ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

上野動物園

再開園初日の上野動物園に行ってまいりました

新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大の影響で2020年2月29日から休園していた上野動物園。3か月半後の同年6月12日、再開園のニュースが流れてきました。

再開園日は6月12日。当面、入園者は1日4,000人に制限され、開園の朝10時に入れるのは200人だけとのこと。ネットで受付、しかも先着順。どうせこういうのは受付開始同時に応募が殺到して予約サイトがフリーズし、何十分も経ってつながったときにはもう予約がいっぱい、ってのがいつものパターンなんだよな。まぁ、ダメもとでチャレンジしてみるか…。

受付開始の6月12日、PC前でスタンバイ。朝9時、予約ボタンクリック!
なになに、このまま1分40秒お待ちください?
うん、それぐらいなら待つぞ。
1分40秒後、画面が切り替わったら… あちゃ~エラー画面。
とりあえずリロード!リロード!リロード!リロ…おっ、先へ進んだ?

…あっさり、初日朝イチの枠がとれちゃいましたよ。
嬉しい、っていうより、意外…。

というわけで、6月23日、再開園当日の朝9時55分、上野動物園前。
上野動物園0953_2
開園5分前にのこのこやって来るのは私ぐらいのもので、皆さん既に長い列をつくってスタンバイしています。
腕章を巻いた報道陣もかなりたくさん来ています。今頃、一番乗りの方はインタビューなど受けているのでしょうか。何時から並んでいるんですか、なんてね。

朝10時。
開園時刻を過ぎても、列はちょっとずつしか進みません。
前の方で、申込者の本人確認をしっかりやっているようです。
これをやらないと、最近はネット転売で儲ける人が出てきますからね。
こういう確認、大切です。イライラせずに待ちましょう。

順番が回ってくるまで、10分ぐらい待ったかな。
無事、本人と認められまして、いよいよ入園です。

いつもなら、必ずしも最初にパンダを見に行く必要はないのですが、再開園後しばらくは「必ず最初にパンダを見に行く」ルールになっているそうですので、入園の列がそのままパンダ待ちの列になって続きます。

再び15分ほど並びまして。
シャンシャン、元気でしたよ~。
食後の運動でしょうか。小走りに奥へ行ったり、戻ってきたり。
見ている私たちの列に近づくたびに歓声が上がります。

残念ながら、パンダの写真撮影は禁止。
撮影可能にすると、どうしても撮りやすいポイントに人がかたまってしまいますからね。これだけ活発に動いていると動画とか撮りたくなりますが、今は辛抱しましょう。

撮影禁止といっても、どうせ守らない人が出てきて係の人とバトルになるんだろうな、という予想は見事に外れまして、少なくとも私の前後では誰もそんなルール破りに走る人はいませんでした。皆さんGoodですね~(^o^)/
上野動物園1000_1
ひたすらもぐもぐのリーリーとも再会しまして(シンシンは見えるところに出ていませんでした)名残惜しいですがパンダさんのエリアはこれで終了。
次は、きっとまだガラガラの西園に行ってみましょう。
上野動物園1112_3
やっぱり!
気持ちいいぐらい、誰もいません。
上野動物園02
ここは本当に、あのいつも混んでいる上野動物園なのでしょうか。
上野動物園03
ひとり占めできるうちに、まずはマヌルネコさんに会いに行きましょう!
上野動物園01
うぅ、小獣館、お休みでした…。
屋内展示はまだ当分、難しいですかね。

気を取り直して、屋外の動物たちを見てまいりましょう。
上野動物園1042_1
ケープペンギンさん。
右がボケで、左がツッコミですかね。
ええかげんにせぇ(バシッ)、って感じで(^o^;
上野動物園1125_1
クビワペッカリーさん。
朝寝のお時間ですかね。全く起きる気配がありません。
上野動物園1034_2
バーバリーシープさん。
口もとに笑みが。
お久しぶり、よく来たね、って言ってくれているような。
そんな訳ない?
いいじゃないの、ちょっとぐらい妄想に浸らせてよ。
上野動物園1127_2
コビトカバさん。
こういう表情は初めて見たような。
ちょっと知的な感じもしますね。
上野動物園1037_クロサイのアルゴ
クロサイのアルゴさんのところに、ハトさんが遊びに来ていました。
上野動物園1142_1
動かない鳥、ことハシビロコウさん。
よく「動かない鳥が動いてる~!!」って感動している方をお見掛けしますが、いやいや、ここのハシビロさんは普段から結構動くんですよね。

