ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

ぐるっとパス

紙の博物館(東京都北区)ぐるっとパス「全部回ろう」その13(4日目ー1)

ご案内
ぐるっとパス「全部回ろう」ふぁみとりっぷ5号館で連載中のレポートですが、この「紙の博物館」はファミリーでのお出かけにおすすめの博物館ですので、こちら「ふぁみとりっぷANNEX」に出張して紹介させていただきます。5号館にも是非遊びに来てね

前の見学先国立映画アーカイブ
次の見学先北区飛鳥山博物館


紙の博物館への行き方

  • 東京駅→(JR京浜東北線快速で16分)→王子駅
  • 王子駅「南口」を出て、目の前の跨線橋を渡ったところの階段を上ると公園があります。紙の博物館はその奥左手です(紙の博物館へのルートは、上の地図か紙の博物館のWebサイトの案内を参照してください)。
  • 紙の博物館は、北区飛鳥山博物館のお隣です。
→ 紙の博物館のHPへ

入園料(2018年7月現在)
 未就学児無料、小学生~高校生100円、大人300円
障がい者減免 あり(本人・介助者無料)

■ぐるっとパス2018「全部回ろう」目次へ■

■ふぁみとりっぷANNEX「おでかけレポート」目次へ■


ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
4日目(2018年7月13日)の訪問先

3日目(2018年7月6日)に戻る
5日目(2018年7月16日)に進む


「東京・ミュージアムぐるっとパス2018」で入れる施設を、2か月の有効期間の間に(休館の施設を除いて)全部回ろうチャレンジ。
今日は北区の王子にやってまいりました。
飛鳥山公園1506-03
都電荒川線がとことこ走っています。
路面電車といいますが、荒川線が道路の上を走っているのはここ「王子駅前~飛鳥山」の1駅間だけなんですよね。
お子さん連れなら、荒川線に乗っていけばきっと喜ぶと思いますよ。

さて、紙の博物館があるのは、王子駅すぐ目の前の「飛鳥山」の上です。

飛鳥山は、山とはいいますが最寄りの王子駅から見て標高差20mほど。
にもかかわらず、なんと...
飛鳥山公園1505-03
登山鉄道があります
その名は「アスカルゴ」。
正確にいうと、鉄道ではなくてスロープカーというんだそうです。

特別に見晴らしが良い訳ではありませんが、乗ればちょっとした旅気分です。
乗車は無料です。目指す紙の博物館は山の上。JR王子駅「中央口」改札を出てすぐ左に乗り場がありますから、折角ですから乗ってまいりましょう。

ただ、休日は何十分も並ぶこともありますから、そういうときは気持ちを切り替えて階段を上りましょう。3分もあれば山の上まで歩いて行けます。
紙の博物館1359-02
アスカルゴの頂上駅?から園路を道なりに5分も歩けば、紙の博物館に到着です。
ちなみにすぐ左隣は、次に行く北区飛鳥山博物館です。
紙の博物館1311-01
館内に入ると、大きな凧に描かれた歌舞伎役者さんがお出迎え。
新潟県で300年前から続く白根大凧合戦で使われた凧だそうです。
紙の博物館1312-01
1~2階は紙の製造工程や、さまざまな用途などが解説されているお勉強スペース。
1階が大人向け、2階が子供向けという感じですね。
紙の博物館1321-02陶紙
焼き物に使われる陶土を漉き込んだ「陶紙」を折って焼くと、陶器の折り鶴のできあがり。
これやってみたい~
風船とか兜とか、いろいろ作ってみると楽しそうですね

さて、3階に上がってみましょう。
こちらは紙の歴史と、さまざまな文化財の展示コーナーです。
紙の博物館1333-01
今から1200年以上前、西暦770年に印刷された「百万塔陀羅尼」。
当時の称徳天皇が鎮護国家のために作らせたもので、印刷された年代が明確になっているものの中では世界最古なのだとか。
海外にはこれより古いことが明らかなものもあるそうですが、そういうのはいつ印刷されたか記録が残っていないんだって

印刷された枚数はなんと100万枚。
1枚20秒、1日10時間刷ったとして1年半以上ですか。
輪転機とかない当時としては、途方もない仕事だったのではないでしょうか。
今でも法隆寺などに4万枚以上残っているそうです。

ボランティアさんの話によると、印刷博物館にも展示されているんだって。
あとで行ってみよう
紙の博物館1343-02
こちらは和紙の製造工程で使われた「叩き棒」
煮てやわらかくした楮(こうぞ)や三椏(みつまた)を、叩いて繊維をバラバラにするために使われたものだそうです。
繊維を1本1本バラバラにするって、理屈としてはわかりますが、かなりの力仕事だったでしょうね。
紙の博物館1345-02
和紙で作られた着物です。
古いものではなくて現代工芸なんですね。

