ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

春休み

サイエンス・スクエアつくば 〔茨城県つくば市〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

サイエンス6

ダイワロイネットホテルつくば

[PR]
ダイワロイネットホテルつくば
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生まで無料のホテルです。つくば駅から徒歩1分、レストラン街のあるショッピングセンターも隣接していてとっても便利。東京からの方も、1泊してゆっくり筑波観光がおすすめですよ。

訪問日
(1回目) 2014年10月13日
 

東京からの行き方
休日に行く場合は、まずサイエンスツアーバスの時刻を調べて、その1時間半ぐらい前には秋葉原駅に着くようにしましょう。

秋葉原駅→(つくばエクスプレス線快速で約45分)→つくば駅

つくば駅改札近くの「つくば市総合案内所」か、駅前バスターミナルにある「バスきっぷうりば」でサイエンスツアーバスのきっぷを買ってください。 

つくばセンター(つくば駅前バスターミナル)→(サイエンスツアーバス南回りで15分)→産業技術総合研究所下車すぐ

サイエンスツアーバスについて
土曜・休日は、つくば駅から地図と測量の科学館、サイエンス・スクエアつくば、地質標本館エキスポセンターなどを効率的に回れるサイエンスツアーバスの利用がおすすめです。1日乗り放題で大人500円、子供250円です。

※平日(サイエンスツアーバス運休日)の行き方
つくばセンター(つくば駅前バスターミナル)→(並木経由荒川沖駅行バスで10分)→並木二丁目下車
または 東京駅八重洲南口→(高速バスつくばセンター・筑波大学行で1時間)→並木二丁目下車
→並木二丁目交差点脇の案内看板に従って徒歩5分   

入園無料(2014年10月現在)

サイエンス1

さすがつくば、というところでしょうか。
街中に、大きな研究所がいっぱいです。
サイエンスツアーバスに乗ると、研究所の中にある施設の前まで連れて行ってくれるのでとっても便利

うれしい入場無料。館内に入るとたくさんのロボットが迎えてくれます。

サイエンス2

アザラシ型セラピーロボットのパロちゃん。
医療・介護施設で活躍しているんだって

こういうのを見ていると、ネコ型ロボットの登場もそう遠くないと思ってしまいます

サイエンス5

こちらは・・・ティラノサウルス型ロボットですか。
リアルに動くらしいですが、行ったときは動かなくて残念

サイエンス4

そんななか、ちゃんとありますヒューマノイド系。
親世代からすると、ロボットっていえばこういうのですよね

サイエンス3

光をあてると走る電車
ここの展示のなかではいちばん単純~な感じですが、
うちの次男の一番のお気に入りは結局これでした

すぐ隣に地質標本館があります。
そちらもなかなか見ごたえがありますから、次のサイエンスツアーバスの時刻にも気をつけて回ってくださいね



→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ

円山動物園 〔北海道札幌市中央区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

円山9

コンフォートホテル札幌南3西9

[PR]
コンフォートホテル札幌南3西9
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。徒歩7分の地下鉄「西11丁目」駅からは円山公園まで2駅4分ととっても便利。すすきのや大通公園など、札幌市内の名所もお散歩県内です。

訪問日
(1回目) 2014年8月29日

円山動物園のHPへ

------------------------
札幌からの行き方
 さっぽろ駅→(地下鉄南北線で2分)→大通駅→(東西線で6分)→円山公園駅
 円山公園駅からは、円山公園の緑の中をぶらり歩いて15分
 (円山公園駅からバスでも行けます。動物園までバスで8分です) 
------------------------
入園料(2014年9月現在)
 中学生まで無料、高校生以上600円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

本州の猛暑から逃れて家族で北海道へ。
涼しくて快適な夏休みを・・・ と思ったら、やっぱり暑かった札幌

タクシーの運転手さんに聞いたら、「昨日までは涼しかった」だって

円山3

カバさんも暑さのせいか、だら~んとのびております。
ひっくり返った鉄板にしか見えませんが

円山4

チンパンジー君も暑そうです。
風の来る場所を見つけて陣取っているのかな?

