ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

レッサーパンダ

京都市動物園 〔京都府京都市左京区〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

京都動物園2

東横イン京都四条烏丸

[PR]
東横イン京都四条烏丸
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。地下鉄四条駅前、市内のどこに行くにも地下鉄・バスが使えてとっても便利。動物園には地下鉄の隣駅「烏丸御池」駅で乗り換えて最寄の「蹴上」駅まで10分ほどです。

東横イン京都琵琶湖大津

[PR]
東横イン京都琵琶湖大津
行楽シーズンなどで京都市内のホテルが満室のときはこちらもおすすめ。もちろんこちらも添い寝なら小学生でも無料のホテルです。
ホテルの目の前を路面電車が走るので、子供たちも大喜びです。
京都市動物園最寄の蹴上駅まで電車で1本、20分ほど。京都市内観光にも便利です。

訪問日 2014年9月25日 
京都市動物園のHPへ

京都駅からの行き方
 京都駅烏丸口(北口)D1バスのりば
  →京都市バス100号系統「清水寺・銀閣寺」行で約30分
  →「岡崎公園・動物園前」下車すぐ
 ※電車の場合、京都市営地下鉄東西線「蹴上(けあげ)」駅から徒歩5分

入園料(2014年9月現在)
 中学生まで無料、高校生以上600円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

今日は子供連れではなくて単独行動。
京都の社寺めぐりのついでに動物園に寄ってみました

京都動物園9

ペンギンさん、毛並つやつやです。

京都動物園8

ゴリラさん、気持ちよさそうに寝ています。
画像を縦横逆にしてみました。座禅しているようにも見えますね

京都動物園7

おさるさん、べしっ!

さてさて、次は「最近こればっかし」

京都動物園6

檻の中を右へ左へ。視線をしっかりこちらに合わせて、威嚇に余念のないトラさんです。

京都動物園5

ライオンさんは寝てたけどね。
・・・またこのパターンですか。 こことか。 こことか。 ・・・ね

京都動物園4

いましたレッサーパンダ君
保育園の遠足の子たちに囲まれて大人気でした。

京都動物園3

レッサー君専用の橋も架かっていて、私たちの頭上で我がもの顔です

京都動物園1

他にもキリンやシマウマなど人気者が揃っていますが、ただいま園内の3分の1ほどが改装工事中で、見られない動物もいたのが残念でした。
「京都の森」など、ここならではのエリアが2015年夏にオープン予定とのことで、またその頃に行ってみたいですね

→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

茶臼山動物園 〔長野県長野市〕

茶臼0

着ぐるみレッサーパンダ

[PR]着ぐるみレッサーパンダ(笑)
価格:3,564円(税込、送料込)

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

訪問日
(1回目) 2014年5月4日


------------------------
東京からの行き方
 東京駅→(新幹線で約1時間40分)→長野駅
 長野駅→(JR信越本線で約12分)→篠ノ井駅
 篠ノ井駅西口から「ZOOぐる」バスで約15分
 「茶臼山動物園南口」下車すぐ
 「ZOOぐる」バスは春~秋の土休日のみ運転です。
 他の時期は篠ノ井駅からタクシーでどうぞ。 
------------------------
入園料(2014年5月現在)
 小学生未満無料、小中学生100円、大人500円
------------------------
障がい者減免 あり(すみません、控え忘れました)
------------------------




山の中腹にある茶臼山動物園は、眺めも抜群です。
篠ノ井駅からのバスは、うねうねと続く山道を登っていきます。
バス停は「動物園北口」と「動物園南口」がありますが、「南口」から入って「北口」から帰るのがおすすめです。
逆方向だと、園内かなりの登り坂になりますよ

さてさて、やってまいりました、茶臼山動物園
ここのイチオシは、なんといっても・・・



「かわいいぃ~」の大合唱。
レッサーパンダ君です~




しっぽだけでもカワイイ



ものおもいにふけるレッサーくん(?)



