ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

夏休み

姫路市立動物園 〔兵庫県姫路市〕


→ 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

姫路0

コンフォートホテル姫路

[PR] コンフォートホテル姫路
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。
ホテル近くの賑やかなみゆき通り商店街をぶらぶらと歩いて抜ければ目の前に姫路城。観光に、動物園訪問に絶好のロケーションです。 

 訪問日 2015年9月24日

姫路市立動物園のHPへ

大阪からの行き方
  • 大阪駅→(JR神戸線新快速で約1時間)→姫路駅
  • 駅北口からまっすぐ姫路城に向かって徒歩約15分。
    動物園は姫路城内にあります。

入園料(2015年10月現在)
 4歳まで無料、5歳~中学生30円、大人200円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

姫路1

さてさて今回は、家族でお出かけではなくて、オヤジ1人の単独行です
世界遺産・姫路城の廓内にある、姫路市立動物園に行ってまいりました。

姫路7

らくだ&姫路城
こんな写真が撮れるのも、ここならではです。

でも、どの角度からとっても、上の電線、下の金柵、左の木、奥の小屋のどれか2つ以上が邪魔になるんですよね。電線を他に移設して、柵をもう少し低くしてくれれば、すばらしい写真が撮れるはずなんですが・・・

姫路市長さん、何とかなりませんか。きっと人気の撮影スポットになりますよ

姫路8

ゾウの姫子さん&姫路城。
こちらも、もう少し並木が低ければ最高のツーショットなのですが

でもまぁ、さすがにこの桜は伐るわけにはいきませんね。
冬になって葉が落ちれば、もう少し見通しがよくなるのでしょうかね

姫路2

こらこら、食器に乗っちゃだめでしょ

姫路3

アオサギさんです。

・・・あれ?

えーと、キミは飼育動物じゃないよね。
どうしてここにいるのかな

姫路4

もうすぐオタリアくんのお昼ごはん。
どうやら、エサを横取りしようと狙っている模様

姫路5

ややこしいことに、この動物園には飼育されているアオサギさんもいます。

自由だけど、エサは自分で獲らなければならないアオサギさんと。
檻の中だけど、エサは時間ごとにもらえるアオサギさんと・・・。

うにゃ~、深く考えるのは止めておこう

姫路6ひなた

愛嬌たっぷりの人気者、レッサーパンダのひなたさんです

姫路9

ホッキョクグマさんは大あくび。
雨の朝、しかも平日。今日は空いているからなぁ・・・

さて、ここまで来たからには天守閣にも登らなきゃね。

姫路A

ぐずついた天気が逆に幸いして、この日は10分並んだだけで天守閣に登ることができました。
見下ろすと、今見てきた動物園がこんなに近くに

まだ具体化には至っていないようですが、いずれはこの動物園、城郭の外に移転することになるようです。姫路城と動物たちのツーショットが楽しめるのも今のうち。今度のお休みにでも、是非家族でお出かけしてみてくださいませ



→ おでかけランキング
→ 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

地質標本館 〔茨城県つくば市〕

ブログネタ
子どもとおでかけ に参加中!

→ 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

地質標本館2

ダイワロイネットホテルつくば

[PR]
ダイワロイネットホテルつくば
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生まで無料のホテルです。つくば駅から徒歩1分、レストラン街のあるショッピングセンターも隣接していてとっても便利。東京からの方も、1泊してゆっくり筑波観光がおすすめですよ。

訪問日 2014年10月13日
 
地質標本館のHPへ

東京からの行き方
休日に行く場合は、まずサイエンスツアーバスの時刻を調べて、その1時間半ぐらい前には秋葉原駅に着くようにしましょう。

秋葉原駅→(つくばエクスプレス線快速で約45分)→つくば駅

つくば駅改札近くの「つくば市総合案内所」か、駅前バスターミナルにある「バスきっぷうりば」でサイエンスツアーバスのきっぷを買ってください。 

つくばセンター(つくば駅前バスターミナル)→(サイエンスツアーバス南回りで15分)→産業技術総合研究所下車すぐ

サイエンスツアーバスについて
土曜・休日は、つくば駅から地図と測量の科学館、サイエンス・スクエアつくば、地質標本館、エキスポセンターなどを効率的に回れるサイエンスツアーバスの利用がおすすめです。1日乗り放題で大人500円、子供250円です。

