ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

東京都

紙の博物館(東京都北区)ぐるっとパス「全部回ろう」その13(4日目ー1)

ご案内
ぐるっとパス「全部回ろう」ふぁみとりっぷ5号館で連載中のレポートですが、この「紙の博物館」はファミリーでのお出かけにおすすめの博物館ですので、こちら「ふぁみとりっぷANNEX」に出張して紹介させていただきます。5号館にも是非遊びに来てね

前の見学先国立映画アーカイブ
次の見学先北区飛鳥山博物館


紙の博物館への行き方

  • 東京駅→(JR京浜東北線快速で16分)→王子駅
  • 王子駅「南口」を出て、目の前の跨線橋を渡ったところの階段を上ると公園があります。紙の博物館はその奥左手です(紙の博物館へのルートは、上の地図か紙の博物館のWebサイトの案内を参照してください)。
  • 紙の博物館は、北区飛鳥山博物館のお隣です。
→ 紙の博物館のHPへ

入園料(2018年7月現在)
 未就学児無料、小学生~高校生100円、大人300円
障がい者減免 あり(本人・介助者無料)

■ぐるっとパス2018「全部回ろう」目次へ■

■ふぁみとりっぷANNEX「おでかけレポート」目次へ■


ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
4日目(2018年7月13日)の訪問先

3日目(2018年7月6日)に戻る
5日目(2018年7月16日)に進む


「東京・ミュージアムぐるっとパス2018」で入れる施設を、2か月の有効期間の間に(休館の施設を除いて)全部回ろうチャレンジ。
今日は北区の王子にやってまいりました。
飛鳥山公園1506-03
都電荒川線がとことこ走っています。
路面電車といいますが、荒川線が道路の上を走っているのはここ「王子駅前~飛鳥山」の1駅間だけなんですよね。
お子さん連れなら、荒川線に乗っていけばきっと喜ぶと思いますよ。

さて、紙の博物館があるのは、王子駅すぐ目の前の「飛鳥山」の上です。

飛鳥山は、山とはいいますが最寄りの王子駅から見て標高差20mほど。
にもかかわらず、なんと...
飛鳥山公園1505-03
登山鉄道があります
その名は「アスカルゴ」。
正確にいうと、鉄道ではなくてスロープカーというんだそうです。

特別に見晴らしが良い訳ではありませんが、乗ればちょっとした旅気分です。
乗車は無料です。目指す紙の博物館は山の上。JR王子駅「中央口」改札を出てすぐ左に乗り場がありますから、折角ですから乗ってまいりましょう。

ただ、休日は何十分も並ぶこともありますから、そういうときは気持ちを切り替えて階段を上りましょう。3分もあれば山の上まで歩いて行けます。
紙の博物館1359-02
アスカルゴの頂上駅?から園路を道なりに5分も歩けば、紙の博物館に到着です。
ちなみにすぐ左隣は、次に行く北区飛鳥山博物館です。
紙の博物館1311-01
館内に入ると、大きな凧に描かれた歌舞伎役者さんがお出迎え。
新潟県で300年前から続く白根大凧合戦で使われた凧だそうです。
紙の博物館1312-01
1~2階は紙の製造工程や、さまざまな用途などが解説されているお勉強スペース。
1階が大人向け、2階が子供向けという感じですね。
紙の博物館1321-02陶紙
焼き物に使われる陶土を漉き込んだ「陶紙」を折って焼くと、陶器の折り鶴のできあがり。
これやってみたい~
風船とか兜とか、いろいろ作ってみると楽しそうですね

さて、3階に上がってみましょう。
こちらは紙の歴史と、さまざまな文化財の展示コーナーです。
紙の博物館1333-01
今から1200年以上前、西暦770年に印刷された「百万塔陀羅尼」。
当時の称徳天皇が鎮護国家のために作らせたもので、印刷された年代が明確になっているものの中では世界最古なのだとか。
海外にはこれより古いことが明らかなものもあるそうですが、そういうのはいつ印刷されたか記録が残っていないんだって

印刷された枚数はなんと100万枚。
1枚20秒、1日10時間刷ったとして1年半以上ですか。
輪転機とかない当時としては、途方もない仕事だったのではないでしょうか。
今でも法隆寺などに4万枚以上残っているそうです。