円山2

いい場所に日陰を見つけた、という感じのトラさん。
おかげで至近距離から写真が撮れました。

円山1

ライオンさんが寝ているのは、暑くても寒くても一緒。どこでも同じですね

円山B

そんななか、元気だったのがこども動物園の小動物たち。
アヒルさんは遠足の園児たちを追い掛け回して泣かせてしまいました

円山C

警戒に余念のないプレーリードッグ君。
そんな無理な格好で、何を見張っているのでしょうかね。

円山8

シロクマさん。なんだか怒った様子で右へ左へ。
寒いところのクマですが、それだけ元気なら大丈夫でしょう

円山A

お、いたいたレッサー君。

円山6

橋を渡っているところの写真は撮れませんでしたが、屋内にも屋外にも、こんな楽しいレッサーパンダ用のアスレチックがいろいろ。ここだけを目当てに来ても楽しそうです



シベリアグマさんは専用のプールでごきげんです。
水にもぐったり、木片をつかんでみたりかじってみたり、楽しそうですね。
後ろ姿はオヤジっぽいですけど



目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

東山動植物園 〔愛知県名古屋市千種区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

東山1


家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。東山動植物園のある東山公園駅まで地下鉄で15分と便利。名古屋観光の拠点におすすめです


訪問日
(1回目) 2014年7月26日
 昔、私自身が子供の頃にも行ったことがあるはずです・・・ 

東山動植物園のHPへ

------------------------
名古屋からの行き方
 名古屋駅→(地下鉄東山線 で16分)→東山公園駅
 3番出口すぐ
------------------------
入園料(2012年8月現在)
 中学生まで無料、高校生以上500円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

猛暑の中、やってきました東山動物園。
夏の動物園は、結構な覚悟が必要です。
・・・と言いつつ、来てしまうんですよね

さて、とっても広い園内、日陰を探しながら歩きましょうか。

東山3

カバ君、水の中で快適そうです

東山2

暑さのせいか、サイも地面にべったり。
アフリカの動物も、名古屋の暑さはこたえるのでしょうか

東山4

ライオンさん。比較的元気です。
オスは寝てましたけど

東山6

ゾウさんの親子、日陰で涼んでます?
と~っても広い運動場なんですけどね。

映像やパネル展示もあって、ゾウのエリアは充実しています。

東山7

キリンさん、奥のほうに固まっていて、近くに来てくれませんでした
向こうに何か、美味しいものでもあるのかな?

東山5

ワニは、生息環境を再現した屋内展示「自然動物館」の中。
夜行性の小動物や両生類・爬虫類がたくさん見られる自然動物館は、

エアコンがよ~く効いていて涼しい

ので、ついつい長居してしまいます。ふぅ~、生き返ったぁ

東山8

ふたたび炎天下に出てまいりました。
こども動物園のヤギさんたちは元気です。

広~い園内、ようやくここで半分ですが、この先は植物園エリア。
今日はこのあたりで引き返そう。さすがに親子の意見が一致しました。
植物園は、いつか春か秋か涼しい花の季節、次に来るときの楽しみに

帰りは正門ゲート前まで、「スカイビュートレイン」に乗って、楽して帰りましょう。
ここまで歩いてきた園内を上から眺めることができて楽しいですよ





目次に戻る

「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

大阪市立科学館 〔大阪府大阪市北区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

大阪科学5

リーガ中之島イン

[PR]
リーガ中之島イン
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生まで無料のホテルです。地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅前、大阪市立科学館まで徒歩7~8分。大阪観光の拠点にご活用ください。

訪問日
(1回目) 2013年7月21日

→ 大阪市立科学館のHPへ
------------------------
大阪駅からの行き方
 西梅田駅(大阪駅に隣接)→(地下鉄四ツ橋線 で1駅2分)→肥後橋駅
 駅から徒歩7~8分
  3番出口を出て前方へ進み、「土佐堀1東」交差点を右折
  →「筑前橋」を渡ってすぐ右側

 大阪駅からお散歩圏内です(徒歩約20分)。
 道順も難しくないので、こちらの地図を参考にどうぞ。
------------------------
入園料(2014年8月現在)
 中学生まで無料、高校生・大学生300円、大人400円
 (プラネタリウム別料金) 
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者1名無料)
------------------------

大阪科学1

夏、真っ盛り。暑い~
近くに駅はいくつもあるんだけど、どの駅からも微妙に距離があるんですよね~

汗を拭いつつ、大阪市立科学館にやってまいりました。

大阪科学8

よかった、中はちゃんとクーラー効いてる
水を使った涼しげな展示もあって生き返ります

大阪科学6

館内には見て、触って、遊べる展示がいっぱい。
余計なデジタル化などされていない、我が家の理想に近い科学館です

大阪科学3

わくわくがとまりません

大阪科学7

昭和の日用品の数々。
私が子供の頃より、もうちょっと古い品が多いですね。
こうした昔の電気製品も、すっかり科学館の定番になりました。

さて、↓こちらは「核分裂連鎖反応シミュレーション」。なにやら難しそうな名前の装置ですが・・・?



