ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

足立区

足立区生物園 〔東京都足立区〕



■目次&地図■ 

■ふぁみとりっぷ本館へ■



生物園015

訪問日 2017年7月17日

足立区生物園のHPへ

足立区生物園への行き方(東京から)
  • 東京駅→(東京上野ライン常磐線で約20分)→北千住駅→(東武スカイツリーライン普通電車で約10分)→竹ノ塚駅
  • 竹ノ塚駅東口正面の道を真っすぐ徒歩約20分、左側の「元渕江公園」の中

入園料(2017年7月現在)
 未就学児無料、小中学生150円、大人300円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

生物園003

足立区生物園に行ってまいりました。

東京都内とはいえ、私の住む西側(練馬区)からは何度も乗り換えなければ行けないので、これまでなかなか足が向かなかったのですが、思いがけず(ごめんなさい)見ごたえのある園で、これならもっと早くに行っておけばよかった~と思った次第です

生物園007

館内に入ると、ステンドグラスの蝶がお出迎え。

生物園008

正面には金魚の大水槽。涼やかですね~
暑いなか、ふぅふぅ言いながら駅から歩いてきましたので、汗がおさまるまでここで小休止です

生物園238

のんびり、ゆらゆら、ニシキアナゴさん。


カメラの気配を感じるのか、砂のなかにすぐ引っ込んでしまうので、美しい縞模様を撮るのに少し苦労しました。
大丈夫だから出ておいで~

世間的に人気なチンアナゴさんよりも、縞模様がきれいなニシキアナゴさんの方が私的にはお気に入りです

生物園069

「高原の世界」コーナーのチンチラさん。
丸っこく愛らしく、ぴょんぴょん跳ねる姿が大人気です。

生物園098

クーラーの効いた展示室を出て、次は、大温室に行ってみましょう。
うぅ・・・やっぱりこっちは暑い

生物園084

でっかいアロワナさんがゆらゆらと泳いでいます。
同じ水槽には、世界最大の淡水魚として有名なピラルクさんもいます

生物園110

大温室の中には蝶がいっぱい
しばし暑さを忘れて見とれてしまいます

生物園175

温室を抜け、2階のデッキに出ると、そこはバタフライガーデン。
さっきは飼育されている蝶でしたが、こちらは自然の蝶を呼ぶ庭なのですね。

この日は蝶の姿は見られませんでした。残念

生物園159

見下ろすと動物たちのゾーンです。
カメさんがお食事中のようですね。
行ってみましょう。

生物園222

もぐ、もぐ、もぐ、もぐ。
ひたすら野菜を食べまくります。

いいな~ボクにもちょうだい、って、お馬さんが覗いています

生物園186

お隣にはヤギの子供。
エサを持っている人を一瞬で見分けて、クレクレ全開です

生物園191

先へ進むとオーストラリアドーム。
カンガルーさんたちがのんびり過ごしています。

ここでもエサをやることができます。
上からおいしいものが降ってくるので、デッキの下で待ち構えていますね

生物園233

ドームから外に出ると、思いがけず深山の趣です

生物園204

一番奥にあるのが昆虫ドーム。
ただの植え込みに見えますが、中をよく見ると虫たちの楽園になっています

生物園266

おぉ立派なカブトムシですね
通路に出てきてうろうろしているやつもいますので、踏まないように気を付けましょう


以上で園内ひとまわりですが、楽しくてついつい3周ぐらいしてしまいましたよ
それほど大きな施設ではありませんが、馬やカンガルーなどの大きな動物から小さなお魚や昆虫まで、充実した展示で見ごたえがありました。

子供だけでなく、大人にも楽しめる生物園。皆さまも是非いちどお出かけくださいませ






 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします


■目次&地図■

■ふぁみとりっぷ本館へ■

舎人公園 浮球の池 〔東京都足立区〕

目次に戻る
ふぁみとりっぷ本館へ

浮球の池5_R

訪問日
(1回目) 2010年8月22日

------------------------
東京からの行き方
 日暮里駅→(日暮里・舎人ライナーで16分)→舎人公園駅
 駅から公園内を散歩して10分ほど
------------------------
入場無料(夏休み期間のみ営業)
------------------------
〔注意〕小学3年生以下のこどもたち専用の遊び場です。
------------------------
 
浮球の池1_R

普段は静かな舎人公園ですが、夏の間、この一角だけは子供たちの歓声が何層にも重なって響いています。
浮球の池。「うきゅうのいけ」と読むんだって。

一言で表現すれば、超ハイパーじゃぶじゃぶ池、とでも言いましょうか。

浮球の池6_R

築山の上から、豪快にすべり下ります。

浮球の池7_R

お昼過ぎの一番暑い時間帯は、炎天下に並ぶのを覚悟。
何度も滑るなら、早めの時間がいいですよ。

浮球の池3_R

これは ・・・ 何のオブジェでしょう ・・・ めがね? ヘビ?

浮球の池4_R

正直、親も水に入っていないと、暑くてやってられません。
若干の木かげはありますが、そこに入って休むには早い者勝ち。
昼過ぎからのこのこやってきたのでは、休む場所取りに苦労するかも。

浮球の池2_R

夕方は4時で終了。ええっ、もう?って感じですが。
暑いなか、子供たちを誘導してくれた職員さん(ボランティアさん?)に感謝です。

1度滑って帰る、というのはお子さんも納得しないでしょう。
ちょっと遊ばせるつもりが、あっという間に2~3時間が経ってしまいます。
お父さん、お母さんは、くれぐれも暑さ対策を万全に。

目次に戻る
「ふぁみとりっぷ」本館に戻る