ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

遠足

日本民家園 〔神奈川県川崎市多摩区〕


■目次&地図■

■ふぁみとりっぷ本館へ■


民家園5

訪問日 2014年9月7日
日本民家園のHPへ

日本民家園への行き方(東京から)
  • 新宿駅→(小田急線急行で約25分)→向ヶ丘遊園駅
  • 駅南口から正面の道を徒歩15分

入園料(2018年 1月現在)
 中学生まで無料、高校生・大学生300円、大人500円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

民家園1

日本民家園は、東日本を中心にした日本全国から移築・復元された、江戸時代から昭和初期にかけての古民家が展示されている野外博物館です。

民家園B

まずはゲートを入ったところの展示室で予習してまいりましょう。
小さなお子さんにはちょっと難しいですけどね。

民家園9

展示室を出て、園内に一歩入れば、本物の昔の街並みに迷い込んだような雰囲気です

民家園4

中に入れる建物もたくさんあります。
上がってお茶でも飲みたくなるところですが、さすがに飲食禁止なのでちょっと残念。でも貴重な文化財ですから仕方ないですね。

民家園2

一軒ずつ、丁寧な解説がついていますから大丈夫。
子供にもちゃんと説明できますね

民家園3

迷路のような、ちょっとかくれんぼがしたくなるような魅惑の物陰がいっぱいです

民家園7

奥に見えるのは「江向家住宅」、越中五箇山の合掌造の民家だそうです。
同じ日本の民家でも、合掌造の家はなんだかちょっと別格な感じです。
でもお手入れが大変そう

民家園8

大きな水車。
粉挽き、米つき、わら打ちに使われていたんだって~って都会の子供に言っても通じないですよね。
説明にもひと苦労です

民家園A

展示されている建物は全部で25軒。
丁寧に見てまわると半日近くかかります。
これほど見ごたえがあるとは予想していませんでした。おみそれしました

のんびり歩いて30分弱のところに
藤子・F・不二雄ミュージアムがあります。
昔の暮らしと未来のロボットをつないでお散歩するのも楽しそうですね。




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

日立市かみね動物園 〔茨城県日立市〕


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

かみねD

[PR] 東横イン日立駅前
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。シビックセンター科学館へは歩いて1分、かみね動物園へのバスのりばも目の前です。動物園+科学館+お泊まり、お子さんも喜びますよ。日帰りはちょっともったいないな~と思ったらご利用を


訪問日 2016年8月15日


日立市かみね動物園への行き方(東京から)
  • 上野駅→(特急「ひたち」号で約1時間30分)→日立駅
  • 日立駅中央口(2番乗り場)からバスで約10分、「神峰公園口(かみねこうえんぐち)」下車
    2番乗り場のバスは神峰公園口方面に行くはずですが、念のため運転士さんに確認してください。1番乗り場の「東河内」行きも神峰公園口を通ります。
  • 神峰公園口バス停からは、神社の石段左側の上り坂を進んでください。動物園ゲートまで歩いて3~4分ほどです。

入園料(2016年9月現在)
 3歳まで無料、4歳~中学生100円、大人510円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

かみね0

こちら日立市のかみね動物園です。
お盆休みの時期ということもあるのでしょうか、かなりの人出です。

さて、順路に沿って観てまいりましょう

かみね1

入園してすぐのところにいるのがアジアゾウさん。
おおきいねぇ~と、あちこちで声があがります。

かみね2

ゾウの先には一転、ウサギ、プレーリードッグ、カワウソといった小動物のエリアになります。
こちらはコツメカワウソさん。
ちょこまか走り回って、子供たちに大人気です

かみね3

カワウソの隣には、のんびりカピバラさん。
このゆるさは全国共通。
鉄板の安心感ですね

かみね6

アカカンガルーさん。
あ゛~暑い~、って感じのだらけぶり。
毎度のことながら、おやじ感全開です

かみね7

ワライカワセミさん。
「わらいかわせみに話すなよ」って歌がありましたよね。
ケララケラケラケケラケラ...って笑い声が聞きたかったところですが、今日は寝ているようで残念でした

