ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

児童館

こども未来館ここにこ 〔愛知県豊橋市〕


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

ここにこ5

[PR] ファミリーロッジ旅籠屋・浜名湖店
日本中あちこちに増えている旅籠屋さん。安くてシンプルで気兼ねなく泊まれるので、わが家のお気に入り、家族旅行におすすめのミニホテルです。
豊橋から3駅、のんほいパーク浜名湖ガーデンパークの中間にあって、どちらにも行きやすい便利な場所です。週末1泊2日の小旅行にも、東海道を西へ東への大旅行にも、是非使ってみてくださいませ


訪問日 2010年7月27日


こども未来館ここにこへの行き方(名古屋から)
  • 名古屋駅(JR/名鉄)→(JR東海道線または名鉄線で約50分)→豊橋駅
  • 東口を出て、駅前の大通りを左へまっすぐ歩いて7~8分の右側

入園料(2017年1月現在)
 未就学児無料、小学生~高校生100円、大人200円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

今回ご紹介するのは、豊橋の「こども未来館ここにこ」です。

ここにこ6

最後に行ったのは2010年で、当時と今とでは違うところもあるかと思いますが、とても楽しかった思い出を「ふぁみとりっぷANNEX」に残さないわけにはまいりません

こども未来館ここにこのWebサイトを見る限りでは、大きく変わってはいないように見えますので、古いレポートですみませんがご紹介します

ここにこ7

豊橋市内には今も路面電車が活躍していますが、館内には引退した古い電車がまるごと1両展示されています。

ここにこ3

電車の運転席にはシミュレーターが

ここにこ4

車窓には豊橋市内の様子が映し出されています。
私は地元の人間ではないので、本物の市内が再現されているのかどうかよくわかりませんが、本当に運転している気分。子供たちも大喜びです。

ここにこ5

テーマごとに知育教材が自由に使えるコーナー。
家ではなかなか揃えられない道具や、スタッフの方々の手づくりと思われる玩具もたくさんあって、みんなとても楽しそうです。

ここにこ1

1階から2階へと続く、でっかいアスレチック遊具。
チャレンジスピリットに火がつきます


ここにこ2

こちらは屋外のアスレチック遊具。
思いっきり遊べて、子供も堪能したようです

東京の「こどもの城」が2015年に閉館されたとき、その理由の1つとして「地方自治体で児童館や地域子育て支援拠点の整備等が進み、地域における子どもの生活環境の整備が進行していること」が挙げられていました。

でも、実感としてはどうでしょうかね。子供が気軽に休日に遊びに行ける場所があるというエリアはそう多くないように思います。豊橋市と似た人口30~40万人クラスの都市を見回してもこうした児童館の整備状況はまちまちですし、それより小さいところは言うに及ばす、かといって大都市だからあるという訳でもなく。

このような、思いっきり遊べて、知的欲求も満たせる児童館のある街に暮らす子供は幸せですね。



 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

ギャラクシティこども未来創造館 (東京都足立区)

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

ギャラ2

訪問日
(1回目) 2014年2月2日
(2回目) 2014年2月9日


------------------------
東京からの行き方
 東京駅→(山手線 で8分)→上野駅→(常磐線快速で10分)→北千住→(東武線急行で5分)→西新井 
 東口から左手の歩道へ進み、道なりに徒歩5分
 ※西新井駅には急行・準急等は停まりますが、快速・区間快速は停まらないのでご注意ください。 
------------------------
入場無料(2014年3月現在)
※プラネタリウムは有料です。 
------------------------

ギャラ7

気になりつつも、なかなか足が向かなかったギャラクシティ。
私は西武線の沿線に住んでいるのですが、東武伊勢崎線は何回か乗り換えないと行けないので、ちょっと行きづらいんですよね。
しかし、ギャラクシティのホームページの画像を見て、これは行かねばと重い腰を上げていってまいりました。

ギャラ1

これが、お目当ての超大型「スペースあすれちっく」。
1階から地下2階までの吹き抜けスペースが、まるごとネットジムなんです

アスレチック内はカメラの持ち込みは禁止で、外から全体を見渡せる写真も撮れず、スケールの大きさが画像からお伝えできないのがとっても残念・・・

ギャラ3

横からのぞいた様子がこちら。
とにかくキラキラ。入れ替えの時間に撮ったので人が写っていませんが、もう子供たちが大はしゃぎです。

大人はというと、上下の移動がきつい(画像の右に写っている筒型のネットを伝って上り下りするのですが、これが子供サイズで狭いんだ・・・)ので、入ったあたりのネットで寝転がって、子供たちを自由に遊ばせておくのが定番のようです。
大人の体重で、素足でネット上を歩くと足の裏が結構痛いしね・・・

しかし、子供たちは寝ている大人のことなど気にせずに跳ね回りますので、衝突にご注意を

最初に行った2月2日(日曜日)は大賑わいで、「スペースあすれちっく」は入場制限、なんと90分待ち。どこぞの有名テーマーパーク並みですね。その日はあきらめて帰りました。

翌週2月9日、東京は20年ぶりの大雪
よし、今日はすいているに違いない!と思って再度行ってみたら大当たり。
がらがらの状態で自由に遊べました

普通に休日に遊びに行くなら、並ぶ覚悟をしておいたほうがよいでしょう。
小学生だけが入れる時間と、小さい子も親と一緒に入れる時間が分けられていますので、施設のホームページで事前に時間区分をチェックしてからお出かけくださいね。
安全のため、スカートや、パーカー、ボタンがたくさんついている服、ヒモやチェーンなどが出ている服は禁止です。服装にもご注意を

ギャラ6

ここで遊べるのは、「スペースあすれちっく」だけではありません。
こちらは「デジタルきゃんばす」。体の動きで壁にキラキラ絵を描いたり、画面の上から落ちてくる文字をたたいて集めたり。小さな子も大きな子も、思い思いに遊んでいます。

ギャラ5

ほかにも、係員の指導でクライミング体験ができる「がんばるウォール」や「クライミングぱーく」、部屋中に自由にらくがきができる「ホワイトあとりえ」などなど、楽しく体験できるコーナーが盛りだくさんです。ただ、繰り返しになりますが、休日は混雑しますので、何か狙いを定めて訪問したほうがよいかもしれません。

新感覚たくさんの施設。次世代の児童館の形を示しているのかもしれませんね。
正直、この周りに住んでいるこどもたちがうらやましいです。毎日遊んでも飽きないでしょうからね


目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る