっとばかし入園料がお高めでして、「安く楽しく」がモットーのふぁみとりっぷで紹介しようか迷ったのですが、楽しいのは間違いないですので紹介させていただくことにしました

鴨シーJ

鴨川シーワールドといえば、なんといってもイルカとシャチの豪快なショーですよね

鴨シーL

3頭一斉にジャンプ!
ぴったり息もあっていますね

鴨シーB

こちらはシャチのプール。
なぜ、みんなカッパ姿なのかというと。

↓こういうことです

鴨シーC

ばっしゃーん!の1秒前。
カメラは、辛うじて無事でした

鴨シーD

トレーナーさん、シャチと一緒に大ジャンプ
かっこいいね~

トレーナーさんに憧れる方の気持ちがとってもよくわかる瞬間でした


鴨シーE

シャチのお隣はアシカさんのステージです
こちらも是非観てまいりましょう

鴨シーF

笑うアシカさん、っていうことなんですけど。
ちょっと表情が硬いですね~

鴨シー2

こちらはベルーガ(シロイルカ)のパフォーマンスショーです。

屋外アリーナのイルカやシャチのショーとは違って、水の中でゆらゆら癒しのステージ
このあたりで子供たちの大興奮をちょっと冷ますのも良いかもしれませんね

鴨シー4

「トロピカルアイランド」エリアにやってまいりました。
ゆらゆらと熱帯魚たちが泳ぎ回ります。


鴨シー5

カクレクマノミさんいっぱい。
まるで満員電車のようですな

鴨シー6

ゆらゆらチンアナゴさん。
こういう生き方にも憧れてしまいますね。え?そんなことない?

鴨シー9

こちらは「ポーラーアドベンチャー」エリア。
熱帯から、寒い極地の海に一気に移動してまいりました

鴨シー3

かにさん観衆に向かってなにやら猛アピールちゅう

混んでいる時期か、空いている時期かによっても違いますが、だいたい30分刻みでイルカ → シャチ → アシカ → ベルーガ → イルカに戻る感じでショーのスケジュールが組まれています。
4つのショーを見て回るだけでも最低2時間。空き時間にちょっと立ち寄るだけでは勿体ないですから、半日はここで時間を過ごすつもりで、余裕をもってお出かけくださいませ




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■