ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

アオサギ

野良アオサギさん、日本中の動物園に出没【番外編】




■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■


アオサギさんを知っていますか?

青みがかったグレーの翼に、ちょこんと載っけた黒い帽子。
大きな翼をひろげて優雅に舞う様子は、空の王者の風格さえ漂わせます。

...ちょっと褒めすぎたかな

[PR(笑)]
Lladro 『アオサギ』

スペインのポーセリンアート(磁器芸術)ブランド、リアドロの作品です。
これアオサギじゃなくてシラサギじゃないの、ってツッコミは置いといて、目の保養かたがた売場を覗いてみてくださいませ

私がアオサギを初めて知ったのは、2014年11月、東京・光が丘公園のバードサンクチュアリ
ふらりと立ち寄った観察舎で、ほら、アオサギが来てるよ、という声に目を向けると、池の向こう側に見慣れぬ鳥の姿が。
アオサギ_光が丘バードサンクチュアリ
おぉ、東京の公園にもこんな美しくて珍しい鳥が来るんだ...と、感動したのを覚えています。

まさかそれ以来、日本列島西へ東へ、行く先々でアオサギさんに会うことになろうとは。
まるで想像だにしない私でした

2015年9月。
兵庫県、姫路城のお膝元にある姫路市立動物園
オタリアさんのプールに、あの見覚えのある姿が。

アオサギ_姫路市立動物園1

やぁ!君はアオサギさんじゃないか。

アオサギ_姫路市立動物園2

オタリアさんの餌を横取りしてやろうって待っているようですね。
飼育員さんが近くにいても逃げず、なかなか大胆なやつです。

同じ日、西に50kmの神戸市立王子動物園。

アオサギ_王子動物園

手ブレ写真しかなくてごめんなさい
アシカさんの頭上でチャンスを伺っているのは、やっぱりアオサギさん。
50km、私を追って飛んできたのかと思いましたよ。そんな訳はありませんね

年が明けて2016年2月、東京・多摩動物公園

アオサギ_201602多摩動物公園

ペリカンさんの背後に、胴体がキリンで、首がアオサギの怪物。
違うって


ここの主みたいな顔して普通にそこにいるから、アオサギさんの展示コーナーかな、と説明プレートを探してしまいましたよ。

ペリカンさんの「もう好きなようにしてっ!」というあきらめ顔が妙に笑えます

北に飛んで、次は同年6月、秋田市大森山動物園

アオサギ_大森山動物園2

ここにもいました。
餌をいただきに来た、ちゃっかり野良アオサギさん

今日のターゲットは...

アオサギ_大森山動物園1

やっぱりペリカンさんでした

アオサギさんよりペリカンさんの方が大きいんですけどね。
あんたなんか怖くないよ~ってな感じで、平然としているアオサギさんでした

西へと戻ります。
9月、愛知県豊橋市・のんほいパーク

アオサギ_20160929のんほいパーク2

ペリカンさんだよ~

ってことは...?

アオサギ_20160929のんほいパーク1

はいはい、キミですね。予想していましたよ

ペリカンさんのエサが美味しいのか
ペリカンさんの脇が甘いのか


さらに西へ。
10月、大阪・天王寺動物園

アオサギ_20161001天王寺動物園1

出たな怪盗アオサギ小僧
大都会の真ん中の動物園にもやってくるとは豪胆なやつめ

アオサギ_20161001天王寺動物園2

で、ここまで接近するか
完全になめられてますぞ、アシカさん

東の動物園(秋田、多摩、豊橋)ではペリカンさんを狙い、
西の動物園(大阪、神戸、姫路)ではアシカさんたちに接近。
東と西で、ターゲットにされる動物が違うのは面白いですね。偶然かもしれませんが

...と思っていたら、違う動物からも被害届が

2017年2月、東京・井の頭自然文化園

アオサギ_井の頭自然文化園

ナベヅルさんのくわえている魚を、じっと狙っているのは、やっぱりアオサギさんです



ナベヅルさんの隙を狙って、にじり寄るアオサギさん。
最後は嘴から落ちた魚をゲット。やったね


P4300936

井の頭自然文化園には、飼育されているアオサギさんもいるからまたややこしい。

自由だけど、エサは自分で獲らなければならないアオサギさんと。
檻の中だけど、エサは時間ごとにもらえるアオサギさんと・・・。


うにゃ~、深く考えるのは止めておこう

追記です。
2019年6月、東京・上野動物園

P5310353

コウノトリさん。
いつ行っても賑やかな上野動物園ですが、不忍池を挟んだこのあたりは主な観覧ルートから外れているので、観客が少なくとても静かで、コウノトリさんものんびりくつろいでいます。

そんでもって、後ろの柵の上から様子をうかがっているのは・・・

P5310332

おぅ。
その後ろ姿、見覚えがありますぞ~

P5310346

やっぱりキミでしたか

上野動物園に隣接する不忍池では、カモメさん、カモさん、カワウさん、コサギさんなどたくさんの野鳥が観られるのに、アオサギさん見かけないな~と思っていたのですが、居なかったわけではなくて、他のたくさんの鳥たちに紛れて気がつかなかっただけのようですね

