ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

お散歩パンダ

S-TRAIN 豊洲発の初日(2017/3/27)に乗車してきました



■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■


2017年3月25日、東京メトロと西武線のダイヤ改正で走り始めたSトレイン。

25日と26日は休日ダイヤだったので、27日が豊洲発の列車の運行開始日でした。

豊洲に勤める私としては、乗らないわけにはまいりませんな(*^^*)

指定券の発売日をすっかり忘れていて、翌日に思い出して少々慌てましたが、無事、指定券も取れました。

運行初日の切符なのに、しかも発売開始日を逸したのに、あっさり窓側の席がとれてしまうとは。
なんとなく人気薄の気配(^o^; 

170328_011840


そして迎えた3月27日。
豊洲駅には発車10分前に到着。

真新しい指定券券売機くん。
誰も並んでいなくてちょっと寂しげです

DSC_0423

ホームに降りると、ちょうどこれから乗るS-TRAINが入ってきました。
真新しい車体。ん~ピカピカです(^o^)/ 

DSC_0426


車内をもの珍しげに覗き込む人。
携帯のカメラを向ける人。
不思議そうに指をさして言葉を交わす二人連れ。


初めて見る人がほとんどなのでしょう、いつもの豊洲駅とちょっと違った空気が流れます。

DSC_0425

それでは早速、乗ってみましょう。 
私が乗るのは3号車でしたね。 


DSC_0427

おぉ、見事にガラガラ(^o^;) 


ご乗車には指定券が必要です、指定券は1つ上の地下2階フロアで販売しています、と繰り返し放送が入りますが、乗客が増えそうな気配は...ないですね...

DSC_0428


指定された6Aの席に陣取ります。
この様子なら、隣は空席のままでのんびり過ごせそうです(*´ω`*)


定刻の20:00に、静かに豊洲駅を出発。
結局、豊洲駅から3号車に乗ったのは9人でした。 


月島、新富町、銀座一丁目と、各駅をゆ~っくりと通過。
普段は通過することのない駅ですから、やはり何だか新鮮です。

スピードが上がらないのは...まぁ仕方ないですね。
地下鉄線内、前の電車を追い抜く場所もないですからね(^o^;) 

DSC_0429

有楽町で5人、飯田橋で6人が乗車。
この電車に乗車できる駅は豊洲、有楽町、飯田橋の3駅だけと決められていますから、もうこの先で乗ってくる人はいません。

というわけで、この日この列車の3号車の乗客、9+5+6=計20人。

乗客の私としては空いていて有り難い限りですが、鉄道会社さんとしてはちょっと辛いんじゃないですかね。 


そして大胆にも池袋を通過。一時停止さえしません。きもちいぃ~


DSC_0432

地上に出ると練馬駅。
信号待ちで停車しますが、ドアは開きません。


横を特急レッドアローが駆け抜けていきました。 
こっちの電車も、レッドアロー並みのグレードにしてくれれば嬉しかったんだけどな~♪ 

170327_204355

降車できる最初の駅、石神井公園。

ここでは4人が降りました。


次の停車駅、保谷でも降りたのは4人だけ。 
お客さんの多くは、終点の所沢まで乗りとおすようです。
170327_210103


豊洲から1時間弱、終点の所沢に到着です。

ここでは10人が下車。

3つの駅で3号車から降りたのは4+4+10=全部で18人。

あれ?乗った人数と合わんではないか
気が付きませんでしたが、前や後ろの車両に移った人がいたんでしょうね。

170327_205843

この写真の窓側が、私が座っていた席です。空いていたおかげもあり、まずまず快適でした(^^)v
しかしこの空き具合はちょっと心配になるレベルですね。


豊洲で座席指定の列車というと、かつて小田急直通の特急ベイリゾートというのがありましたが、いつも空気を運んでいる状態で、短期間であっさり廃止されてしまいましたね。

あちらは休日の行楽特急、こちらは平日の通勤列車と、運転日も性格も全く違うので比較しても仕方ないのですが、つい思い出してしまいます。


豊洲駅の乗降客数は1日20万人以上。
東京メトロの乗降客数ベストテンにも入る駅で、夕方から深夜にかけては通勤客が狭いホームでひしめき合い、なかでもホームの前後両端は、時間帯によっては身動きが取れないほど混雑します。
 