かみね8

チンパンジーさん。
にらめっこしましょ、ってとこでしょうか。
「観客はあたしだよ、あんたが動物」って主張しているような

かみねB

カバさん。
このあとすぐに水の中に潜ってしまいました。
背中だけでも見えてよかった

かみねC

クロサイさん。
トリケラトプスを想わせるこの重厚な存在感はさすがです

P8151438

こちらはレッサーパンダさんの運動場ですが、今日はレッサーパンダさんはお家のなかです。
楽しみにしてきたのですが、暑さにあまり強くない動物だそうですから、この猛暑では仕方ないですね。

P8151437

室内でやっとこ撮った写真。ん~やっぱり反射がつらい

かみねE

ライオンさん。
起きて~と子どもたちが呼びかけますが知らん顔。
どこの動物園に行っても、寝てるのは変わりませんな

P8151449

順路の最後は「クマのすみか」。
こちらはヒグマさん。さすが堂々たる風格ですな


かみね動物園は、順路どおりに進めば全ての動物が見られるように工夫されています。
山の斜面にある動物園なので、登って降りて、しまったあれ見逃した、ってまた登らなくていいのは助かりますね

楽しかった~



 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

五月山動物園 〔大阪府池田市〕




■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■


五月山409

訪問日 2017年9月27日
五月山動物園のHPへ

五月山動物園への行き方(大阪から)
  • 阪急梅田駅→(阪急宝塚線急行で約18分)→池田駅
  • 池田駅から徒歩約20分。
    駅から一本道です。地図はこちらです。

  • 大阪国際空港(伊丹)からのバスもあります(2時間に1本)
    北ターミナル前7Bのりばから「池田」行で30分「五月山公園・大広寺」下車、徒歩5分

入園無料(2017年10月現在)

五月山436

五月山動物園です。
駅から歩いて行ける距離ですが、「山」というだけあって動物園までの道程は結構な上り坂です。
頑張ってまいりましょう

足元が不安な方は、池田駅からバス・タクシーでどうぞ

五月山500

五月山は、山の全体が公園になっているんですね。
今日は時間の都合で動物園にしか行きませんが、展望台とか温室とか、1日かけてゆっくり巡るのも楽しそうです

五月山494

五月山動物園といえばウォンバット。
こちらはオスのフクくんです。
なんとも言いようのないこのもふもふ感がたまりません

五月山403

日本でウォンバットさんに会えるのは、ここ五月山動物園と名古屋の東山動植物園、長野の茶臼山動物園の3カ所だけなんだそうです(2017年11月現在)。

今回、五月山動物園に行ったのは2017年9月27日。
その直後の10月4日にオーストラリアからやってきたマルちゃん(フク君のお嫁さん候補)など、3頭の新しい仲間たちに会えなかったのは残念でした。
また会いに行かなきゃね

五月山411

園内のベンチにもウォンバットさんです

五月山407

もふもふ感でいえばこちらも負けていないはずですが
人気をウォンバットさんに持っていかれて、ちょっと寂しいヒツジさんたちです。

...なんて決めつけちゃいけませんね

五月山417

シェットランドポニーのロッキーくん。
白い髪がお似合いの、なかなかのイケメンです

五月山447

まるまるおなかのワラビーさん。
袋の中に子供が入っているのかな

五月山395

こちらは、動物たちのおやつの自動販売機。
五月山動物園は入園無料ですし、折角ですからここでお金を使っていきましょうかね。

五月山435

おやつをあげられるのは4種類の動物。
ワラビーとヒツジは安心してえさをあげられますね。
アルパカは...結構圧迫感があります。意外に顔がでかいんだよね

で、エミューは...

五月山432

この顔とくちばしで迫ってこられると、正直、かなり怖いっす
でも、他の動物園でエミューにエサをあげられるところはあまりないと思いますので、勇気を出して頑張ってまいりましょう

五月山386

こちらは、動物園を出てきたところにある「修行の館」。
コンセプトは「忍者の修行」だそうですが、こんなわくわくする修行ならいくらでも続けられそうですね


五月山482

今回は15時過ぎに行ったので観られなかったのですが、「ふれあい広場」ではヤギさんやウサギさん、モルモットさんたちと楽しく遊べます。やっぱり動物園は早い時間に行くべきですね






 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

天王寺動物園〔大阪府大阪市天王寺区〕

PA011151

[PR] 東横イン大阪通天閣前
家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。天王寺動物園の入口(新世界ゲート)からなんと歩いて2分。動物園で思いっきり遊んだ後に、すぐにホテルで休めるのは嬉しいですね