左は薄い和紙そのもの。
右は紙で作ったこよりを糸として使った織物で、洗濯もできるのだとか。
意外に丈夫なんですね。
紙の博物館1328-01
パピルスの花の書かれたパピルス。ややこしい
あ、パピルスは古代エジプトで使われた紙の原料です。ご存知ですよね。
英語のPaperの語源もパピルスですね。

紙の博物館、なかなか見ごたえがありました。
「全部回ろう」が目的になってしまって、ちょっと駆け足になってしまったのが残念ですが、また機会を見てゆっくり再訪したいですね。

ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
前の見学先国立映画アーカイブ
次の見学先北区飛鳥山博物館

国立映画アーカイブ(東京都中央区) ぐるっとパス「全部回ろう」3日目ー3 

ご案内
「ぐるっとパス『全部回ろう』」ふぁみとりっぷ5号館で連載中のレポートですが、この「国立映画アーカイブ」はファミリーでのお出かけにおすすめの博物館ですので、こちら「ふぁみとりっぷANNEX」に出張して紹介させていただきます。5号館にも是非遊びに来てくださいませ

前の見学先三井記念美術館
次の見学先紙の博物館


国立映画アーカイブへの行き方

  • 東京駅八重洲口を出て、ロータリー向かいの道(外堀通り)を右へ
    →300m先「鍛冶橋」交差点を左折
    →400m先の右側です(東京駅から徒歩10分ほどです)。
  • 最寄駅は地下鉄銀座線「京橋駅」で、2番出口から徒歩1分です(国立映画アーカイブへのルートは、上の地図か国立映画アーカイブのWebサイトの案内を参照してください)。

入園料(2018年7月現在)
 高校生まで無料、大学生130円、大人250円
障がい者減免 あり(本人・介助者無料)

■ぐるっとパス2018「全部回ろう」目次へ■

■ふぁみとりっぷANNEX「おでかけレポート」目次へ■


ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
3日目(2018年7月11日)の訪問先

2日目(2018年7月6日)に戻る
4日目(2018年7月13日)へ進む


「東京・ミュージアムぐるっとパス2018」で入れる施設を、2か月の有効期間の間に(休館の施設を除いて)全部回ろうチャレンジ。
今日最後は、京橋の「国立映画アーカイブ」です。
DCF00014
1階は所蔵映画フィルム等を上映する企画の受付になっていて、こちらは「ぐるっとパス」では見られませんので、エレベーターで7階の展示室に向かいます。
DCF00008
明治期に映画が日本に入ってきて以来、現代にいたるまでの機材やポスターなどの資料が所狭しと並べられています。
DCF00009
映画産業・映画会社の盛衰に、往年の映画人や大スターの紹介もいっぱい。
こちらは戦前~戦後の映画界を代表する女優、田中絹代さん。

「人生のお荷物」は、1935年の映画。
現代感覚では、ヒットしそうもないタイトルですが
ポスターにも時代が現れていて面白いですね。
「ーキート竹松」とか。右から読むんですよ。大丈夫ですね
トーキーは「音声付き映画」。わざわざ断らなくても今では音声付が当たり前ですが、これはまだ無声映画を卒業してそれほど経っていない頃の映画なのですね。

後半は企画展会場。
現在は「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」(2018年9月23日まで)を開催中です。

黒沢作品が世界各国で上映された際の、予告宣伝ポスターの展示です。
さすがは世界の黒沢、ポスターも世界中、各国語でさまざま制作されています。
DCF00007
同じ「7人の侍」でも、国ごとに意匠を凝らして作られていて、そこにその国の「日本」に対する見方も透けて見えたりして、なかなか興味深いです。
大半が撮影禁止ですが、撮影OKのものも少しだけありました。上の画像はドイツのものですね。

それほど広い展示スペースではありませんが、映像資料も含めてじっくり見れば半日ぐらいかかりそうな、全体に密度の濃い展示です。今回は見ませんでしたが、上映会(有料)も面白そうな企画が様々実施されていますので、上映会と展示室見学セットでお出かけになってみてはいかがでしょうか

ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
前の見学先三井記念美術館
次の見学先紙の博物館

下町風俗資料館(東京都台東区) ぐるっとパス「全部回ろう」2日目ー7 

ご案内
「ぐるっとパス『全部回ろう』」ふぁみとりっぷ5号館で連載中のレポートですが、この「下町風俗資料館」はファミリーでのお出かけにおすすめの博物館ですので、こちら「ふぁみとりっぷANNEX」に出張して紹介させていただきます。5号館にも是非遊びに来てくださいませ