それならS-TRAINのような通勤ライナー列車の需要も高いように思われるかもしれませんが、新木場・辰巳からの電車がガラガラの状態で到着するので、普通の電車でも1~2本待てば座れてしまうんですよね。

そのなかで、わざわざ510円払って、指定の時刻に合わせてS-TRAINに乗るかというと、ん~微妙ですね~(^o^;;;


レッドアローや小田急MSEのように、特急らしいゆったりシートなら乗りたいと思うでしょうが、S-TRAINのシートはそこまでではないんですよね...。

まずはこの510円という強気な料金設定をどうにかしてほしいところですが。

速くもなくて、豪華でもなくて、「座れる」というだけで510円はきついでしょう。

座るだけなら、豊洲なら待てば座れますし、

有楽町なら一番前に乗れば、2駅先の永田町でかなりの確率で座れますし、
飯田橋なら池袋まで4駅だけ辛抱して、西武線の始発で座って帰ればいいですし。 


さてさて、このさきどうなりますやら。
最後は少々ネガティブな書きぶりになってしまいましたが、頑張ってほしいですね


 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

名古屋テレビ塔 〔愛知県名古屋市中区〕


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

テレビ5

コンフォートホテル名古屋チヨダ

[PR]
コンフォートホテル名古屋チヨダ
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生も無料のホテルです。徒歩5分の伏見駅からは東山公園まで直通15分。名古屋駅にも1駅2分と便利。無料朝食やウェルカムコーヒーなど嬉しいサービスも。名古屋観光の拠点に最適、我が家のお気に入りホテルです。

訪問日 2016年1月10日

名古屋テレビ塔のHPへ

名古屋テレビ塔への行き方(名古屋から)
  • 名古屋駅→(地下鉄桜通線で約5分)→久屋大通駅
  • 4B出口を出ればテレビ塔は目の前です

入園料(2017年3月現在)
 未就学児無料、小中学生300円、高校・大学生600円、大人700円
 ※イベント時などは別料金になる場合があります。 

障がい者減免 あり(本人・介護者半額)

名古屋テレビ塔です。
なんだか当たり前すぎて、いつも素通りしてしまっていましたが、家族で久しぶりに展望台に上がってみました。

自分が小学校に入った頃以来だから、ほぼ40年ぶりということですな

テレビ2

行ったときは、ちょうどプロジェクションマッピングのイベントをやっていました。
まぁ、これがなくても夜景だけで十分楽しめるんですけどね

テレビ4

オアシス21「水の宇宙船」がほぼ真下に。
下から見上げると巨大ですが、上から見下ろすとこんなに小さく見えるんですね

テレビ3

遠くに、名古屋城天守がライトアップされていました
さすがの存在感ですね

テレビ1

塔が建てられてから既に60年以上。
名古屋市内にはここの展望台(高さ90m)より背の高いビルが30以上もあるそうで、見晴らしもあまり効かないのでは?と思っていましたが、高いビルの多くは2km以上離れた名駅方面に多いのでそれほど邪魔にならず、なかなかどうして、素敵な夜景でした。
上ってよかった~(*^^*)




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

上野動物園 〔東京都台東区〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ


上野動A


訪問日
(1回目) 2007年12月02日 (2回目) 2008年11月22日 (3回目) 2010年03月20日
(4回目) 2012年12月16日 (5回目) 2013年09月14日 (6回目) 2014年05月18日
(7回目) 2014年11月16日 (8回目) 2014年11月16日 (9回目) 2015年01月03日
(10回目) 2015年02月01日 
※とりあえず記録しているもののみ。他にも何度も行っています。

着ぐるみパンダ

[PR (笑)] 着ぐるみパンダ
価格:3,564円(税込、送料別)

上野動物園のHPへ

東京からの行き方
 東京駅→(JR山手線・京浜東北線で約7分)→上野駅
 公園口改札を出て公園内を道なりに徒歩約5分

入園料(2015年1月現在)
 小学生まで無料、中学生200円、大人600円
 ※東京都内在住・在学の中学生は無料 

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)


やってまいりました上野動物園。
上野といえば動物園、動物園といえば上野ですよね
1882年開園の、日本で一番古い動物園です。


上野動B

そして、上野動物園といえばジャイアントパンダ。
入ってすぐ右にいますので、まずは挨拶していきましょう。
こんなふうに前を向いて笹を食べていればラッキー。
だいたい、寝ていたり後ろ向いてたりするんですよね