次は、不忍池の方へ行ってみましょう。
上野動物園1457_1
ワオキツネザルさんと東京スカイツリー。
実はこれ、撮るの結構難しいんですよ。
たまたまこの位置に座ってくれないと、同じフレームに収まらないのです。
今はこの写真(斜め上にスカイツリー)のレイアウトが限界。両者を重ねて撮れるような撮影デッキとか造っていただけると人気が出ると思うんですけどね。
東京動物園協会さん、いかがですか。
上野動物園1054_2
橋を渡って、次はフォッサさん。
丸くなってすやすや。気持ちよさそうです。
さっきから隣のクロシロエリマキキツネザルさんが大声で騒いでいるのですが、微動だにしません。なかなか太い神経のようですな。
上野動物園1107_2
不忍池に浮かぶ離れ小島にはペリカンさん。
かなり遠目にしか見えませんが、れっきとした飼育動物です。おなじ島にいるカワウさんとかコサギさんとかアオサギさんとかは野生ですけどね。
ペリカンさんの島まで、橋もなにも架かっていませんが、餌とかどうやって与えているのでしょう。ちょっと不思議です。

…と思ったら、ちゃんと答えがありました。
決まった時間になると、ペリカンさんが餌をもらうために、自ら対岸のこちら側に来るんですって。
ということは、あそこには囲いなど無くて、ペリカンさんは広い不忍池に放し飼いなんですね。
園路の低いガードレールなど越えて、園内に入ってきたりしないのでしょうか。
ペリカンさんと一緒に園内お散歩とか、楽しそうですけどね。
上野動物園1112_2
オオワシさん。
この緊張感のある姿が大好きです。
上野動物園1120_1
コウノトリさん。
翼を広げると2m近くもある大きな鳥です。
野生復帰が進んでいるそうですが、実際に電柱とかにとまっていたら驚くでしょうね。
上野動物園1424_1
カピバラさん。
だんだん観客が増えてきたせいですかね。小屋の中から出てきません。

さて、屋内展示の爬虫両生類館、アイアイの森、すてっぷ館は、小獣館と同じくお休みですので、西園で見られるところはひととおり見たことになります。東園に戻ってみましょう。
上野動物園1202_1
体重計に乗ったニホンザルさん。
そんなもんですか。意外に軽いんですよね。
上野動物園1301_1
ちなみにニホンザルさん、裏側(ホッキョクグマ方面)から撮ると、こんな感じで「都会のタワマンエリアに迷い込んだサル」的な写真になります。
上野動物園1206_1
プレーリードッグさん。
密です…って、ひとつぐらい時事ネタ入れときましょうかね。
上野動物園1223_1
東園は、西園にも増して、お休みのエリアが多いですね。
こちらはバードハウス。
上野動物園1225_2
トラさんの観察舎も閉鎖中。
他の窓から観ることはできます。
上野動物園1223_2
ゴリラさんの観察舎も同じくお休み。
ゴリラさんはそもそも、バックヤードから一頭も出てきていませんでした。
上野動物園1228_3
代わりにこんな、バックヤードからの中継画像が流れておりました。
このほか「夜の森」「水と氷の回廊」「日本の鳥」といった屋内展示もお休みです。
上野動物園1254_1
マレーグマさん夢の中。
上野動物園1304_2
天を仰ぐカリフォルニアアシカさん。
うん、まだいろいろありますけれども、少々疲れましたのでこのあたりで。
上野動物園1520_1
最後に、西園に現在建設中の「パンダのふるさとゾーン」の様子を、園外から撮ってみましたのでご紹介します。
ブルーシートが目立ちますが、施設自体はかなり出来上がっているようですね。
完成が楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

上野動物園 〔東京都台東区〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ


上野動A


訪問日
(1回目) 2007年12月02日 (2回目) 2008年11月22日 (3回目) 2010年03月20日
(4回目) 2012年12月16日 (5回目) 2013年09月14日 (6回目) 2014年05月18日
(7回目) 2014年11月16日 (8回目) 2014年11月16日 (9回目) 2015年01月03日
(10回目) 2015年02月01日 
※とりあえず記録しているもののみ。他にも何度も行っています。

着ぐるみパンダ

[PR (笑)] 着ぐるみパンダ
価格:3,564円(税込、送料別)

上野動物園のHPへ

東京からの行き方
 東京駅→(JR山手線・京浜東北線で約7分)→上野駅
 公園口改札を出て公園内を道なりに徒歩約5分

入園料(2015年1月現在)
 小学生まで無料、中学生200円、大人600円
 ※東京都内在住・在学の中学生は無料 

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)