※平日(サイエンスツアーバス運休日)の行き方
つくばセンター(つくば駅前バスターミナル)→(並木経由荒川沖駅行バスで10分)→並木二丁目下車
または 東京駅八重洲南口→(高速バスつくばセンター・筑波大学行で1時間)→並木二丁目下車
→並木二丁目交差点脇の案内看板に従って徒歩5分
入館無料(2014年10月現在)

地質標本館0

地質標本館。
名前からしてちょっと難しそう・・・と思われるかもしれませんが、大丈夫です。
子供にも楽しめる展示もたくさんありますから、気軽に出かけて見ましょう。

地質標本館1

館内は広くて、展示も盛りだくさん。
帰りのバスの時刻を確かめて、さっと全館回ってから、興味のあるところに絞って回りなおすほうが良いかもしれません。

地質標本館8

岩石標本がいっぱい。
宝石の原石も多くて、目の保養になります

私だったら磨きぬかれた小さな宝石より、こういう原石をでーんと本棚とかに置いとく方が好きだな。どっちにしても買えないけど

地質標本館3

関東地方の断面模型。
説明はちょっと難しめですが、地盤が上下に動くだけでも子供たちは大喜びです

地質標本館9

化石の展示もいっぱい。
1つ1つじっくり見ていくと、あっという間に時間がたってしまうのでご注意を

地質標本館7

他のご家族ですが、私が行ったときには、地学マニアっぽいお兄さん(小学6年ぐらいかな)がお父さんに向かって岩石のことを熱く語っていました。
この展示群を見ていると、その気持ちもよくわかる気がします

地質標本館6

入場無料でこの充実感はなかなかです
隣のサイエンス・スクエアつくばとセットで、休日科学探検に出かけてみてはいかがですか




→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

サイエンス・スクエアつくば 〔茨城県つくば市〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

サイエンス6

ダイワロイネットホテルつくば

[PR]
ダイワロイネットホテルつくば
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生まで無料のホテルです。つくば駅から徒歩1分、レストラン街のあるショッピングセンターも隣接していてとっても便利。東京からの方も、1泊してゆっくり筑波観光がおすすめですよ。

訪問日
(1回目) 2014年10月13日
 

東京からの行き方
休日に行く場合は、まずサイエンスツアーバスの時刻を調べて、その1時間半ぐらい前には秋葉原駅に着くようにしましょう。

秋葉原駅→(つくばエクスプレス線快速で約45分)→つくば駅

つくば駅改札近くの「つくば市総合案内所」か、駅前バスターミナルにある「バスきっぷうりば」でサイエンスツアーバスのきっぷを買ってください。 

つくばセンター(つくば駅前バスターミナル)→(サイエンスツアーバス南回りで15分)→産業技術総合研究所下車すぐ

サイエンスツアーバスについて
土曜・休日は、つくば駅から地図と測量の科学館、サイエンス・スクエアつくば、地質標本館エキスポセンターなどを効率的に回れるサイエンスツアーバスの利用がおすすめです。1日乗り放題で大人500円、子供250円です。

※平日(サイエンスツアーバス運休日)の行き方
つくばセンター(つくば駅前バスターミナル)→(並木経由荒川沖駅行バスで10分)→並木二丁目下車
または 東京駅八重洲南口→(高速バスつくばセンター・筑波大学行で1時間)→並木二丁目下車
→並木二丁目交差点脇の案内看板に従って徒歩5分   

入園無料(2014年10月現在)

サイエンス1

さすがつくば、というところでしょうか。
街中に、大きな研究所がいっぱいです。
サイエンスツアーバスに乗ると、研究所の中にある施設の前まで連れて行ってくれるのでとっても便利

