■目次&地図■

■ふぁみとりっぷ本館へ■


浜松市動物園0943-02

訪問日 2019年11月24日
浜松市動物園のHPへ

浜松市動物園への行き方
  • 東海道新幹線 浜松駅北口バスターミナル1番のりば「舘山寺温泉」行で約40分(1時間に4本程度あります)→「動物園」バス停下車、徒歩すぐ

入園料(2019年12月現在)
 中学生まで無料、高校生以上410円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)


浜松駅から遠鉄バスに揺られて40分。
保育園の遠足でしょうか、車内は子供たちの賑やかな声に包まれていました。
彼らの目的地も、私と同じ浜松市動物園のようです。このあと楽しいことが待っているからでしょうか、みんなとっても元気です。
浜松市動物園0915-01

その名も「動物園」バス停で降りれば、浜松市動物園はすぐそこです。
入園ゲートがはままつフルーツパークと共用になっていますので、間違えないように気をつけましょう。
浜松市動物園0919-01
浜松市動物園は、浜名湖畔の舘山寺温泉街から東へ1kmほどのところにあり、高台からは湖の入江を見渡すことができます。
温泉にも入りたいし、遊覧船も乗ってみたいところですが、今日の目的は動物園。
誘惑を振り切って、園内へと進んでまいりましょう
浜松市動物園0922-02
入園してすぐのところにいるのがカンガルーさん。
近づくと右手をちょっと挙げて、やぁ!って寝たまま歓迎してくれた…んでしょうかね。

ここだけではなくて、かみね動物園でも大森山動物園でものんほいパークでも多摩動物公園でも、カンガルー=ものぐさおやじ、って写真しか撮れないのは私の不徳の致すところでしょうか。たまには元気にジャンプしている写真など撮ってみたいものです

でも、実際ジャンプされると、撮るのが間に合わなかったりするんだ。これが。
ものぐさおやじ=撮りやすい
浜松市動物園0929-06
クモザルさん。キミもぐーたらすけかいっ

いやいや、実際には長いしっぽを器用に使ったアクロバティックな綱渡りなど見せてくれるので、見ていてとっても面白いのですが、いかんせん動きが速くてカメラの動きが追いつかないんですよね。
たくさん撮りましたが、結局こんなだらりんこんな写真ぐらいしか載せられるものがない...
浜松市動物園1101-02
ライオンのサナさん。彼女もちょ~っと眠そうですね。
ちなみにオスのトムさんは物陰でぐっすり。寝顔の写真さえ撮れませんでした
浜松市動物園1103-19
アジアゾウのハマコさん。
浜松にやってきたのは1972年。看板娘としての長年のご活躍、ご苦労さまです

[PR]
浜名湖かんざんじ温泉 浜名湖グランドホテルさざなみ館
浜松市動物園の目の前(徒歩1分!)にあるリゾートホテルです。私はここには泊まらなかったのですが、ホテルから動物園に出かけるご家族連れを何組か見かけまして「いいなぁ~次はここに泊まりたいなぁ」と心底思いましたね。浜名湖の見える露天風呂も魅力。食事なしなら9千円ぐらいから。よろしければご参考にしてくださいませ


浜松市動物園1025-27
豪快にお食事中のオランウータンさん
食いしん坊の口だね~
浜松市動物園1028-04
お隣で、ゴリラさんもお食事中。
こちらは意外にモグモグモグ、っておとなしめですね
浜松市動物園1049-01
今日は、レッサーパンダさんに会うのが一番の楽しみだったんですけど。
残念。お昼寝ちゅうでした
浜松市動物園1058-04
カピバラさん。
ここ数年の人気を受けて導入したのか「1頭だけ」展示している動物園や水族館を最近ときどき見かけますが、やっぱりカピバラさんは大家族でないと寂しいですよね。
浜松市動物園1010-01
シロフクロウさん。
超カメラ目線。
にらめっこなら負けませぬ
浜松市動物園0948-14
フラミンゴさん。
もう、ほんのちょっとでハートマーク完成なんですけどね。
100枚以上は撮ったと思いますが、残ったのは破れたハートの山…

この日は午後から掛川花鳥園に行く予定だったので、ちょっと駆け足になってしまいました。次に行くときは、いちにちゆっくりできるといいな~

■目次&地図■

■ふぁみとりっぷ本館へ■