ボランティアさんの話によると、印刷博物館にも展示されているんだって。
あとで行ってみよう
紙の博物館1343-02
こちらは和紙の製造工程で使われた「叩き棒」
煮てやわらかくした楮(こうぞ)や三椏(みつまた)を、叩いて繊維をバラバラにするために使われたものだそうです。
繊維を1本1本バラバラにするって、理屈としてはわかりますが、かなりの力仕事だったでしょうね。
紙の博物館1345-02
和紙で作られた着物です。
古いものではなくて現代工芸なんですね。

左は薄い和紙そのもの。
右は紙で作ったこよりを糸として使った織物で、洗濯もできるのだとか。
意外に丈夫なんですね。
紙の博物館1328-01
パピルスの花の書かれたパピルス。ややこしい
あ、パピルスは古代エジプトで使われた紙の原料です。ご存知ですよね。
英語のPaperの語源もパピルスですね。

紙の博物館、なかなか見ごたえがありました。
「全部回ろう」が目的になってしまって、ちょっと駆け足になってしまったのが残念ですが、また機会を見てゆっくり再訪したいですね。

ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
前の見学先国立映画アーカイブ
次の見学先北区飛鳥山博物館

北区飛鳥山博物館(東京都北区)ぐるっとパス「全部回ろう」その14(4日目ー2)

ご案内
ぐるっとパス「全部回ろう」ふぁみとりっぷ5号館で連載中のレポートですが、この「北区飛鳥山博物館」はファミリーでのお出かけにおすすめの博物館ですので、こちら「ふぁみとりっぷANNEX」に出張して紹介させていただきます。5号館にも是非遊びに来てね

前の見学先紙の博物館
次の見学先東洋文庫ミュージアム


北区飛鳥山博物館への行き方

  • 東京駅→(JR京浜東北線快速で16分)→王子駅
  • 王子駅「南口」を出て、目の前の跨線橋を渡ったところの階段を上ると公園があります。北区飛鳥山博物館はその奥左手です(北区飛鳥山博物館へのルートは、上の地図か北区飛鳥山博物館のWebサイトの案内を参照してください)。
  • 北区飛鳥山博物館は、紙の博物館のお隣です。
→ 北区飛鳥山博物館のHPへ

入園料(2018年7月現在)
 未就学児無料、小学生~高校生100円、大人300円
障がい者減免 あり(本人・介助者無料)

■ぐるっとパス2018「全部回ろう」目次へ■

■ふぁみとりっぷANNEX「おでかけレポート」目次へ■


ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
4日目(2018年7月13日)の訪問先

3日目(2018年7月6日)に戻る
5日目(2018年7月16日)に進む


「東京・ミュージアムぐるっとパス2018」で入れる施設を、2か月の有効期間の間に(休館の施設を除いて)全部回ろうチャレンジ。
次は、北区飛鳥山博物館にまいります。
北区博物館1453-01
紙の博物館の玄関を出て左に50歩。
もう北区飛鳥山博物館に到着です。
コン吉さん(一男一女のパパなんだって)が出迎えてくれます
北区博物館1403-01
地下1階が展示室になっています。
館内の撮影には許可が必要ですが、1枚許可願を書くだけで、理由も「ブログ掲載のため」で簡単に許可いただけました

まずは、有史以前の北区エリアの様子から。
北区博物館1407-01
京浜東北線から車窓を眺めていると、王子駅の前後はしばらく崖の下を走っていることがわかります。
飛鳥山公園はこの崖の上。6千年前にはちょうどこの電車が走っているあたりが海岸線だったのですね。
今はもう、海は遠く離れて見ることができませんが。

河川争奪って初めて聞く言葉で、戦国時代の水争いの話かと思ったら自然現象なんですね。
海や川による浸食が進んで分水嶺を突き破り、流路が変わってしまう現象だそうで、今は荒川に流れ込んでいる石神井川が昔は不忍池に向かっていたのだそうです。
え?でも石神井川から上野方面って結構な上り坂だよね・・・って、飛鳥山の今の地形に馴染んだ私には俄かには信じがたいですが、今は住宅やビルが密集するこの東京の地形も、自然のパワーで大きく形を変えてきたのですね。
北区博物館1408-01
区内の中里貝塚の剥ぎ取り標本です。
これ全部貝殻ですか。なんだか圧倒されますね。
最大で厚さ4.5mにもなるとか。