P5310363

じっとカメラを向けていたら、なんかイヤ~な気配を感じたのか飛び去ってしまいました。
せっかく横取りしたエサを食べているところだったのにゴメンネ~

これまで関心がなくて気がつかなかっただけかもしれませんが、最近は動物園以外でもあちこちでアオサギさんを見かけるようになりました。

20150926_京都鴨川

2015年9月、こちらは京都・鴨川。
残暑厳しいなか、涼しげに水の中で魚を狙うアオサギさんの姿がありました。

20160930_長岡天満宮1

2016年9月、同じく京都・長岡天満宮の八条ヶ池。

20160930_長岡天満宮2

微動だにせず、池の魚を狙うアオサギさんでした。

2016年9月、滋賀県近江八幡。

P9300570

2016年9月、愛知県豊橋市、三河湾に面した日本列島公園。

アオサギ_20160929_日本列島公園

こうして自然の水辺で魚を狙う姿こそ、本来の野生のアオサギさんの姿なんでしょうね
気のせいか緊張感も違うような

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆さんも、動物園にお出かけの際は(特にペリカンとアシカのいる動物園では)アオサギさんがいないか探してみてくださいませ。
今回紹介した各地のほか、ここの動物園にもいたよ、という情報がありましたらコメント欄から教えてね~


 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

天王寺動物園〔大阪府大阪市天王寺区〕

PA011151

[PR] 東横イン大阪通天閣前
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。天王寺動物園の入口(新世界ゲート)からなんと歩いて2分。動物園で思いっきり遊んだ後に、すぐにホテルで休めるのは嬉しいですね


訪問日 2016年10月1日

天王寺動物園のHPへ

天王寺動物園への行き方(大阪から)
  • 大阪駅→(地下街を徒歩約3分)→東梅田駅→(地下鉄谷町線で約15分)→天王寺駅
  • 地下鉄の4番または21番出口を上がったところが天王寺公園(てんしば)なので、公園内の案内に従って進んでください。動物園ゲート(てんしばゲート)まで歩いて5分ほどです。

  • JR線や地下鉄御堂筋線の天王寺駅からも近いですが、天王寺公園に直接出られる地下鉄谷町線の利用がおすすめです。

  • 地下鉄御堂筋線・堺筋線に「動物園前」という駅がありますが、動物園ゲート(新世界ゲート)までの行き方がややわかりづらいので、土地勘のある方以外は「天王寺」駅下車がおすすめです。

入園料(2017年5月現在)
 未就学児無料、小中学生200円、大人500円

障がい者減免 あり(本人無料)

天王寺動物園は、上野動物園、京都市動物園に次いで日本で3番めに古い動物園。2015年1月に開園100周年を迎えました。

100周年の年の8月にも天王寺駅まで行ったんですけどね。
そのときはあまりの猛暑に、とても家族で楽しめる状況ではなく、あべのハルカスで涼んで帰ってしまいました

天王寺64

というわけで、改めて天王寺動物園に行ってまいりました。
こちらは西側の新世界ゲート。なかなかおしゃれな入口ですね

ゲートをくぐったところは、左右前方どちらにも行ける広場になっていて、どこからどう回ったら良いかと迷ってしまいます

PA010965

とりあえずは近いところから。
ゲート左の爬虫類生態館「アイファー」に行ってみましょう

外は子供たちの歓声でいっぱいだったのに、アイファーの館内は子供が少なくて、カップルの割合が急に高くなった気がしますが気にせずまいりましょう

PA010968

ミシシッピーワニさん。
コワモテというかハードボイルドというか、見た目からしてオソロシイですよね

PA010988

カミツキガメさん。
ときどき田んぼとか公園とかで見つかってニュースになりますよね。
飼えないからって外に放すのはやめましょうね

天王寺70

ホウシャガメさん。
頑固そうですね~。
見た目だけで言ってますけど

さて、アイファーの次は、アフリカサバンナエリアへ進みましょう。

天王寺24

クロサイさん。
見た目が頑固そうなのは、こちらも負けていません

天王寺38

ライオンさん。
こちらは頑固っていうよりもう、ゆとりの表情ですな
さすがは百獣の王

PA011031

シマウマさん。
この縞模様、よく見ると一頭一頭ちょっとずつ違うんですよね。
じっと見ていると、目が回ってきます。乱視にはつらい...

天王寺76

ジャガーさん。
こっちも乱視の敵だなぁ

天王寺91

トラさんは、どこの動物園に行ってもよく動いていますね。
寝てばかりのライオンさんとは対照的です

天王寺8

ムフロンさん。
こんな重そうなの載っけて、頭痛にならないんですかね

PA011066

オジロワシさん
きりりとして、何というか、そう、獣人の風格ですね

天王寺04

レッサーパンダさん。
リンゴを手にごきげんです

PA011122

遠くを見る目が、どこか望郷の念をさそうような

天王寺23

フンボルトペンギンさん。
昔はペンギンというと、でっかいコウテイペンギンのイメージでしたが、最近はどこの動物園・水族館でもこのフンボルトペンギンがお馴染みになりましたね。

天王寺31 (2)

フタコブラクダさん。
背中のこぶがへにゃっとしていますけど、心配しなくていいのかな?

天王寺46

アシカさんの島に降りてきた野生のアオサギさん。
もう大胆というか、悠然たるもんです。

天王寺37

姫路神戸豊橋多摩秋田井の頭
日本中どこの動物園にも出現、野良アオサギさん。
すっかり「ふぁみとりっぷANNEX」の常連ですね。

ゆっくり見てまわっていたら、最後の楽しみと思っていたコアラ舎にたどり着く前に閉園時間になってしまいました。ま、次に来るときの楽しみに取っておきましょう

都会の真ん中なのに、それを感じさせない動物園でした。
みなさまも是非お出かけくださいませ




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■