前の見学先上野動物園
次の見学先ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション


下町風俗資料館への行き方

  • 東京駅→(JR山手線で4駅8分)→上野駅
  • 上野駅「不忍口(しのばずぐち)」改札から徒歩約3分(下町風俗資料館へのルートは、上の地図か下町風俗資料館のWebサイトの案内を参照してください。)
→ 下町風俗資料館のHPへ

入園料(2018年7月現在)
 未就学児無料、小学生~高校生100円、大人300円
障がい者減免 あり(本人・介助者無料)

■ぐるっとパス2018「全部回ろう」目次へ■

■ふぁみとりっぷANNEX「おでかけレポート」目次へ■


ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
2日目(2018年7月6日)の訪問先
1日目(2018年6月22日)に戻る
3日目(2018年7月11日)に進む

「東京・ミュージアムぐるっとパス2018」で入れる施設を、2か月の有効期間の間に(休館の施設を除いて)全部回ろうチャレンジ。
上野動物園が楽しくて、ついつい長居をしてしまいました。
ただいま16時過ぎ。今から行って入れるとこ、あるかな...。

意外に近くにありました。「下町風俗資料館」。
上野動物園の「弁天門」から出て、不忍池沿いにのんびり歩いて下町風俗資料館まで5分ほどです。
上野1650-01
資料館の前には、昔懐かしい円型ポストが。
単なる展示物ではなく、ちゃんと収集にも来てくれる現役のポストです。

それでは、中に入ってみましょう。
上野1616-02
紅白の提灯が賑やかに出迎えてくれます。
館内はエアコンが効いていて、ほっと一息です。

館内には、昭和の家の中や街角の様子が再現されています。
上野1631-01
こちらは家庭の様子。昭和30年代ぐらいでしょうか。
窓の外には洗濯物が干してありますね。
なかなか細かいところにこだわりを感じます。
上野1648-01
洗濯場の様子ですね。
つるべ井戸が手押しポンプに変わるなど、だんだんと生活が便利になっていったのでしょうが、それでも今の全自動洗濯機に比べれば大変な仕事だったのでしょうね。
上野1639-01
昭和の銭湯を再現したコーナーも。
東京(23区内)には500軒ほどの銭湯が残っていますが、最近の銭湯はフロント形式が多くなって、こうした番台は見なくなりましたね。
上野1624-01
けん玉やお手玉など、昔のおもちゃも展示されています。
実際に手に取って遊ぶこともできるのは嬉しいですね。
お父さん、お母さん、いいとこ見せるチャンスですよ
ラジオ体操第三
昔の教材もいろいろ。
これは...ラジオ体操第三?!
そんなのあったんだ。さすがにそれは知らんぞ

解説の絵を見ると、なかなかダイナミックな動きだったようです。

資料館とは関係ありませんが、ラジオ体操第三の動画があったので貼っておきます
上の教材でいう「第八運動」より後が再現されているようですね。
上野1644-01
我々、親の世代の記憶に残る子供の頃のあれこれも、だんだんと博物館に並ぶようになってきました。
上野動物園の帰りがけにでも、お子さんと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
お父さんが子供の頃はこうだったんだよ、なんて、あまり陶酔して子供に五月蠅がられないようにご注意くださいませ

ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
前の見学先上野動物園
次の見学先ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

上野動物園 〔東京都台東区〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ


上野動A


訪問日
(1回目) 2007年12月02日 (2回目) 2008年11月22日 (3回目) 2010年03月20日
(4回目) 2012年12月16日 (5回目) 2013年09月14日 (6回目) 2014年05月18日
(7回目) 2014年11月16日 (8回目) 2014年11月16日 (9回目) 2015年01月03日
(10回目) 2015年02月01日 
※とりあえず記録しているもののみ。他にも何度も行っています。

着ぐるみパンダ

[PR (笑)] 着ぐるみパンダ
価格:3,564円(税込、送料別)

上野動物園のHPへ

東京からの行き方
 東京駅→(JR山手線・京浜東北線で約7分)→上野駅
 公園口改札を出て公園内を道なりに徒歩約5分

入園料(2015年1月現在)
 小学生まで無料、中学生200円、大人600円
 ※東京都内在住・在学の中学生は無料 

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)