やってまいりました上野動物園。
上野といえば動物園、動物園といえば上野ですよね
1882年開園の、日本で一番古い動物園です。


上野動B

そして、上野動物園といえばジャイアントパンダ。
入ってすぐ右にいますので、まずは挨拶していきましょう。
こんなふうに前を向いて笹を食べていればラッキー。
だいたい、寝ていたり後ろ向いてたりするんですよね

上野動C


パンダ舎から出て左に行くと、プレーリードッグくんたちがいっぱい

上野動V

すっかり食べるのに夢中です。プレーリードッグらしい警戒のポーズはどこ行った

上野動G

さて、その先にはサル山が見えてきました。
1931年からある歴史あるサル山だとか。さすが上野動物園

その片隅には体重計が。
サルたちの気分任せで、なかなか乗ってくれないのですが、運よく1枚撮れました。
意外に軽いですね

上野動Q

サル山から坂を下っていくと、うちの次男の一番のお気に入り、ホッキョクグマです

上野動D

陸上でごろ~んとしてみたり。

上野動E

水中にドボ~んと飛び込んでみたり。

上野動F

足の裏がリアルに観察できたり
いろんな方向からホッキョクグマの様子が見られます。

うちの場合、だいたいここに来ると30分ぐらいは飽きずに観ていますね

ホッキョクグマの先にはヒグマやツキノワグマ、マレーグマ。
くまさんシリーズが続きます。



クマの遊ぶ様子は、人間の子供たちの遊びと何だか似ていますね。
姿はどちらかというとおやじ似ですが

上野動H

おやじ似といえばゴリラですね
クマたちの反対側の丘の上にいます。こちらも人気です。
近くにはライオンやトラも。あんまりいい写真が取れなかったので省略~

さて、広い園内、すでにお疲れかもしれませんが、西園も見逃すわけには行きません。
サル山の先から、モノレールに乗っていけば子供たちも大喜び。
でも、歩いても5分ほどですから、混んでいるときは諦めも肝心よ

上野動K

西園からは東京スカイツリーも顔を出します。

上野動L

モノレール西園駅のそば、子ども動物園にはヤギ、ヒツジ、ニワトリなど、さわれる動物がいっぱい。
ヤギさんのえさやり時間を狙って行くと、楽しさも倍増です。
東園ゲート前に時間が掲示されていますので、入園時にチェックしておきましょう。

上野動M

近くで見る黒牛は迫力満点です

上野動N

地味な建物ですが、意外に子供たちのツボにはまるのがこちら、小獣館。

上野動O

小獣館にはミーアキャットやアルマジロ、ネズミカンガルー、ハダカデバネズミ、コウモリなど小さな動物たちがいっぱい。
こちらはケープハイラックス。とぼけた感じの人気者です

上野動R

マヌルネコ。普段は比較的おとなしいやつですが、突然スイッチが入って元気になったりします



小獣館から出てくると、シマウマ、キリン、サイなど大型草食動物たちのエリアです。
かばさんのあくび~

上野動P

その先、西園ゲート近くには両生爬虫類館。
ワニ、トカゲ、ヘビ、カメ、カエル、イモリ、ヤモリなどなど、爬虫類・両生類てんこ盛り

苦手な方もいらっしゃるかとは思いますが、見ごたえありますので頑張って観ていきましょう

上野動U

両生爬虫類館の脇を奥へ進んでいくと「アイアイの住む森」。
ちょっと目立たないところにありますので、見落とさないようにしましょう。

 

アイアイは夜行性。暗~い館内、フラッシュは厳禁です。

さらに進むと、ワオキツネザルたちが遊んでいます。
何匹も重なり合ってだんご状態

上野動T

おっと、忘れちゃいけない、こちらも西園の人気者。
レッサーパンダくんです

上野動S

さてさて、夕方になると動物たちは飼育舎に帰って行きます。
皆さんも歩き疲れた頃かとは思いますが、最後にちょっと寄ってみていただきたいところがあります。

東園、ホッキョクグマのお隣、アシカさんです

上野動I

水の下にある観察アーチ。
昼間は外で遊んでいて、アーチのほうに来ることはほとんどありません。
けれども、夕方になるとアーチのほうにやってきて、5回、10回、20回と、元気にくるくる回り始めます。

上野動J

夕方は隣のホッキョクグマがおうちに帰るので、安心してアーチで遊べるのでしょうかね。
見ている私たちの様子も、アシカたちは十分意識しているようです。
ガラス越しにボールとか見せるとアシカの関心を惹けておもしろいですよ

冬、閉園間際になると、園内は街灯も控えめで、かなり暗くなります。
足元に気をつけてお帰りくださいませ



→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