ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

工場見学・産業遺産

薬種商の館 金岡邸 〔富山県富山市〕


→ 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

金岡2

コンフォートホテル富山駅前

[PR]コンフォートホテル富山駅前
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生まで無料のホテルです。
安心の駅前ホテル。富山市内はもちろん、黒部峡谷やアルペンルートへもとっても便利です。
金沢へも新幹線で約20分。北陸観光の拠点にいかがですか。

訪問日 2015年9月23日


東京からの行き方
  • 東京駅→(北陸新幹線「かがやき」で約2時間15分)→富山駅
  • 富山地方鉄道に乗り換え 電鉄富山駅→(本線の普通電車で3駅7分)→東新庄駅下車
  • 東新庄駅から徒歩約7分(駅舎を出て正面の道をまっすぐ2分、突き当りを右へ3分、また突き当たりを左へ2分で到着)

入園料(2015年9月現在)
 高校生まで無料、大人200円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

この日は夕方の北陸新幹線「かがやき」を予約してありまして、それまであと4時間ちょっと。
郷土博物館とか富山市ガラス美術館とかちょっと迷いましたが、やっぱり「富山ならでは」というところに行こう、ということでこちらに行ってまいりました。

金岡1

薬種商。
やくしゅしょう、と読むんだそうです。
いわゆる「富山の薬売り」さんですね。

明治初期の商家が、そのまま博物館になっています。


金岡5

館内には昔の製薬の道具がいっぱい。
薬研(やげん)とか、時代劇でときどき見ますよね。

金岡4

薬の材料がずらり。

ちょっと難しめの展示ですが、草の根とかイモリの干したのとか熊の胆とか何かの動物の糞とか、えーっこんなのが薬の材料なの~ってのが並んでいるので、意外に子供たちにも楽しめます。

金岡3

江戸城腹痛事件、とな?
なになに、江戸城内で腹痛を起こした三春藩の殿様に、富山の殿様が携帯していた薬を分け与えたところ、あっという間に痛みが消えて、その場に居合わせた大名たちから評判が広まって富山の薬が有名になった・・・と

金岡8

富山の薬売りの方が持ち歩いた薬箱。
上が昔の、下は現代のですね。

金岡6

こちらは薬の容器。
貝に入った膏薬とか、辛うじて遠い記憶にあります。
私の世代が最後、というより、私の世代でも見たことない人のほうが多いんじゃないかな

そして時代は移りまして・・・

金岡9

お、だんだんカラフルになってきた。
このあたりでもまだ何十年前?

金岡7

そして現代ですね。見慣れた薬箱が並びます。
さすがに洗練された感じがしますね

なかなか盛りだくさんな展示で、家族一同、思った以上に楽しめました。
富山にお出かけの際は、是非お立ち寄りくださいませ




→ おでかけランキング
→ 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

※閉館※ 博物館「酢の里」 〔愛知県半田市〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

酢の里_R1



博物館「酢の里」は、リニューアルし「ミツカンミュージアム」として2015年に再オープンしました。詳しくはミツカンミュージアムのホームページでご確認ください。

以下、リニューアル工事前の訪問レポートです。



訪問日 2012年5月4日

博物館「酢の里」のHPへ
たびノート(楽天トラベル)で調べる

------------------------
名古屋からの行き方
 JR名古屋駅→(東海道本線上り 快速で17分)→大府駅→(武豊線で25分)→半田駅
 駅正面の道をまっすぐ、徒歩3分

 ※名古屋から半田へは、名鉄のほうが速くて本数も多くて便利なのですが、
  駅から少し歩くのと(約13分)、歩く道順がややわかりづらいので、
  土地勘のない方はJR利用(上記)が無難です。
  ただし、武豊線は1時間に2本です。時間に余裕を持ってお出かけください。
------------------------
入園無料(2013年4月現在)
※自由入場日を除き要予約 詳しくは「酢の里」ホームページでご確認ください。
------------------------

酢の里_R2

いきなりですが、あなたのお宅のキッチンに、「お酢」、ありますよね。
無いという方、「味ぽん」ならありませんかね。

ミツカンのお酢。
どこで造っているのか、あまり意識したことはありませんでしたが、実は、ここが発祥なのだそうです。

博物館「酢の里」。
ふだんは予約制で、係の方に案内していただくスタイルなのですが、我が家で訪問したときはたまたま「自由見学」の日で、多くの見学者で賑わっていました。「自由見学」の日はホームページで告知されるので、自分のペースで見学したいなら、その日を狙っていくのも良いかもしれません。

酢の里_R4

実際に今でもお酢をつくっている工場に併設された、「日本で唯一」というお酢の博物館です。
昔ながらの製造の様子や、さらにその昔、江戸時代からのさまざまな道具、建物の様子などが展示されています。

