ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

すべり台

金沢動物園 〔神奈川県横浜市金沢区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

金沢動07

訪問日:2013年9月22日

→ 金沢動物園のHPへ
------------------------
東京からの行き方
 品川駅→(京急線快特で約35分)→金沢文庫駅
 金沢文庫駅西口からバスに乗り換えます。行き方は3種類ありますので状況に応じて選んでください。

 〔1〕西口1番乗り場から「金沢動物園」行きバス(ZOOバス)で10分、終点下車
   このバスは入園ゲートのすぐ近くまで行くので大変便利ですが、
   土曜・休日のみの運行で、土曜・休日も本数はあまり多くありません。

 〔2〕西口1番乗り場から「野村住宅センター」行きバスで10分、「夏山坂上」下車、徒歩7~8分
   夏山坂上で降りてから動物園まで、かなりの急坂(上り)です。
   ベビーカーの方などは無理せず〔1〕か〔3〕がおすすめです。

 〔3〕西口3番乗り場から「洋光台駅」「京急富岡駅」「能見台車庫」「氷取沢高校」行きバスで約5分
   →「市民の森入口」で下車し、公園の中に入って奥へ徒歩2~3分
   →コアラバス(無料シャトルバス)の乗り場があるので、これに乗って約5分
   →終点「にこにこプラザ」下車、徒歩約5分
   乗り換えの手間と時間がかかりますが、〔2〕の急な上り坂が回避できます。
   行楽シーズンなどはコアラバスに乗るための行列が長くなりますのでご注意を。
------------------------
入園料(2014年1月現在) 小中学生200円、高校生300円、大人500円 
------------------------
障がい者減免 あり(すみません、記録をとり忘れました)
------------------------

金沢動01

いきなり長い交通案内ですみませんでした。

金沢駅から動物園行きバスに乗ろうとしたら、ちょうど出たばかりで30分待ち。
それなら散歩がてら市民の森まで歩いてコアラバスに乗るか、と
歩いてみたら意外に遠くて30分
ようやく着いたコアラバス乗り場は長蛇の列
しかたない、動物園まで歩くか・・・と歩き出してみたら結構な上り坂
いやぁ~汗かいた。子供もよく歩いてくれました。
皆様も駅からの交通手段にはご注意を

金沢動03

入園ゲートを入るとおとぎの国。
楽しい人形たちが迎えてくれます。

金沢動02

えーと、ここ動物園だよね
ちょっと自信なくなってきた・・・

金沢動09

あぁよかった動物いた
トンネルを抜けると、まずはサイが出迎えてくれます。

園内はアフリカ区、ユーラシア区、アメリカ区、オセアニア区に分かれています。
まずはアフリカ区から巡りましょうか。

金沢動08

人気のアミメキリン。
いつみても大迫力ですねぇ

金沢動12

オカピ。ご存知、ズーラシアの代表選手ですね。
金沢動物園にもいるとは知りませんでした。

金沢動10

足がシマウマで、胴体は馬だか牛だか鹿だか。
いつ見ても不思議な模様ですね

オカピを過ぎると道が2つに分かれます。右のオセアニア区に行って見ましょう。

金沢動11

カンガルー君たち。ちょっとこちらに警戒の目を向けているようです
それにしてもたくさんいますね。一斉に走ったりしたら迫力あるだろうな・・・。

この先にアメリカ区があるのですが、ここから結構な上り下りです。
いまさらですが、歩きやすい靴で出かけましょうね。

金沢動04

バクです。
ズーラシアでは白黒パンダ柄のマレーバクが人気ですが、ここのは淡色の地味なやつです

金沢動05

バクがゆめをたべるなんて、誰が言い出したんだか。
でもね、悪夢しか食べないんだって。
バクが食べてくれた悪夢は、もう見なくてすむんだって。

そして最後のユーラシア区へ。

金沢動06

子供たちに人気なのが、ゾウのエサやり体験
えさを持って待ち構えていると、ゾウが鼻を伸ばして取りに来てくれるんです。

毎週日曜日の14時から。週に1回のチャンスなので、狙っていきましょうね。
先着100名。この日は定員オーバーで泣いている子が何人もいました。
少し早めに行って並ぶぐらいの方が良いかもしれませんね。

ほかにも日時限定の楽しいイベントがいっぱい。
おでかけ前に、金沢動物園のホームページでチェックしておきましょうね。


行きの歩きで懲りたから、帰りはゲート前から駅までバスで帰るぞ!と
ZOOバスの時刻に合わせて動物園から出てきました。
結構混んでいましたが、なんとか座れてひと安心・・・と窓の外を見たら
なんだか楽しそうな長~いローラーすべり台が。
しまった!遊ばせてから帰るんだった

というわけで、うちでは遊ばずに帰ってきてしまいましたので、
他のご家庭のYouTube動画でご紹介しますね
いいな~楽しそう

 



