■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

かみねD

[PR] 東横イン日立駅前
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。シビックセンター科学館へは歩いて1分、かみね動物園へのバスのりばも目の前です。動物園+科学館+お泊まり、お子さんも喜びますよ。日帰りはちょっともったいないな~と思ったらご利用を


訪問日 2016年8月15日


日立市かみね動物園への行き方(東京から)
  • 上野駅→(特急「ひたち」号で約1時間30分)→日立駅
  • 日立駅中央口(2番乗り場)からバスで約10分、「神峰公園口(かみねこうえんぐち)」下車
    2番乗り場のバスは神峰公園口方面に行くはずですが、念のため運転士さんに確認してください。1番乗り場の「東河内」行きも神峰公園口を通ります。
  • 神峰公園口バス停からは、神社の石段左側の上り坂を進んでください。動物園ゲートまで歩いて3~4分ほどです。

入園料(2016年9月現在)
 3歳まで無料、4歳~中学生100円、大人510円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

かみね0

こちら日立市のかみね動物園です。
お盆休みの時期ということもあるのでしょうか、かなりの人出です。

さて、順路に沿って観てまいりましょう

かみね1

入園してすぐのところにいるのがアジアゾウさん。
おおきいねぇ~と、あちこちで声があがります。

かみね2

ゾウの先には一転、ウサギ、プレーリードッグ、カワウソといった小動物のエリアになります。
こちらはコツメカワウソさん。
ちょこまか走り回って、子供たちに大人気です

かみね3

カワウソの隣には、のんびりカピバラさん。
このゆるさは全国共通。
鉄板の安心感ですね

かみね6

アカカンガルーさん。
あ゛~暑い~、って感じのだらけぶり。
毎度のことながら、おやじ感全開です

かみね7

ワライカワセミさん。
「わらいかわせみに話すなよ」って歌がありましたよね。
ケララケラケラケケラケラ...って笑い声が聞きたかったところですが、今日は寝ているようで残念でした

かみね8

チンパンジーさん。
にらめっこしましょ、ってとこでしょうか。
「観客はあたしだよ、あんたが動物」って主張しているような

かみねB

カバさん。
このあとすぐに水の中に潜ってしまいました。
背中だけでも見えてよかった

かみねC

クロサイさん。
トリケラトプスを想わせるこの重厚な存在感はさすがです

P8151438

こちらはレッサーパンダさんの運動場ですが、今日はレッサーパンダさんはお家のなかです。
楽しみにしてきたのですが、暑さにあまり強くない動物だそうですから、この猛暑では仕方ないですね。

P8151437

室内でやっとこ撮った写真。ん~やっぱり反射がつらい

かみねE

ライオンさん。
起きて~と子どもたちが呼びかけますが知らん顔。
どこの動物園に行っても、寝てるのは変わりませんな

P8151449

順路の最後は「クマのすみか」。
こちらはヒグマさん。さすが堂々たる風格ですな


かみね動物園は、順路どおりに進めば全ての動物が見られるように工夫されています。
山の斜面にある動物園なので、登って降りて、しまったあれ見逃した、ってまた登らなくていいのは助かりますね

楽しかった~



 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■