中里貝塚はJR尾久駅の南、新幹線と東北本線に挟まれたあたりにあります。
地図を改めてみると、新幹線が走っているあたりが昔の海岸線だったのですから、北区の東側半分は海の中ということになります。
さらに南に下って、浅草とか本所とか深川とか、後世の江戸の下町あたりはみんな海だったのですね。
それが何億年も昔の話ではなく、既に人間が住んでいた時代の話というから不思議です。
北区博物館1440-02
いきなり近代に飛びますが、昔は海だった低い土地、しかも大河川の河口近くにあるということで、この地域は度々の洪水に見舞われてきました。
こちらは1910年に起きた「明治43年の大水害」の様子です。

現在の、赤羽から葛西へと流れ下る荒川は、この水害のあとに造られた人工の河川で、大工事の末に20年後の1930年に完成したものです。治水対策が進み、その後はこのような大水害は起きておらず、普段意識する機会も少ないですが、隅田川・荒川流域の水害への脆弱性は繰り返し指摘されてきました。かつて水害に見舞われてきた地域であるということは、この地域に暮らす我々は十分に認識し、備えておく必要がありますね。
北区博物館1418-02
さて、時代を遡りまして、こちらは弥生時代の住居の様子。
どうやらここは食べものも豊富にある、豊かな村のようです。
入口の向こうにあるディスプレイ画面には静かな外の様子が映し出されているのですが、ここは軽く通り過ぎずにちょっと待ってみましょう。

やがてドロボウさんが忍び込んできて、村の男たちとひと騒動起こります。
貧富の差が生まれた時代、こうした争いも日常の風景だったのでしょうね。
北区博物館1420-01
時代は下りまして江戸期。
民家の様子が再現され、数々の民具も展示されています。
北区博物館1427-07
こちらには、徳川家光が鷹狩りで訪れた、飛鳥山の北にある金輪寺の御座所(将軍の休息所)が復元されています。
江戸の行楽地として賑わった飛鳥山は玉子焼きが名物だったそうで、玉子焼きを押すと江戸の風景が流れるというこの趣向。
玉子焼きがスイッチになっているって、最初気がつきませんでしたよ
北区博物館1446-03
区立の歴史系の博物館は他にもいくつか行きましたが、満足度はここが抜群ですね。
小学校高学年ぐらいの、夏休みの自由研究の題材探しにもおすすめです。
是非お出かけ下さいませ
北区博物館1454-01
飛鳥山公園には、紙の博物館、北区飛鳥山博物館、渋沢史料館の3つの博物館が並んで建っていますが、ぐるっとパス2018にはなぜか紙の博物館、北区飛鳥山博物館の2つしか入館券がついていません。渋沢史料館には以前行ったことがあるので、今回はパス。次は本駒込の東洋文庫ミュージアムに向かいます。

ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
前の見学先紙の博物館
次の見学先東洋文庫ミュージアム

国立映画アーカイブ(東京都中央区) ぐるっとパス「全部回ろう」3日目ー3 

ご案内
「ぐるっとパス『全部回ろう』」ふぁみとりっぷ5号館で連載中のレポートですが、この「国立映画アーカイブ」はファミリーでのお出かけにおすすめの博物館ですので、こちら「ふぁみとりっぷANNEX」に出張して紹介させていただきます。5号館にも是非遊びに来てくださいませ

前の見学先三井記念美術館
次の見学先紙の博物館


国立映画アーカイブへの行き方

  • 東京駅八重洲口を出て、ロータリー向かいの道(外堀通り)を右へ
    →300m先「鍛冶橋」交差点を左折
    →400m先の右側です(東京駅から徒歩10分ほどです)。
  • 最寄駅は地下鉄銀座線「京橋駅」で、2番出口から徒歩1分です(国立映画アーカイブへのルートは、上の地図か国立映画アーカイブのWebサイトの案内を参照してください)。

入園料(2018年7月現在)
 高校生まで無料、大学生130円、大人250円
障がい者減免 あり(本人・介助者無料)