酢の里_R5

酢をつくるにはまず米を発酵させて酒をつくり、できた酒に酢酸菌を加えてさらに発酵させるのだそうな。
前半がアルコール発酵、後半が酢酸発酵。ふむふむ。なるほど。
写真は発行の際に、菌が糸状に伸びていくところだそうです。

・・・おっと、しまった。大人の方が展示に熱中して、子供たちがちょっとふくれっ面ではないか。
でも、丁稚奉公から成長していく「三郎」くんの物語など(写真を撮り損ねてしまった。残念!)、子供にも飽きさせない展示が充実していますので、ご安心を。

酢の里_R3

酢による保存技術なくして、すしの発展はなかった、と。
にぎりずしの歴史は、酢の歴史でもあるのですね。

普通の博物館や科学館ではあまり目にすることのない「酢」を学べる博物館。知的好奇心を満たす、「ワンランク上」のお出かけ気分です。お土産もいただいて大満足。ぜひ一度お出かけくださいませ。



目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

トヨタ産業技術記念館 〔愛知県名古屋市西区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

産業技術記念館_R5

訪問日・・・記録に残っていませんが、他にも何回か行っているはずです。
(1回目) 2007年8月9日
(2回目) 2012年5月3日


------------------------
名古屋からの行き方
 〔早い方法〕
  名鉄名古屋駅→(名鉄本線・犬山線で約2分)→栄生(さこう)駅
  ※栄生駅は急行停車。特急・快速急行は通過
   栄生駅から線路沿いに名古屋駅方面に戻るように徒歩約3分 
 〔楽な方法〕
  名古屋駅桜通口の8番バス乗り場から
  名古屋観光ルートバス「メーグル」で約8分
  「産業技術記念館」下車 敷地内に停まるので便利
 〔安い方法〕
  名古屋駅桜通口を出て左へまっすぐ徒歩20分
  進行方向右側にあります。
  「メーグル」は30分に1本なので、待つ場合は歩いてしまってもいいかも
------------------------
入園料(2012年8月現在)
 小学生200円、中高生300円、大人500円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

自動織機に始まり、クルマで世界を席捲したトヨタグループの技術の歩みが学べる展示館。
そう言うと固い感じですが、子供がさわって楽しめる展示もたくさんあって、我が家では名古屋に行ったときに遊びに行く定番です。

産業技術記念館_R6

まず最初は、自動織機の展示室です。

産業革命の頃の復元機器から、コンピューターを駆使した最新の機器まで。
大正時代に建てられた工場をそのまま使っているという広いフロアに、どれだけ見ればいいんだと目移りするほどたくさんの紡績・織物の機械が並んでいます。

産業技術記念館_R7

こちらは明治時代の「ガラ紡」。
ハンドルを回すと、ガラガラを音を立てて綿糸が紡がれていきます。

回すたびに、目の前で綿の入ったポットから糸ができて、次々に上のボビンに巻き上げられていくので、大人も子供たちも興味津々です。

産業技術記念館_R8

あと、写真が無くて残念なのですが、「ケイの飛び杼(とびひ)」とか記憶にありませんか?

中学だか高校だかの世界史の授業で、「産業革命を代表する技術」と習ったものの、どんな形でどんな働きをするのか、何がすごいのか、全くわからないままに丸暗記した「とびひ」。

ここにはその「飛び杼」の機械(復元)があって、実際にその動きの実演が見られるのです。
なんだか感動してしまったのだけれど、あぁ~、その感動がうまく伝えられないのがもどかしい


自動織機の展示室を抜けると、金属加工の実演コーナー、そして自動車の展示室へと続きます。

産業技術記念館_R9

自動車の展示室には、ミニカーが作れる工作コーナーなどもあって、車の好きな子供たちは広い館内を楽しく走り回っていますが、うちの場合はそろそろ次のコーナーが気になり始めて、自動車の展示室はいつも早足で通り過ぎてしまいます。

で、お目当ては、その先にある「テクノランド」。
動力のしくみなどが手で、足で、目で楽しめる、まさにうちの子供たち好みの科学館です。

産業技術記念館_R1
産業技術記念館_R2
産業技術記念館_R3
産業技術記念館_R4

長男に言わせると、「改装前のほうが楽しかった」って。
確かに、以前は実際に動かす楽しみが多かったのが、ちょっとテレビゲームっぽいのが増えたかなぁ。
でも、今の新しい展示も、子供たちの歓声に包まれています。

大人と子供、両方の知的好奇心を満たす、楽しい博物館です。
見学時間は少なくとも2時間は見ておきましょう。うちの場合は半日ここで遊べます

名古屋駅から近いのがありがたいですね。
近くのノリタケの森などと組み合わせて、お出かけの計画に入れてみてはいかがでしょうか。 

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る