■目次&地図■ 

■ふぁみとりっぷ本館へ■



生物園015

訪問日 2017年7月17日

足立区生物園のHPへ

足立区生物園への行き方(東京から)
  • 東京駅→(東京上野ライン常磐線で約20分)→北千住駅→(東武スカイツリーライン普通電車で約10分)→竹ノ塚駅
  • 竹ノ塚駅東口正面の道を真っすぐ徒歩約20分、左側の「元渕江公園」の中

入園料(2017年7月現在)
 未就学児無料、小中学生150円、大人300円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

生物園003

足立区生物園に行ってまいりました。

東京都内とはいえ、私の住む西側(練馬区)からは何度も乗り換えなければ行けないので、これまでなかなか足が向かなかったのですが、思いがけず(ごめんなさい)見ごたえのある園で、これならもっと早くに行っておけばよかった~と思った次第です

生物園007

館内に入ると、ステンドグラスの蝶がお出迎え。

生物園008

正面には金魚の大水槽。涼やかですね~
暑いなか、ふぅふぅ言いながら駅から歩いてきましたので、汗がおさまるまでここで小休止です

生物園238

のんびり、ゆらゆら、ニシキアナゴさん。


カメラの気配を感じるのか、砂のなかにすぐ引っ込んでしまうので、美しい縞模様を撮るのに少し苦労しました。
大丈夫だから出ておいで~

生物園069

「高原の世界」コーナーのチンチラさん。
丸っこく愛らしく、ぴょんぴょん跳ねる姿が大人気です。

生物園098

クーラーの効いた展示室を出て、次は、大温室に行ってみましょう。
うぅ・・・やっぱりこっちは暑い

生物園084

でっかいアロワナさんがゆらゆらと泳いでいます。
同じ水槽には、世界最大の淡水魚として有名なピラルクさんもいます

生物園110

大温室の中には蝶がいっぱい
しばし暑さを忘れて見とれてしまいます

生物園175

温室を抜け、2階のデッキに出ると、そこはバタフライガーデン。
さっきは飼育されている蝶でしたが、こちらは自然の蝶を呼ぶ庭なのですね。

この日は蝶の姿は見られませんでした。残念

生物園159

見下ろすと動物たちのゾーンです。
カメさんがお食事中のようですね。
行ってみましょう。

生物園222

もぐ、もぐ、もぐ、もぐ。
ひたすら野菜を食べまくります。

いいな~ボクにもちょうだい、って、お馬さんが覗いています

生物園186

お隣にはヤギの子供。
エサを持っている人を一瞬で見分けて、クレクレ全開です

生物園191

先へ進むとオーストラリアドーム。
カンガルーさんたちがのんびり過ごしています。

ここでもエサをやることができます。
上からおいしいものが降ってくるので、デッキの下で待ち構えていますね

生物園233

ドームから外に出ると、思いがけず深山の趣です

生物園204

一番奥にあるのが昆虫ドーム。
ただの植え込みに見えますが、中をよく見ると虫たちの楽園になっています

生物園266

おぉ立派なカブトムシですね
通路に出てきてうろうろしているやつもいますので、踏まないように気を付けましょう


以上で園内ひとまわりですが、楽しくてついつい3周ぐらいしてしまいましたよ
それほど大きな施設ではありませんが、馬やカンガルーなどの大きな動物から小さなお魚や昆虫まで、充実した展示で見ごたえがありました。

子供だけでなく、大人にも楽しめる生物園。皆さまも是非いちどお出かけくださいませ






 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします


■目次&地図■

■ふぁみとりっぷ本館へ■