うれしい入場無料。館内に入るとたくさんのロボットが迎えてくれます。

サイエンス2

アザラシ型セラピーロボットのパロちゃん。
医療・介護施設で活躍しているんだって

こういうのを見ていると、ネコ型ロボットの登場もそう遠くないと思ってしまいます

サイエンス5

こちらは・・・ティラノサウルス型ロボットですか。
リアルに動くらしいですが、行ったときは動かなくて残念

サイエンス4

そんななか、ちゃんとありますヒューマノイド系。
親世代からすると、ロボットっていえばこういうのですよね

サイエンス3

光をあてると走る電車
ここの展示のなかではいちばん単純~な感じですが、
うちの次男の一番のお気に入りは結局これでした

すぐ隣に地質標本館があります。
そちらもなかなか見ごたえがありますから、次のサイエンスツアーバスの時刻にも気をつけて回ってくださいね



→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

つくばエキスポセンター 〔茨城県つくば市〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

つくばEXPO3


ダイワロイネットホテルつくば

[PR]
ダイワロイネットホテルつくば
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生まで無料のホテルです。つくば駅から徒歩1分、レストラン街のあるショッピングセンターも隣接していてとっても便利。東京からの方も、1泊してゆっくり筑波観光がおすすめですよ。

訪問日
(1回目) 2009年01月12日
(2回目) 2014年10月13日
 

東京からの行き方
 秋葉原駅→(つくばエクスプレス線快速で約45分)→つくば駅
 → 駅のA2出口横の交番の裏手から公園に入る
 → 公園の奥に見える大きなロケットを目指して徒歩5分ほど

入園料(2014年10月現在)
 3歳まで無料、4歳~高校生210円、大人410円
 ※プラネタリウム別料金 

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

つくばEXPO1

つくばエキスポセンター。
そうそう、1985年の科学万博で行きましたよ。
ここだけメイン会場から離れたサテライト会場だったんですよね。

当時高校生だった私。
メイン会場は今ではすっかり静かな公園ですが、こちらは建物がそのまま残っていて何だか嬉しいですね。

つくばEXPO4

見て、さわって、楽しんで。
親子でたっぷり楽しめる、"正統派科学館" です。
変にデジタル一辺倒の最近の科学館とは、子供たちのはまり方が違います

つくばEXPO9

科学館の定番、プラズマボール。

つくばEXPOA

こちらも定番、たつまき発生装置と、シャボン玉の中に入れる装置。
期待を裏切らない体験遊具の数々

つくばEXPO5

おっと!
新宿の未来科学技術情報館(2007年閉館)にあった、足こぎ発電で電車が走る装置ではないですか!
子供が小さかった頃、毎月のように遊びに行ったのを思い出します。

つくばEXPOB

これも、未来科学技術情報館にあったやつじゃないかな。

つくばEXPOG

このあたりは、確か板橋区立教育科学館でリニューアル前まであった体感展示でしょう。
何だか懐かしいものがいろいろあって、子供が小さかった頃を思い出します

科学館同士、横の連携で展示の入れ替えをしているのですね。

つくばEXPO8

こちらは2階。
1階に比べて展示が多くて落ち着いた雰囲気です。

つくばEXPOC

つくばといえばロボット。
こちらは館内展示ですが、街中でもロボットのテストをしている姿をよく見かけます。

つくばEXPOE

こちらは原子力発電所の体験遊具です。
たぶん、福島の事故前からあるのでしょう。

科学館で原発関係の展示を見ることも少なくなりました。
ここ以外では、三菱みなとみらい技術館が思い当たるぐらいかな。

つくばEXPO6

屋外にも展示があるのですが、中での遊びに夢中な子供たちはほとんど出てきません。
その分、静かですので、子供たちは中で遊ばせておいて、ちょっと外で頭を休めましょうか。