原子核(黄色マーク)に中性子(ピンポン玉)が当たると核分裂が起きて中性子が飛び出し、飛び出した中性子がまた別の原子核に当たって核分裂が起きて中性子が飛び出し、さらにまた別の原子核に当たって・・・という核分裂連鎖反応をわかりやすく理解するためのシミュレーション装置・・・ということらしいのですが、正直、難しいこと考えずに見ているだけで楽しいです。

子供向けの展示のはずなのですが、展示の趣旨とは違うところで、「よし、入れっ!」「あぁっ、外れた!」「今度こそ!」なんて、お父さん、お母さんたちの方が熱くなっています

大阪科学2

出口近くに展示されている「學天則」。
1928年に公開された、日本で初めて作られたロボットだそうです。
本物は現存しないとのことで、これは復元品。うーん残念


目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

リスーピア 〔東京都江東区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

リスーピア06

訪問日 2012年8月25日など

リスーピアのHPへ
たびノート(楽天トラベル)で調べる

------------------------
東京からの行き方
 新橋駅→(ゆりかもめで約25分)→有明駅
 高架下に見えるバスロータリーの向かい側にある
 「パナソニックセンター東京」ビル内 (徒歩5分ほど)
 または
 新宿駅→(埼京線・りんかい線新木場行きで25分)→国際展示場
 駅を出て左 徒歩2分ほど 
------------------------
入園料(2013年2月現在)
 高校生まで無料、大人500円 ※3階のみ有料。2階は無料
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------
リスーピア02

東京・有明のリスーピア。
科学館あそびの好きなお子さんであれば、100%大喜びでしょう。
お台場に遊びに行くついでに30分ほど、なんて思わないほうがいいです。
間違いなく、「え~~~~~~っ!もっと遊ぶ~~~~」となります。

リスーピア07

2階の「クエストフロア」は入場無料。
平成23年(?)に大改装されて、無料のエリアだけでもたっぷり遊べるようになりました。
右側の情報端末は、一筆書きなど、ちょっと頭をひねって考えるゲームがいろいろ。
すぐに席が埋まって順番待ちの人が並びますので、掲示されている制限時間を守って遊びましょうね。

リスーピア08

窓際には触れて遊べるおもちゃが並んでいます。
どんなのがあるかというと・・・。

リスーピア04

小さな子にはちょっと難しいのもあって、遊んでいるのは専らお父さん、お母さんたちだったりします。
そして、ハマります。ムキになります。
ついつい、子供たちは放ったらかしになります
でも大丈夫。子供たちは他の遊具でいつまででも遊んでいますからね。

リスーピア05

おぉっ。知る人ぞ知る、匹見の木のパズルではありませんかっっ!

私のイチオシはこれ「サイコロ」。
写真は、パズルが解けてサイコロの中の球が取り出せたところ。
へっへーん!と自慢しているつもりなんですが、何がすごいのか写真ではぜんぜんわからないですね
とにかく、行ったらやってみてください。むっずかしいんだから~

[PR] できなくて悔しかった人は、家で続きをやる手もありかと(笑)
サイコロ

サイコロ
価格:5,145円(税込、送料別)


さてさて、先に進みましょう。
こちらも無料エリア内。無料でここまで遊ばせてくれるとは、さすがパナソニックさん

リスーピア01

科学館の定番、ケプラーモーション。
ここのは穴3つで、ちょっとトリッキーな球の動きが楽しめます。
でも、ちょっと発射台が大きすぎて邪魔なんだよね・・・。

リスーピア03

さてさて、2階で満足したかもしれませんが、3階の有料エリアにもまいりましょう。

大変残念なことに、3階は写真撮影禁止。なんで~?
とっても楽しいのに・・・。

というわけで、フロア紹介はリスーピアの公式ホームページにお任せしてしまいます。
ここから先は、リンク先のページと見比べながら読んでいただければと思いますが、中でも人気なのは「ウォーターフライト」、「エネルギーコンバージョンボール」、「素数ホッケー」の3つですね。
この3つは、子供たちが、というより、私の大のお気に入りで、子供たちの列が途切れたときを狙って、いつも熱く遊んでしまいます