訪問日 2016年10月1日

天王寺動物園のHPへ

天王寺動物園への行き方(大阪から)
  • 大阪駅→(地下街を徒歩約3分)→東梅田駅→(地下鉄谷町線で約15分)→天王寺駅
  • 地下鉄の4番または21番出口を上がったところが天王寺公園(てんしば)なので、公園内の案内に従って進んでください。動物園ゲート(てんしばゲート)まで歩いて5分ほどです。

  • JR線や地下鉄御堂筋線の天王寺駅からも近いですが、天王寺公園に直接出られる地下鉄谷町線の利用がおすすめです。

  • 地下鉄御堂筋線・堺筋線に「動物園前」という駅がありますが、動物園ゲート(新世界ゲート)までの行き方がややわかりづらいので、土地勘のある方以外は「天王寺」駅下車がおすすめです。

入園料(2017年5月現在)
 未就学児無料、小中学生200円、大人500円

障がい者減免 あり(本人無料)

天王寺動物園は、上野動物園、京都市動物園に次いで日本で3番めに古い動物園。2015年1月に開園100周年を迎えました。

100周年の年の8月にも天王寺駅まで行ったんですけどね。
そのときはあまりの猛暑に、とても家族で楽しめる状況ではなく、あべのハルカスで涼んで帰ってしまいました

天王寺64

というわけで、改めて天王寺動物園に行ってまいりました。
こちらは西側の新世界ゲート。なかなかおしゃれな入口ですね

ゲートをくぐったところは、左右前方どちらにも行ける広場になっていて、どこからどう回ったら良いかと迷ってしまいます

PA010965

とりあえずは近いところから。
ゲート左の爬虫類生態館「アイファー」に行ってみましょう

外は子供たちの歓声でいっぱいだったのに、アイファーの館内は子供が少なくて、カップルの割合が急に高くなった気がしますが気にせずまいりましょう

PA010968

ミシシッピーワニさん。
コワモテというかハードボイルドというか、見た目からしてオソロシイですよね

PA010988

カミツキガメさん。
ときどき田んぼとか公園とかで見つかってニュースになりますよね。
飼えないからって外に放すのはやめましょうね

天王寺70

ホウシャガメさん。
頑固そうですね~。
見た目だけで言ってますけど

さて、アイファーの次は、アフリカサバンナエリアへ進みましょう。

天王寺24

クロサイさん。
見た目が頑固そうなのは、こちらも負けていません

天王寺38

ライオンさん。
こちらは頑固っていうよりもう、ゆとりの表情ですな
さすがは百獣の王

PA011031

シマウマさん。
この縞模様、よく見ると一頭一頭ちょっとずつ違うんですよね。
じっと見ていると、目が回ってきます。乱視にはつらい...

天王寺76

ジャガーさん。
こっちも乱視の敵だなぁ

天王寺91

トラさんは、どこの動物園に行ってもよく動いていますね。
寝てばかりのライオンさんとは対照的です

天王寺8

ムフロンさん。
こんな重そうなの載っけて、頭痛にならないんですかね

PA011066

オジロワシさん
きりりとして、何というか、そう、獣人の風格ですね

天王寺04

レッサーパンダさん。
リンゴを手にごきげんです

PA011122

遠くを見る目が、どこか望郷の念をさそうような

天王寺23

フンボルトペンギンさん。
昔はペンギンというと、でっかいコウテイペンギンのイメージでしたが、最近はどこの動物園・水族館でもこのフンボルトペンギンがお馴染みになりましたね。

天王寺31 (2)

フタコブラクダさん。
背中のこぶがへにゃっとしていますけど、心配しなくていいのかな?