■ぐるっとパス2018「全部回ろう」目次へ■

■ふぁみとりっぷANNEX「おでかけレポート」目次へ■


ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
3日目(2018年7月11日)の訪問先

2日目(2018年7月6日)に戻る
4日目(2018年7月13日)へ進む


「東京・ミュージアムぐるっとパス2018」で入れる施設を、2か月の有効期間の間に(休館の施設を除いて)全部回ろうチャレンジ。
今日最後は、京橋の「国立映画アーカイブ」です。
DCF00014
1階は所蔵映画フィルム等を上映する企画の受付になっていて、こちらは「ぐるっとパス」では見られませんので、エレベーターで7階の展示室に向かいます。
DCF00008
明治期に映画が日本に入ってきて以来、現代にいたるまでの機材やポスターなどの資料が所狭しと並べられています。
DCF00009
映画産業・映画会社の盛衰に、往年の映画人や大スターの紹介もいっぱい。
こちらは戦前~戦後の映画界を代表する女優、田中絹代さん。

「人生のお荷物」は、1935年の映画。
現代感覚では、ヒットしそうもないタイトルですが
ポスターにも時代が現れていて面白いですね。
「ーキート竹松」とか。右から読むんですよ。大丈夫ですね
トーキーは「音声付き映画」。わざわざ断らなくても今では音声付が当たり前ですが、これはまだ無声映画を卒業してそれほど経っていない頃の映画なのですね。

後半は企画展会場。
現在は「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」(2018年9月23日まで)を開催中です。

黒沢作品が世界各国で上映された際の、予告宣伝ポスターの展示です。
さすがは世界の黒沢、ポスターも世界中、各国語でさまざま制作されています。
DCF00007
同じ「7人の侍」でも、国ごとに意匠を凝らして作られていて、そこにその国の「日本」に対する見方も透けて見えたりして、なかなか興味深いです。
大半が撮影禁止ですが、撮影OKのものも少しだけありました。上の画像はドイツのものですね。

それほど広い展示スペースではありませんが、映像資料も含めてじっくり見れば半日ぐらいかかりそうな、全体に密度の濃い展示です。今回は見ませんでしたが、上映会(有料)も面白そうな企画が様々実施されていますので、上映会と展示室見学セットでお出かけになってみてはいかがでしょうか

ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
前の見学先三井記念美術館
次の見学先紙の博物館

板橋区立こども動物園 〔東京都板橋区〕


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

板橋本園2

板橋区立こども動物園は、2018年7月から2020年夏まで長期休園中です。2019年春に訪れたところ、リニューアル工事の真っ只中でした。新しい動物園のオープンを楽しみに待つことにしましょう

板橋区立こども動物園のHPへ

板橋区立こども動物園への行き方-東京(巣鴨)から
※巣鴨へは山手線で東京から20分、新宿から13分
  • 巣鴨駅→(都営三田線 西高島平行きで6分)→板橋区役所前駅 
  • 板橋区役所前駅のA1出口を(階段ではなく)エレベーターで地上へ
    → 目の前の「こども動物園」への案内板の示す方向へ
    → 300m先、読売新聞販売所の角を左(案内板あり)
    → 150m先、右側が動物園入口(案内板あり)

入園無料(2017年4月現在)

板橋本園5

板橋区役所前の駅から、住宅地の道を北東へ歩いて10分弱。
あれ、この道でよかったかな、といつも思うのですが、なんとなく迷っているうちに動物園にたどり着く、というのがいつものパターンです。たよりなくて申し訳ない

板橋本園0

ヤギさんたち、なぜかベンチに興味津々。
この小さな動物園では、彼らが主役級です

板橋本園2

動物園というより、なんだか幼稚園の園庭のような。
ほのぼのとした雰囲気です

板橋本園6

モルモットさん。
抱っこ体験もできますよ

板橋本園7

ウサギさん。
ちょっとおつかれですかね

板橋本園3

ポニーさん。
乗馬体験も無料なのは嬉しいですね(3歳~小学6年生まで)。
馬車に乗れる日もありますので(実施日はこども動物園のwebサイトでご確認ください)、馬に直接乗るのが苦手なお子さんは試してみてはいかがでしょうか。

板橋本園9

園内の池では、鯉がのんびりと泳いでいます。

DSC_0299

とても小さな動物園ですから、ただ見てまわるだけなら10分で終わってしまいます
折角のふれあい中心の動物園ですから、ヤギさんと遊び、モルモットさんを抱っこして、ポニーにも乗って、ゆっくり楽しんでいってくださいませ




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■