目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

浮球の池5_R

訪問日
(1回目) 2010年8月22日

------------------------
東京からの行き方
 日暮里駅→(日暮里・舎人ライナーで16分)→舎人公園駅
 駅から公園内を散歩して10分ほど
------------------------
入場無料(夏休み期間のみ営業)
------------------------
〔注意〕小学3年生以下のこどもたち専用の遊び場です。
------------------------
 
浮球の池1_R

普段は静かな舎人公園ですが、夏の間、この一角だけは子供たちの歓声が何層にも重なって響いています。
浮球の池。「うきゅうのいけ」と読むんだって。

一言で表現すれば、超ハイパーじゃぶじゃぶ池、とでも言いましょうか。

浮球の池6_R

築山の上から、豪快にすべり下ります。

浮球の池7_R

お昼過ぎの一番暑い時間帯は、炎天下に並ぶのを覚悟。
何度も滑るなら、早めの時間がいいですよ。

浮球の池3_R

これは ・・・ 何のオブジェでしょう ・・・ めがね? ヘビ?

浮球の池4_R

正直、親も水に入っていないと、暑くてやってられません。
若干の木かげはありますが、そこに入って休むには早い者勝ち。
昼過ぎからのこのこやってきたのでは、休む場所取りに苦労するかも。

浮球の池2_R

夕方は4時で終了。ええっ、もう?って感じですが。
暑いなか、子供たちを誘導してくれた職員さん(ボランティアさん?)に感謝です。

1度滑って帰る、というのはお子さんも納得しないでしょう。
ちょっと遊ばせるつもりが、あっという間に2~3時間が経ってしまいます。
お父さん、お母さんは、くれぐれも暑さ対策を万全に。

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る