天王寺46

アシカさんの島に降りてきた野生のアオサギさん。
もう大胆というか、悠然たるもんです。

天王寺37

姫路神戸豊橋多摩秋田井の頭
日本中どこの動物園にも出現、野良アオサギさん。
すっかり「ふぁみとりっぷANNEX」の常連ですね。

ゆっくり見てまわっていたら、最後の楽しみと思っていたコアラ舎にたどり着く前に閉園時間になってしまいました。ま、次に来るときの楽しみに取っておきましょう

都会の真ん中なのに、それを感じさせない動物園でした。
みなさまも是非お出かけくださいませ




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

秋田市大森山動物園〔秋田県秋田市〕


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

大森山F

[PR]
リッチモンドホテル秋田駅前

家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。荷物を置いて大森山動物園へ。動物園は広いですから、手ぶらでまいりましょう


訪問日 2016年6月10日


秋田市大森山動物園への行き方
  • 秋田駅西口7番のりば→(秋田中央交通「大森山動物園」行きバスで約35分)→大森山動物園 下車すぐ

  • 私が東京から行った際のルートです。あまり一般的なルートとは言えませんがご参考まで
    羽田空港7:10→(JAL161便)→8:15秋田空港8:30→(空港リムジンバス)→8:55市営住宅前→(徒歩5分)→羽後牛島駅9:03→(JR羽越本線)→9:06新屋駅→(徒歩30分)→大森山動物園

入園料(2017年5月現在)
 高校生まで無料、大人720円

障がい者減免 秋田市在住者のみ(本人・介護者無料)

秋田空港から大森山動物園へ。
今回は家族連れではなくて、オヤジ単独行です

秋田駅前でバスを乗り継ぐのでは遠回りだなぁと思って、空港シャトルバスを途中で降りて、JRで動物園最寄りの新屋駅へ向かいます。

動物園へは、新屋駅すぐ近くの「西部サービスセンター」からバスが出ているのですが、折悪しく1時間に1本のバスが行ってしまったばかり。

動物園まで2kmほど。天気も良いことだし、歩くことにしました。
そうしたら結構な上り坂で

大森山手前の丘から

途中にはこんな、秋田平野を見渡せるポイントもありました。
ま、歩いて上ったご褒美と思うことにしましょうかね


大森山L

ふぅふぅ汗かきながら30分、ようやく動物園に到着です。

大森山1

入口ゲートから階段を降りていくと、まずはフラミンゴさん。
左側の観察舎に入ると、フラミンゴさんとにらめっこできるほど顔の近くで見ることができます。
眼光が鋭くて、なかなかの迫力です

IMG_0049

左へ向かうとミーアキャットさん。
「ほらほら『ミーアキャットがフラミンゴ~』だよ」と、子供たちよりお母さん方のほうが盛り上がっている様子。あの歌のおかげでミーアキャットさんも大人気です

大森山3

その隣はアメリカビーバーさん。
涼しげでいいですね~

大森山4

カンガルーさんのお昼寝。
フェンスの中に入って、すぐそばで観察できるのですが、近くに寄ってもまるで警戒する様子なし。
休日のオヤジとしか言いようのないこの寝姿。って私もオヤジだけどさっ

大森山5

さらに奥に進むと「王者の森」猛獣エリアです。
アムールトラのヒロシさん。隅々までパトロールに余念がありません。
窓の近くに来るたび、子供たちから歓声が上がります

大森山7

こちらはシンリンオオカミさん。
堂々たる体格と、つややかな毛並み。
森の中でばったり出会ったら怖いだろうな~

大森山9

ピューマさん。
カメラを向けたら威嚇されてしまいました。
お寛ぎ中ごめんね~

大森山C

アミメキリンさん。

キリンさんは「高いね~、首、長いね~」と見上げて驚くのが定番ですが、ここでは人の歩く通路がキリンさんの顔と同じぐらいの高さにあるので、にゅっ、と草を食べにくるキリンさんの顔を目の前で観察することができます。
近くで見るとでかい顔~(^o^;;;;

大森山E

おっ、ペリカンさんですね。
ペリカンさんがいるってことは、その近くには...?


大森山D

やっぱりいた~
野良アオサギさん

多摩動物公園のんほいパークに続いて、飼育ペリカンと野生アオサギのコラボは3か所めです

ペリカンさんのエサが美味しいのか
ペリカンさんの脇が甘いのか


大森山M

クジャクさん。
ちょうど羽をひろげているところでした。お見事~


クジャクのいるバードケージを過ぎると、さっき入った正面ゲートに戻ってきます。
最後に、まだ観ていない北側の小動物エリアにまいりましょう

大森山K

高いところから警戒中のプレーリードッグさん。
海水浴場かプールの監視員さんのような

大森山H

レッサーパンダさん。
もうちょっと近くに来て~

大森山I

ペンギンさん。
夏は暑くて大変だろうと思ってしまいますが、このフンボルトペンギンは赤道近くにも生息するそうですから心配ないですね。
氷よりも草が似合うペンギンさんです