やってまいりました上野動物園。
上野といえば動物園、動物園といえば上野ですよね
1882年開園の、日本で一番古い動物園です。


上野動B

そして、上野動物園といえばジャイアントパンダ。
入ってすぐ右にいますので、まずは挨拶していきましょう。
こんなふうに前を向いて笹を食べていればラッキー。
だいたい、寝ていたり後ろ向いてたりするんですよね

上野動C


パンダ舎から出て左に行くと、プレーリードッグくんたちがいっぱい

上野動V

すっかり食べるのに夢中です。プレーリードッグらしい警戒のポーズはどこ行った

上野動G

さて、その先にはサル山が見えてきました。
1931年からある歴史あるサル山だとか。さすが上野動物園

その片隅には体重計が。
サルたちの気分任せで、なかなか乗ってくれないのですが、運よく1枚撮れました。
意外に軽いですね

上野動Q

サル山から坂を下っていくと、うちの次男の一番のお気に入り、ホッキョクグマです

上野動D

陸上でごろ~んとしてみたり。

上野動E

水中にドボ~んと飛び込んでみたり。

上野動F

足の裏がリアルに観察できたり
いろんな方向からホッキョクグマの様子が見られます。

うちの場合、だいたいここに来ると30分ぐらいは飽きずに観ていますね

ホッキョクグマの先にはヒグマやツキノワグマ、マレーグマ。
くまさんシリーズが続きます。



クマの遊ぶ様子は、人間の子供たちの遊びと何だか似ていますね。
姿はどちらかというとおやじ似ですが

上野動H

おやじ似といえばゴリラですね
クマたちの反対側の丘の上にいます。こちらも人気です。
近くにはライオンやトラも。あんまりいい写真が取れなかったので省略~

さて、広い園内、すでにお疲れかもしれませんが、西園も見逃すわけには行きません。
サル山の先から、モノレールに乗っていけば子供たちも大喜び。
でも、歩いても5分ほどですから、混んでいるときは諦めも肝心よ

上野動K

西園からは東京スカイツリーも顔を出します。

上野動L

モノレール西園駅のそば、子ども動物園にはヤギ、ヒツジ、ニワトリなど、さわれる動物がいっぱい。
ヤギさんのえさやり時間を狙って行くと、楽しさも倍増です。
東園ゲート前に時間が掲示されていますので、入園時にチェックしておきましょう。

上野動M

近くで見る黒牛は迫力満点です

上野動N

地味な建物ですが、意外に子供たちのツボにはまるのがこちら、小獣館。

上野動O

小獣館にはミーアキャットやアルマジロ、ネズミカンガルー、ハダカデバネズミ、コウモリなど小さな動物たちがいっぱい。
こちらはケープハイラックス。とぼけた感じの人気者です

上野動R

マヌルネコ。普段は比較的おとなしいやつですが、突然スイッチが入って元気になったりします



小獣館から出てくると、シマウマ、キリン、サイなど大型草食動物たちのエリアです。
かばさんのあくび~

上野動P

その先、西園ゲート近くには両生爬虫類館。
ワニ、トカゲ、ヘビ、カメ、カエル、イモリ、ヤモリなどなど、爬虫類・両生類てんこ盛り

苦手な方もいらっしゃるかとは思いますが、見ごたえありますので頑張って観ていきましょう

上野動U

両生爬虫類館の脇を奥へ進んでいくと「アイアイの住む森」。
ちょっと目立たないところにありますので、見落とさないようにしましょう。

 

アイアイは夜行性。暗~い館内、フラッシュは厳禁です。

さらに進むと、ワオキツネザルたちが遊んでいます。
何匹も重なり合ってだんご状態

上野動T

おっと、忘れちゃいけない、こちらも西園の人気者。
レッサーパンダくんです

上野動S

さてさて、夕方になると動物たちは飼育舎に帰って行きます。
皆さんも歩き疲れた頃かとは思いますが、最後にちょっと寄ってみていただきたいところがあります。

東園、ホッキョクグマのお隣、アシカさんです

上野動I

水の下にある観察アーチ。
昼間は外で遊んでいて、アーチのほうに来ることはほとんどありません。
けれども、夕方になるとアーチのほうにやってきて、5回、10回、20回と、元気にくるくる回り始めます。

上野動J

夕方は隣のホッキョクグマがおうちに帰るので、安心してアーチで遊べるのでしょうかね。
見ている私たちの様子も、アシカたちは十分意識しているようです。
ガラス越しにボールとか見せるとアシカの関心を惹けておもしろいですよ

冬、閉園間際になると、園内は街灯も控えめで、かなり暗くなります。
足元に気をつけてお帰りくださいませ



おでかけランキング

→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