いきなり立っちゃったりなんかして



もちろん、レッサー君のほかにも人気者たくさんいますよ。
キリンさんとか、島馬さん←変換間違い(笑)シマウマさんとか。



のっし、のっし。増産も←変換間違い(またかよ)ゾウさんもさすがの存在感。

茶臼I

寅さんも←変換間違い(もういいって)トラさんも威嚇に余念がありません。
ライオンさんは寝てたけどね

茶臼J

お猿さんも子供たちに人気。
でも、ここの動物園といえばやっぱり・・・



レッサーくんなんだよねぇ~
レッサーパンダのいる動物園は数あれど、ここは見せ方がすばらしい

茶臼M

最初にも書きましたが、帰りは「北口」から出ましょう。
こちらからバス停にはモノレールで向かいます。
飛鳥山公園のアスカルゴと同じタイプですね



行きも帰りも、バスの本数が少ないので要注意。駅まで気軽に歩いて帰れる距離ではありません。
あらかじめバスの時刻を調べてからお出かけくださいませ



目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

江戸川区自然動物園・行船公園 〔東京都江戸川区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

江戸動08

訪問日:2013年11月16日
------------------------
東京からの行き方
 大手町駅→(地下鉄東西線各駅停車15分)→西葛西駅
  ※東京駅から大手町駅へは、丸の内北口を出て左へ徒歩3分
 西葛西駅から徒歩約15分
  ※駅の改札を出て右→突き当りを左
------------------------
入園無料
------------------------
江戸動01

以前から気になりつつ来る機会のなかった江戸川区自然動物園にやってきました。
ありがたいことに入園無料です

ここにはライオンやトラなどの猛獣や、ゾウやキリンといった大型の動物はいません。
そのかわり、かわいくて親しみやすい動物たちが揃っています。

江戸動03

人気者のレッサーパンダ。
右へ左へ、ただうろうろするだけで「かわいい~」と歓声が上がります
ほんと、ただ歩いてるだけなんですけどね。見ていて飽きないんですよね~

江戸動02

子供たちの人気者といえば、ペンギンも負けてはいません。
けれども、ここの一番人気は、レッサーパンダでもペンギンでもなくて、ちょっと意外な・・・

といっては失礼ですね。

江戸動11

動物総選挙で見事1位となったのは・・・

江戸動05

彼らでした。
立ったり座ったり走り回ったり。愛嬌たっぷりのプレーリードッグ。

彼らからしてみれば警戒しているのでしょうけどね
広報部長、がんばってね。

江戸動04

総選挙? なにそれ。おいしいの

江戸動06

ワラビー。ちょいとのんびりやさんです

江戸動07

シロフクロウ。近くで見ると大迫力

それほど大きな動物園ではありませんので、のんびり見て回っても1時間もあれば十分です。
さ、もうそろそろ帰ろうか、と子供を促して動物園の門から出てくると・・・

江戸動09

目の前に大きなすべり台!
やれやれ、遊ばせずに帰るわけにはいきませんね

江戸動10

裏側はこんな感じ。
みんな、チャレンジャースピリット全開です
大きな子も跳ね飛んでいますから。小さなお子さんを遊ばせるときは目を離さないようにしましょうね。



大きな地図で見る

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

市川市動植物園 〔千葉県市川市〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

市川市動物園01

訪問日
(1回目) 2013年1月20日

------------------------
東京からの行き方
 東京駅→(総武線快速で18分)→市川駅→(総武線各駅停車で2分)本八幡駅
 新宿駅→(都営地下鉄新宿線快速で29分) →本八幡駅
 北口から京成バス「動植物園」行きで30分、終点下車
 ※バスは平日運休。土曜・休日も本数が少ないので要注意!
  本八幡駅バス時刻表
 ※バスの時間が合わないときや平日は、武蔵野線の市川大野駅から
  市川市コミュニティバス(1日4本)を使うか、 こちらのページ
  「市川大野駅から」や「徒歩の場合」を参考に、ハイキング気分で
  歩いてお出かけください。
  (うちの場合、行きは市川大野駅から歩き、帰りはバスを使いました)
------------------------
入園料(2013年1月現在)
 未就学児無料、小中学生100円、大人420円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