大森山J

カピバラさん。
いつもながら、このゆるさが心を満たしてくれますね


園内とっても広くて、たくさんの動物たちに会えて満喫しました
県内の方はもちろん、GWや夏休みに東北旅行に行かれるご家族も、是非1日、大森山動物園で過ごしてみてくださいませ。楽しいですよ~





 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

板橋区立こども動物園 〔東京都板橋区〕


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

板橋本園2


板橋区立こども動物園への行き方-東京(巣鴨)から
※巣鴨へは山手線で東京から20分、新宿から13分
  • 巣鴨駅→(都営三田線 西高島平行きで6分)→板橋区役所前駅 
  • 板橋区役所前駅のA1出口を(階段ではなく)エレベーターで地上へ
    → 目の前の「こども動物園」への案内板の示す方向へ
    → 300m先、読売新聞販売所の角を左(案内板あり)
    → 150m先、右側が動物園入口(案内板あり)

入園無料(2017年4月現在)

板橋本園5

板橋区役所前の駅から、住宅地の道を北東へ歩いて10分弱。
あれ、この道でよかったかな、といつも思うのですが、なんとなく迷っているうちに動物園にたどり着く、というのがいつものパターンです。たよりなくて申し訳ない

板橋本園0

ヤギさんたち、なぜかベンチに興味津々。
この小さな動物園では、彼らが主役級です

板橋本園2

動物園というより、なんだか幼稚園の園庭のような。
ほのぼのとした雰囲気です

板橋本園6

モルモットさん。
抱っこ体験もできますよ

板橋本園7

ウサギさん。
ちょっとおつかれですかね

板橋本園3

ポニーさん。
乗馬体験も無料なのは嬉しいですね(3歳~小学6年生まで)。
馬車に乗れる日もありますので(実施日はこども動物園のwebサイトでご確認ください)、馬に直接乗るのが苦手なお子さんは試してみてはいかがでしょうか。

板橋本園9

園内の池では、鯉がのんびりと泳いでいます。

DSC_0299

とても小さな動物園ですから、ただ見てまわるだけなら10分で終わってしまいます
折角のふれあい中心の動物園ですから、ヤギさんと遊び、モルモットさんを抱っこして、ポニーにも乗って、ゆっくり楽しんでいってくださいませ




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

日本平動物園 〔静岡県静岡市〕



■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■


日本平162

訪問日 2017年3月18日
日本平動物園のHPへ

日本平動物園への行き方(東京から)
  • 東京駅→(東海道新幹線ひかり号で約1時間)→静岡駅(北口11番バス乗り場から日本平行きバスで20分)→動物園入口→(徒歩5分)→日本平動物園
  • 土曜・休日は、東静岡駅(静岡駅からJR東海道線で3分)から日本平動物園(正面ゲート前)への直通バスもあります。

  • 車でおでかけの方に、ちょっとした裏ワザ情報。
    東名高速道路の上り線で名古屋→東京方面に向かわれる際、「日本平PA」に車を停めれば、歩いて日本平動物園に行けちゃいます。
    PAのいちばん後方(名古屋寄り)に、近隣から買い物に来られる方のための徒歩出入口があって、そこからPAの外に出れば日本平動物園までは歩いて10分ほどです

    なお、下り線(東京→名古屋方面)の日本平PAからは、歩いて外に出ることができませんのでご注意を
    あと、隣の「日本坂PA」と間違えないでね
    混雑時の長時間駐車は迷惑になることもありますので、空いているときにお試しください。

入園料(2017年4月現在)
 未就学児無料、小中学生150円、大人610円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

日本平043

ずっと行きたいと思っていた日本平動物園。
念願かなって、子供と行ってまいりました。

日本平209ホーリー

入ってすぐのところにいるのがレッサーパンダのホーリーさん
この日はホーリーさん&まつばさんが屋外放飼場で元気に愛嬌を振りまいていました
見ている私たちもテンションが上がります