つくばEXPO7

でっかい音叉。
といってもスイッチを入れると、中に仕込まれた音叉の音が出るだけですけどね

つくばEXPOF

まぁとにかく盛りだくさんです。
行ってみる価値十分にあり。自信をもって勧められる科学館です。

東京・秋葉原から、つくばエクスプレス快速でたったの45分。
関東にお住まいのご家族はもちろん、観光で東京に行かれる方も、足を伸ばしてみてはいかがですか。
近隣の科学館めぐりや、筑波山ハイキングも楽しいですよ




おでかけランキング
関東地方のおでかけ情報
 

→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

円山動物園 〔北海道札幌市中央区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

円山9

コンフォートホテル札幌南3西9

[PR]
コンフォートホテル札幌南3西9
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。徒歩7分の地下鉄「西11丁目」駅からは円山公園まで2駅4分ととっても便利。すすきのや大通公園など、札幌市内の名所もお散歩県内です。

訪問日
(1回目) 2014年8月29日

円山動物園のHPへ

------------------------
札幌からの行き方
 さっぽろ駅→(地下鉄南北線で2分)→大通駅→(東西線で6分)→円山公園駅
 円山公園駅からは、円山公園の緑の中をぶらり歩いて15分
 (円山公園駅からバスでも行けます。動物園までバスで8分です) 
------------------------
入園料(2014年9月現在)
 中学生まで無料、高校生以上600円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

本州の猛暑から逃れて家族で北海道へ。
涼しくて快適な夏休みを・・・ と思ったら、やっぱり暑かった札幌

タクシーの運転手さんに聞いたら、「昨日までは涼しかった」だって

円山3

カバさんも暑さのせいか、だら~んとのびております。
ひっくり返った鉄板にしか見えませんが

円山4

チンパンジー君も暑そうです。
風の来る場所を見つけて陣取っているのかな?

円山2

いい場所に日陰を見つけた、という感じのトラさん。
おかげで至近距離から写真が撮れました。

円山1

ライオンさんが寝ているのは、暑くても寒くても一緒。どこでも同じですね

円山B

そんななか、元気だったのがこども動物園の小動物たち。
アヒルさんは遠足の園児たちを追い掛け回して泣かせてしまいました

円山C

警戒に余念のないプレーリードッグ君。
そんな無理な格好で、何を見張っているのでしょうかね。

円山8

シロクマさん。なんだか怒った様子で右へ左へ。
寒いところのクマですが、それだけ元気なら大丈夫でしょう

円山A

お、いたいたレッサー君。

円山6

橋を渡っているところの写真は撮れませんでしたが、屋内にも屋外にも、こんな楽しいレッサーパンダ用のアスレチックがいろいろ。ここだけを目当てに来ても楽しそうです



シベリアグマさんは専用のプールでごきげんです。
水にもぐったり、木片をつかんでみたりかじってみたり、楽しそうですね。
後ろ姿はオヤジっぽいですけど



目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

東山動植物園 〔愛知県名古屋市千種区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

東山1


家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。東山動植物園のある東山公園駅まで地下鉄で15分と便利。名古屋観光の拠点におすすめです


訪問日
(1回目) 2014年7月26日
 昔、私自身が子供の頃にも行ったことがあるはずです・・・ 

東山動植物園のHPへ

------------------------
名古屋からの行き方
 名古屋駅→(地下鉄東山線 で16分)→東山公園駅
 3番出口すぐ
------------------------
入園料(2012年8月現在)
 中学生まで無料、高校生以上500円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

猛暑の中、やってきました東山動物園。
夏の動物園は、結構な覚悟が必要です。
・・・と言いつつ、来てしまうんですよね

さて、とっても広い園内、日陰を探しながら歩きましょうか。

東山3

カバ君、水の中で快適そうです

東山2

暑さのせいか、サイも地面にべったり。
アフリカの動物も、名古屋の暑さはこたえるのでしょうか

東山4

ライオンさん。比較的元気です。
オスは寝てましたけど

東山6

ゾウさんの親子、日陰で涼んでます?
と~っても広い運動場なんですけどね。

映像やパネル展示もあって、ゾウのエリアは充実しています。

東山7

キリンさん、奥のほうに固まっていて、近くに来てくれませんでした
向こうに何か、美味しいものでもあるのかな?