大きな地図で見る



おでかけランキング
関東地方のおでかけ情報


目次に戻る

「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

飛鳥山公園 〔東京都北区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

訪問日 2012年9月9日など
たびノート(楽天トラベル)も見る

飛鳥山1

------------------------
東京からの行き方
 東京駅→(京浜東北線 快速で約15分、各駅停車で約20分)→王子駅
 中央口を出て左すぐ
------------------------
入園無料
(紙の博物館は有料 大人300円、高校生まで100円、未就学児無料)
------------------------

飛鳥山2

江戸の昔から行楽地として親しまれた飛鳥山。
標高わずか25.4mですが、堂々と「山」を名乗っています。

飛鳥山3

しかもこの山、登山ケーブルカーまである
え?ケーブルカーじゃない?
じゃあ、エレベーター? モノレール? ロープウェー?
謎の乗り物「アスカルゴ」は、JR王子駅の中央口を出て左に乗り場があります。
乗車無料、山頂まで2分。景色は・・・まぁそこそこかな

折角ですから、話の種に是非乗っていきましょう。
ただし、混んでいるときは諦めも肝心。歩いて登っても頂上まで3分です。
夕方は16時で終了。乗り逃してお子さんが泣かないようにご注意を。

山頂から奥に進んでいくと、子供たちの歓声が聞こえてきます。

飛鳥山5

まずは都電旧6000系。
子供たちが楽しそうに出たり入ったりしています。

飛鳥山6

中はこのとおり。
日差しが強い季節などは、外で子供が遊んでいる様子を伺いつつ、座って休めるのがありがたいですね。
ま、入れ替わり立ちかわりドタバタと子供たちが走り回るので、のんびりくつろげる感じではありませんが

飛鳥山4

こちらはSL。D51形ですね。
親子連れが次々に、興味津々で運転席を覗き込んでいます。

飛鳥山7

そしてこれ!
ワクワクいっぱい、すべり台のお城なのだ~

飛鳥山8

小さな子も大きな子も、上へ下へと走り回っています。
登るのも降りるのも、ちょっとした冒険ですね。

さてさて、遊ぶだけじゃなくて、ちょっと勉強もしましょうか。

飛鳥山9

こちらは紙の博物館
一歩入ると、外の喧騒が嘘のように静かな空間です。

飛鳥山11

紙の歴史や製造技術、世界の紙の文化など、紙にまつわる学びがいっぱい。
小さい子にはちょっと難しいかな…。
紙すき教室などもやっていますので、親子で挑戦してみてはいかがでしょうか。

お隣には、北区の歴史や地理、自然が学べる飛鳥山博物館や、明治~昭和期の実業家として知られる渋沢栄一の生涯が学べる渋沢史料館もありますので、全部見て回れば、公園での遊び時間も合わせて優に1日コース。時間が限られているときは、あらかじめ何を見るか、何で遊ぶか計画してからお出かけしましょう。

さて、帰りもアスカルゴでも良いでしょうが、折角なので別の道で帰りましょう。
すべり台の北側(紙の博物館の反対側)から山を降りていき、JRの線路に架かる歩道橋を渡ると王子駅の南口です。

この歩道橋で見られるのは、JRの高崎線に宇都宮線、湘南新宿ライン、京浜東北線、そして東北・上越新幹線などなど。次から次へと電車がやってきます。運がよければ特急スペーシアやカシオペアにも会えるかも。電車好きのお子さんは、きっとここで動かなくなりますのでご注意を

飛鳥山12

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

西ノ原中央公園 〔埼玉県ふじみ野市〕



■目次&地図へ■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■


西ノ原02

訪問日
(1回目) 2012年9月9日
(2回目) 2012年12月9日
 ※それ以外に前も何度か行っていますが記録に残っていません 

西ノ原中央公園への行き方(東京から)
  • 池袋駅→(東武東上線急行で5駅、約25分)→ふじみ野駅
  • 駅から歩いて10分ほどです。
    ふじみ野駅西口から正面の道を進み、2つめの信号(350m先)を左に曲がり、次の信号(350m先)で横断歩道を渡ってから右折、すぐ先です。

入園無料(普通の公園ですから

西ノ原01

表通りからは、住宅街によくある、ちょっと広めの普通の公園に見えるのですが、奥へ進んでいくと・・・

西ノ原08

こども心をくすぐる冒険タワーに・・・

西ノ原03

茂みの中をくぐって進むローラーすべり台。

西ノ原06

写真ではちょっとわかりづらいですが、段々畑のような広い砂場。

西ノ原11

思いがけず、どこかの森林公園に遊びにきたかのような雰囲気です。

西ノ原12

そして、ここの特長はすべり台の数。
数えたけれど忘れてしまった。大小合わせて20近くあるんじゃないかな・・・。

西ノ原10

すべり台の脇にも、ちょっとした冒険スペースが。

西ノ原05

公園中央の丘の上からの眺め。
折角ですから、親も童心に帰って遊んでいきましょうかね。

西ノ原07

団地の中の公園とは思えない、遊具も緑も盛りだくさんの遊び場です。

すぐ近く(徒歩5分)には、日帰り温泉の「真名井の湯」もありますよ。
汗と砂を流して帰ってはいかがでしょうか。さっぱりしますよ~。
地図はこちらです。

 



 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■