はっきり言って、ここの展示、難しいものばかりです。
幼稚園ぐらいの子供が行って、展示物の意図をわかって遊ぶのは、まず無理です。

素数ホッケーなんて、出てくる数字が素数かどうかを一瞬で判断して、素数でないものを打ち返すという、そりゃあ中学に入って素数を習わなきゃ無理だよね、ってなもんです。
大人でも、「359は素数か?」って聞かれても、そんな一瞬ではわからないって

でもね。わかんなくても楽しいんです。
数字をたたくと、999が3と333に割れて。
座標上の点に合わせて放物線を描いたりして。
ボールの弾む方向を予測して障害物を置いたりして。

理科、数学が好きな子を育てる。狙いどおりの展示に乗せられてみるのも楽しいですよ。
お台場に遊びに行くときには、是非足をのばしてみてくださいませ。



目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る

トヨタ産業技術記念館 〔愛知県名古屋市西区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

産業技術記念館_R5

訪問日・・・記録に残っていませんが、他にも何回か行っているはずです。
(1回目) 2007年8月9日
(2回目) 2012年5月3日


------------------------
名古屋からの行き方
 〔早い方法〕
  名鉄名古屋駅→(名鉄本線・犬山線で約2分)→栄生(さこう)駅
  ※栄生駅は急行停車。特急・快速急行は通過
   栄生駅から線路沿いに名古屋駅方面に戻るように徒歩約3分 
 〔楽な方法〕
  名古屋駅桜通口の8番バス乗り場から
  名古屋観光ルートバス「メーグル」で約8分
  「産業技術記念館」下車 敷地内に停まるので便利
 〔安い方法〕
  名古屋駅桜通口を出て左へまっすぐ徒歩20分
  進行方向右側にあります。
  「メーグル」は30分に1本なので、待つ場合は歩いてしまってもいいかも
------------------------
入園料(2012年8月現在)
 小学生200円、中高生300円、大人500円
------------------------
障がい者減免 あり(本人・介護者無料)
------------------------

自動織機に始まり、クルマで世界を席捲したトヨタグループの技術の歩みが学べる展示館。
そう言うと固い感じですが、子供がさわって楽しめる展示もたくさんあって、我が家では名古屋に行ったときに遊びに行く定番です。

産業技術記念館_R6

まず最初は、自動織機の展示室です。

産業革命の頃の復元機器から、コンピューターを駆使した最新の機器まで。
大正時代に建てられた工場をそのまま使っているという広いフロアに、どれだけ見ればいいんだと目移りするほどたくさんの紡績・織物の機械が並んでいます。

産業技術記念館_R7

こちらは明治時代の「ガラ紡」。
ハンドルを回すと、ガラガラを音を立てて綿糸が紡がれていきます。

回すたびに、目の前で綿の入ったポットから糸ができて、次々に上のボビンに巻き上げられていくので、大人も子供たちも興味津々です。

産業技術記念館_R8

あと、写真が無くて残念なのですが、「ケイの飛び杼(とびひ)」とか記憶にありませんか?

中学だか高校だかの世界史の授業で、「産業革命を代表する技術」と習ったものの、どんな形でどんな働きをするのか、何がすごいのか、全くわからないままに丸暗記した「とびひ」。

ここにはその「飛び杼」の機械(復元)があって、実際にその動きの実演が見られるのです。
なんだか感動してしまったのだけれど、あぁ~、その感動がうまく伝えられないのがもどかしい


自動織機の展示室を抜けると、金属加工の実演コーナー、そして自動車の展示室へと続きます。

産業技術記念館_R9

自動車の展示室には、ミニカーが作れる工作コーナーなどもあって、車の好きな子供たちは広い館内を楽しく走り回っていますが、うちの場合はそろそろ次のコーナーが気になり始めて、自動車の展示室はいつも早足で通り過ぎてしまいます。

で、お目当ては、その先にある「テクノランド」。
動力のしくみなどが手で、足で、目で楽しめる、まさにうちの子供たち好みの科学館です。

産業技術記念館_R1
産業技術記念館_R2
産業技術記念館_R3
産業技術記念館_R4

長男に言わせると、「改装前のほうが楽しかった」って。
確かに、以前は実際に動かす楽しみが多かったのが、ちょっとテレビゲームっぽいのが増えたかなぁ。
でも、今の新しい展示も、子供たちの歓声に包まれています。

大人と子供、両方の知的好奇心を満たす、楽しい博物館です。
見学時間は少なくとも2時間は見ておきましょう。うちの場合は半日ここで遊べます

名古屋駅から近いのがありがたいですね。
近くのノリタケの森などと組み合わせて、お出かけの計画に入れてみてはいかがでしょうか。 

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る