東山5

ワニは、生息環境を再現した屋内展示「自然動物館」の中。
夜行性の小動物や両生類・爬虫類がたくさん見られる自然動物館は、

エアコンがよ~く効いていて涼しい

ので、ついつい長居してしまいます。ふぅ~、生き返ったぁ

東山8

ふたたび炎天下に出てまいりました。
こども動物園のヤギさんたちは元気です。

広~い園内、ようやくここで半分ですが、この先は植物園エリア。
今日はこのあたりで引き返そう。さすがに親子の意見が一致しました。
植物園は、いつか春か秋か涼しい花の季節、次に来るときの楽しみに

帰りは正門ゲート前まで、「スカイビュートレイン」に乗って、楽して帰りましょう。
ここまで歩いてきた園内を上から眺めることができて楽しいですよ





目次に戻る

「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

大阪市立科学館 〔大阪府大阪市北区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

大阪科学5

リーガ中之島イン

[PR]
リーガ中之島イン
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生まで無料のホテルです。地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅前、大阪市立科学館まで徒歩7~8分。大阪観光の拠点にご活用ください。

訪問日
(1回目) 2013年7月21日

→ 大阪市立科学館のHPへ
------------------------
大阪駅からの行き方
 西梅田駅(大阪駅に隣接)→(地下鉄四ツ橋線 で1駅2分)→肥後橋駅
 駅から徒歩7~8分
  3番出口を出て前方へ進み、「土佐堀1東」交差点を右折
  →「筑前橋」を渡ってすぐ右側

 大阪駅からお散歩圏内です(徒歩約20分)。
 道順も難しくないので、こちらの地図を参考にどうぞ。
------------------------
入園料(2014年8月現在)
 中学生まで無料、高校生・大学生300円、大人400円
 (プラネタリウム別料金) 
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者1名無料)
------------------------

大阪科学1

夏、真っ盛り。暑い~
近くに駅はいくつもあるんだけど、どの駅からも微妙に距離があるんですよね~

汗を拭いつつ、大阪市立科学館にやってまいりました。

大阪科学8

よかった、中はちゃんとクーラー効いてる
水を使った涼しげな展示もあって生き返ります

大阪科学6

館内には見て、触って、遊べる展示がいっぱい。
余計なデジタル化などされていない、我が家の理想に近い科学館です

大阪科学3

わくわくがとまりません

大阪科学7

昭和の日用品の数々。
私が子供の頃より、もうちょっと古い品が多いですね。
こうした昔の電気製品も、すっかり科学館の定番になりました。

さて、↓こちらは「核分裂連鎖反応シミュレーション」。なにやら難しそうな名前の装置ですが・・・?



原子核(黄色マーク)に中性子(ピンポン玉)が当たると核分裂が起きて中性子が飛び出し、飛び出した中性子がまた別の原子核に当たって核分裂が起きて中性子が飛び出し、さらにまた別の原子核に当たって・・・という核分裂連鎖反応をわかりやすく理解するためのシミュレーション装置・・・ということらしいのですが、正直、難しいこと考えずに見ているだけで楽しいです。

子供向けの展示のはずなのですが、展示の趣旨とは違うところで、「よし、入れっ!」「あぁっ、外れた!」「今度こそ!」なんて、お父さん、お母さんたちの方が熱くなっています