上野動C


パンダ舎から出て左に行くと、プレーリードッグくんたちがいっぱい

上野動V

すっかり食べるのに夢中です。プレーリードッグらしい警戒のポーズはどこ行った

上野動G

さて、その先にはサル山が見えてきました。
1931年からある歴史あるサル山だとか。さすが上野動物園

その片隅には体重計が。
サルたちの気分任せで、なかなか乗ってくれないのですが、運よく1枚撮れました。
意外に軽いですね

上野動Q

サル山から坂を下っていくと、うちの次男の一番のお気に入り、ホッキョクグマです

上野動D

陸上でごろ~んとしてみたり。

上野動E

水中にドボ~んと飛び込んでみたり。

上野動F

足の裏がリアルに観察できたり
いろんな方向からホッキョクグマの様子が見られます。

うちの場合、だいたいここに来ると30分ぐらいは飽きずに観ていますね

ホッキョクグマの先にはヒグマやツキノワグマ、マレーグマ。
くまさんシリーズが続きます。



クマの遊ぶ様子は、人間の子供たちの遊びと何だか似ていますね。
姿はどちらかというとおやじ似ですが

上野動H

おやじ似といえばゴリラですね
クマたちの反対側の丘の上にいます。こちらも人気です。
近くにはライオンやトラも。あんまりいい写真が取れなかったので省略~

さて、広い園内、すでにお疲れかもしれませんが、西園も見逃すわけには行きません。
サル山の先から、モノレールに乗っていけば子供たちも大喜び。
でも、歩いても5分ほどですから、混んでいるときは諦めも肝心よ

上野動K

西園からは東京スカイツリーも顔を出します。

上野動L

モノレール西園駅のそば、子ども動物園にはヤギ、ヒツジ、ニワトリなど、さわれる動物がいっぱい。
ヤギさんのえさやり時間を狙って行くと、楽しさも倍増です。
東園ゲート前に時間が掲示されていますので、入園時にチェックしておきましょう。

上野動M

近くで見る黒牛は迫力満点です

上野動N

地味な建物ですが、意外に子供たちのツボにはまるのがこちら、小獣館。

上野動O

小獣館にはミーアキャットやアルマジロ、ネズミカンガルー、ハダカデバネズミ、コウモリなど小さな動物たちがいっぱい。
こちらはケープハイラックス。とぼけた感じの人気者です

上野動R

マヌルネコ。普段は比較的おとなしいやつですが、突然スイッチが入って元気になったりします



小獣館から出てくると、シマウマ、キリン、サイなど大型草食動物たちのエリアです。
かばさんのあくび~

上野動P

その先、西園ゲート近くには両生爬虫類館。
ワニ、トカゲ、ヘビ、カメ、カエル、イモリ、ヤモリなどなど、爬虫類・両生類てんこ盛り

苦手な方もいらっしゃるかとは思いますが、見ごたえありますので頑張って観ていきましょう

上野動U

両生爬虫類館の脇を奥へ進んでいくと「アイアイの住む森」。
ちょっと目立たないところにありますので、見落とさないようにしましょう。

 

アイアイは夜行性。暗~い館内、フラッシュは厳禁です。

さらに進むと、ワオキツネザルたちが遊んでいます。
何匹も重なり合ってだんご状態

上野動T

おっと、忘れちゃいけない、こちらも西園の人気者。
レッサーパンダくんです

上野動S

さてさて、夕方になると動物たちは飼育舎に帰って行きます。
皆さんも歩き疲れた頃かとは思いますが、最後にちょっと寄ってみていただきたいところがあります。

東園、ホッキョクグマのお隣、アシカさんです

上野動I

水の下にある観察アーチ。
昼間は外で遊んでいて、アーチのほうに来ることはほとんどありません。
けれども、夕方になるとアーチのほうにやってきて、5回、10回、20回と、元気にくるくる回り始めます。

上野動J

夕方は隣のホッキョクグマがおうちに帰るので、安心してアーチで遊べるのでしょうかね。
見ている私たちの様子も、アシカたちは十分意識しているようです。
ガラス越しにボールとか見せるとアシカの関心を惹けておもしろいですよ

冬、閉園間際になると、園内は街灯も控えめで、かなり暗くなります。
足元に気をつけてお帰りくださいませ



おでかけランキング

→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