市川市動物園06

東京から都県境を越えた隣町、市川市の動物園です。
名前のとおり、植物園も併設されているのですが、雪が残って足元が悪かったので今回は動物園だけを見てきました。

ライオンやトラといった猛獣は、ここには居ません。
小動物が中心の、アットホームな雰囲気の動物園です。

市川市動物園03

この動物園のお目当ては、やはりレッサーパンダですね。
ちょうどタイミングよく、おやつタイムを見ることができました。
りんごをもらって嬉しそうです。

レッサーパンダ、そうですね、10頭ぐらいいるのでしょうか。
次の檻もレッサーパンダ、その次もレッサーパンダ
一番奥までやってきました。茶色い体が見えますが、最後もレッサーパンダ?

市川市動物園05

・・・違った。オランウータンでした。
いやほんと、こういう感じのおじさんっているよね、って

右手に持っているのは白いのはおにぎり・・・ではありませんね。
先週の残雪でした。とっても満足そうに食べていました

市川市動物園02

・・・やってしまう人がいるのでしょうね。
むやみにえさを与えると、動物がお腹をこわしたりするそうです。
食べもののことは飼育員さんに任せて、私たちは見て楽しみましょうね。

市川市動物園04

こちらはお楽しみ、ミニ鉄道の駅です。
1回100円。子供たちの歓声と、ビデオカメラを構える親たちで賑わっていました。
で・・・私も子供と一緒に乗ってきました。



広場をゆっくり1周。のんびり旅気分。
でも、寒かったぁ・・・

市川市動物園07

動物ふれあいコーナー。
みんなとっても楽しそうなのに、うちの子は怖がって入ってきません。
仕方なく写真だけパチリ

市川市動物園09

園内の自然博物館です。
この鉄塔は、カラスの巣作りの展示と解説です。
江戸川放水路の開削事業と、生き物に与えた影響など、この地域の地理や歴史も学べたりして、大人にも見ごたえがある内容でした。子供は外のほうが楽しかったみたいですけどね。

最後はこちら。

市川市動物園08

地域のマスコットキャラクター「大町りこ」だって。
かわいいじゃないの。「り」は「梨」だね。
twitterFacebookもやっているみたい。
ちょっと応援してあげましょうかね。「いいね」ポチっ
 
目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

千葉市動物公園 〔千葉県千葉市若葉区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

千葉市動物公園_02

訪問日
(1回目) 2011年8月6日


------------------------
東京からの行き方
 東京駅→(総武快速線 で約40分)→千葉駅→(千葉都市モノレールで12分)→動物公園駅
------------------------
入園料(2012年8月現在)
 小中学生100円、大人500円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

二本足で立つレッサーパンダの風太くんで、一世を風靡した(ちょっと大袈裟か?)千葉市動物園です。

千葉市動物園4_R 

風太くんと飼育員の濱田さん。心が通じ合っている様子が写真からも見えますよね。
濱田さんの軽妙な語りがとっても楽しくて魅力です。えさやりタイムをチェックして、お聞き逃しの無いように。

でもね。
立てるのは、風太くんだけじゃないんだって。 

こちらは風太くんの子供たち。

千葉市動物公園_05千葉市動物公園_06

なんてお行儀の良い

こちら風太くんファミリー。大家族なんですねぇ。
うちのお兄ちゃんは、家系図を真剣に追っておりました。
確かに結構面白いかも。

千葉市動物公園_01

レッサーパンダだけじゃありませんよ。
カワウソがアピールしております。
彼らの追いかけっこも見ていて飽きません。

千葉市動物公園_10

こちらはビーバー。飼育員さんと仲良し。

千葉市動物園1_R

キリンも近くまで寄ってきて大迫力。
飼育員さんがコビトのようです

千葉市動物園2_R

行ったのが8月の暑い盛り。
広い園内、なかなか体力を消耗しました。
夏に行くなら、午前中がおすすめです。

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る