大阪科学2

出口近くに展示されている「學天則」。
1928年に公開された、日本で初めて作られたロボットだそうです。
本物は現存しないとのことで、これは復元品。うーん残念


目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

遊亀公園附属動物園 〔山梨県甲府市〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

遊亀G

PRIVATESTAY HOTEL たちばな

[PR]
PRIVATESTAY HOTEL たちばな
甲府駅南口すぐ。家族旅行に嬉しいファミリールームもあります。

訪問日
(1回目) 2014年5月5日


------------------------
東京からの行き方
 新宿駅→(特急「あずさ」「かいじ」号で約100分)→甲府駅
 甲府駅南口からバスで10分、遊亀公園下車すぐ
 ・南口のバスターミナル8番乗り場から伊勢町営業所方面
  (系統番号01,02,16,27,64,70,75,76,78)
 ・南口を出て左の陸橋上にある「甲府駅(陸橋)」バス停から伊勢町営業所方面
  (系統番号10,12,14,15 ※17番は遊亀公園を通らないので注意)

 かなりややこしいので、わからなければ南口の案内所で聞くか、
 またはやまなしバスコンシェルジュでお調べください。 
------------------------
入園料(2014年5月現在)
 小学生未満無料、小中学生30円、大人320円
------------------------
障がい者減免 あり(すみません、控え忘れました)
------------------------

遊亀0

遊亀公園は、甲府駅からちょっと離れた公園の中にあります。
開園は大正8年。日本で4番目に古い動物園だとか。
ちなみに、これより古いのは上野動物園、天王寺動物園、京都市動物園だそうです。

まぁ、そんな歴史もあるせいか、どちらかというと「昔ながらの動物園」です。
動物は金網越しに見るのが基本だし、檻もちょっと窮屈そうなのが多いし。

遊亀E

フラミンゴもみんな2本足で立ってるし。ってそれは関係ないか

遊亀H

右へ左へうろうろ。威嚇に余念のないトラさんです。
隣のライオンさんは寝てたけどね

遊亀B

...って、あれ?
この前の茶臼山動物園のときも、同じことを書いたような。
なんだかライオンって、ぐてーっとしているイメージになりつつあります。

こら、しっかりせい、百獣の王。

狭い檻の中では、しっかりしろというのもかわいそうかもしれませんけどね。

遊亀F

お、ここにもいましたねレッサーくん。
最近はレッサーパンダのいる動物園が増えてうれしい限りです。

遊亀A

ふれあいコーナーのヤギさん。
ふれあいが苦手なうちの次男は、ヤギさんをみるとぴゅーっと逃げていきます
かわいいのにねぇ

遊亀C

ちょっと離れて見るのは好きなんですよ。
だから、ここのペンギンは大好き。埼玉県こども動物自然公園のペンギンヒルズは苦手

遊亀D

遊園地も併設されています。
のどかな乗り物ばかりで、幼稚園ぐらいのお子さん向きですね。 


目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

茶臼山動物園 〔長野県長野市〕

茶臼0

着ぐるみレッサーパンダ

[PR]着ぐるみレッサーパンダ(笑)
価格:3,564円(税込、送料込)

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

訪問日
(1回目) 2014年5月4日


------------------------
東京からの行き方
 東京駅→(新幹線で約1時間40分)→長野駅
 長野駅→(JR信越本線で約12分)→篠ノ井駅
 篠ノ井駅西口から「ZOOぐる」バスで約15分
 「茶臼山動物園南口」下車すぐ
 「ZOOぐる」バスは春~秋の土休日のみ運転です。
 他の時期は篠ノ井駅からタクシーでどうぞ。 
------------------------
入園料(2014年5月現在)
 小学生未満無料、小中学生100円、大人500円
------------------------
障がい者減免 あり(すみません、控え忘れました)
------------------------




山の中腹にある茶臼山動物園は、眺めも抜群です。
篠ノ井駅からのバスは、うねうねと続く山道を登っていきます。
バス停は「動物園北口」と「動物園南口」がありますが、「南口」から入って「北口」から帰るのがおすすめです。
逆方向だと、園内かなりの登り坂になりますよ

さてさて、やってまいりました、茶臼山動物園
ここのイチオシは、なんといっても・・・



「かわいいぃ~」の大合唱。
レッサーパンダ君です~




しっぽだけでもカワイイ



ものおもいにふけるレッサーくん(?)



いきなり立っちゃったりなんかして



もちろん、レッサー君のほかにも人気者たくさんいますよ。
キリンさんとか、島馬さん←変換間違い(笑)シマウマさんとか。



のっし、のっし。増産も←変換間違い(またかよ)ゾウさんもさすがの存在感。

茶臼I

寅さんも←変換間違い(もういいって)トラさんも威嚇に余念がありません。
ライオンさんは寝てたけどね

茶臼J

お猿さんも子供たちに人気。
でも、ここの動物園といえばやっぱり・・・



レッサーくんなんだよねぇ~
レッサーパンダのいる動物園は数あれど、ここは見せ方がすばらしい

茶臼M

最初にも書きましたが、帰りは「北口」から出ましょう。
こちらからバス停にはモノレールで向かいます。
飛鳥山公園のアスカルゴと同じタイプですね



行きも帰りも、バスの本数が少ないので要注意。駅まで気軽に歩いて帰れる距離ではありません。
あらかじめバスの時刻を調べてからお出かけくださいませ



目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

※閉館※ 博物館「酢の里」 〔愛知県半田市〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

酢の里_R1



博物館「酢の里」は、リニューアルし「ミツカンミュージアム」として2015年に再オープンしました。詳しくはミツカンミュージアムのホームページでご確認ください。

以下、リニューアル工事前の訪問レポートです。



訪問日 2012年5月4日

博物館「酢の里」のHPへ
たびノート(楽天トラベル)で調べる

------------------------
名古屋からの行き方
 JR名古屋駅→(東海道本線上り 快速で17分)→大府駅→(武豊線で25分)→半田駅
 駅正面の道をまっすぐ、徒歩3分

 ※名古屋から半田へは、名鉄のほうが速くて本数も多くて便利なのですが、
  駅から少し歩くのと(約13分)、歩く道順がややわかりづらいので、
  土地勘のない方はJR利用(上記)が無難です。
  ただし、武豊線は1時間に2本です。時間に余裕を持ってお出かけください。
------------------------
入園無料(2013年4月現在)
※自由入場日を除き要予約 詳しくは「酢の里」ホームページでご確認ください。
------------------------

酢の里_R2

いきなりですが、あなたのお宅のキッチンに、「お酢」、ありますよね。
無いという方、「味ぽん」ならありませんかね。

ミツカンのお酢。
どこで造っているのか、あまり意識したことはありませんでしたが、実は、ここが発祥なのだそうです。

博物館「酢の里」。
ふだんは予約制で、係の方に案内していただくスタイルなのですが、我が家で訪問したときはたまたま「自由見学」の日で、多くの見学者で賑わっていました。「自由見学」の日はホームページで告知されるので、自分のペースで見学したいなら、その日を狙っていくのも良いかもしれません。

酢の里_R4

実際に今でもお酢をつくっている工場に併設された、「日本で唯一」というお酢の博物館です。
昔ながらの製造の様子や、さらにその昔、江戸時代からのさまざまな道具、建物の様子などが展示されています。

酢の里_R5

酢をつくるにはまず米を発酵させて酒をつくり、できた酒に酢酸菌を加えてさらに発酵させるのだそうな。
前半がアルコール発酵、後半が酢酸発酵。ふむふむ。なるほど。
写真は発行の際に、菌が糸状に伸びていくところだそうです。

・・・おっと、しまった。大人の方が展示に熱中して、子供たちがちょっとふくれっ面ではないか。
でも、丁稚奉公から成長していく「三郎」くんの物語など(写真を撮り損ねてしまった。残念!)、子供にも飽きさせない展示が充実していますので、ご安心を。

酢の里_R3

酢による保存技術なくして、すしの発展はなかった、と。
にぎりずしの歴史は、酢の歴史でもあるのですね。

普通の博物館や科学館ではあまり目にすることのない「酢」を学べる博物館。知的好奇心を満たす、「ワンランク上」のお出かけ気分です。お土産もいただいて大満足。ぜひ一度お出かけくださいませ。



目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る