日本平264

レッサーパンダ舎の先には、チンパンジーなどサルのなかまが並んでいます。
その最後が・・・

P3180333

ヒトでした
撮ったのは次男、写っているのはワタクシ。

だしてくれ~って暴れております。

ま、お約束ってことで


P3180065

その先は「猛獣館299」
299ってのは・・・

日本平285

これですな

公式Webサイトによると「にっきゅっきゅう~」と読むらしいですが、に2く9きゅー9で肉球ですよね

P3180065 - コピー

ロゴも明らかに肉球デザインです

日本平292

立派な299の持主はホッキョクグマのロッシーさん。

豪快なダイブを繰り返し、観客の歓声が止まりません


日本平066

隣にはアザラシさん
円柱のなかを、上へ下へと優雅に泳いでいきます。
かつて旭山動物園で話題になったスタイルですね。

日本平138

上の階には他にも299猛獣さんが。
トラさんに・・・

日本平120

ライオンさん。
寝てるのが定番のライオンさんですが、ちゃんと起きていてくれました

さすがに威風堂々ですな~

日本平099

299から出てくると、のっし、のっしとアジアゾウさんが歩いています。
日本平動物園の開園は1969年で、1頭(ダンボさん)はその最初から、もう1頭(シャンティさん)は翌年からずっとここにいる超ベテランさんなんだって。

日本平168

さらに進むと、ふれあい動物園エリアに入ります。
ヒツジさん。モコモコでなんだか重そう~

P3180157

ロバさん。
颯爽とした馬も良いですが、ロバのこののんびり感も捨てがたいですね~

日本平158

ヒヨコさんやモルモットさんなど、抱っこできる動物もいっぱいいますよ
広い園内、そろそろ歩き疲れてきた頃でしょうから、ゆっくり座って癒されてまいりましょう

日本平185

シロサイさん。
力比べ中でしょうか

日本平326

今回は行きませんでしたが、山の斜面にはこんな長大すべり台が

頂上にある「ふしぎな森の城」では、着ぐるみを借りて「動物なりきり体験」ができるらしいですよ。
子供が小さいうちに是非。うちはもう無理だな

P3180190

こちらは爬虫類館。
ひたすらマイペースなカメさんたちです

日本平189

ん?
上を見て、ってこと?

日本平188

どわっ!

...あぁびっくりした


巨大な蛇のおなかがじっくり観察できるようになっているのでした

日本平191

ペンギンさんが見えてくれば、もうそろそろ出口です。

日本平動物園は、順路どおりに歩けば全ての動物を観られるようになっています。
これ見てないんじゃないか、あれはどこにいるんだ、などと地図とにらめっこしなくて済むのは楽ですね

まつばP3180228

最後にもう一度、レッサーパンダさんに会って帰りましょう。

まつばさん、バイバ~イ!また来るね~




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

上野動物園 〔東京都台東区〕


→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ


上野動A


訪問日
(1回目) 2007年12月02日 (2回目) 2008年11月22日 (3回目) 2010年03月20日
(4回目) 2012年12月16日 (5回目) 2013年09月14日 (6回目) 2014年05月18日
(7回目) 2014年11月16日 (8回目) 2014年11月16日 (9回目) 2015年01月03日
(10回目) 2015年02月01日 
※とりあえず記録しているもののみ。他にも何度も行っています。

着ぐるみパンダ

[PR (笑)] 着ぐるみパンダ
価格:3,564円(税込、送料別)

上野動物園のHPへ

東京からの行き方
 東京駅→(JR山手線・京浜東北線で約7分)→上野駅
 公園口改札を出て公園内を道なりに徒歩約5分

入園料(2015年1月現在)
 小学生まで無料、中学生200円、大人600円
 ※東京都内在住・在学の中学生は無料 

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)


やってまいりました上野動物園。
上野といえば動物園、動物園といえば上野ですよね
1882年開園の、日本で一番古い動物園です。


上野動B

そして、上野動物園といえばジャイアントパンダ。
入ってすぐ右にいますので、まずは挨拶していきましょう。
こんなふうに前を向いて笹を食べていればラッキー。
だいたい、寝ていたり後ろ向いてたりするんですよね

上野動C


パンダ舎から出て左に行くと、プレーリードッグくんたちがいっぱい

上野動V

すっかり食べるのに夢中です。プレーリードッグらしい警戒のポーズはどこ行った

上野動G

さて、その先にはサル山が見えてきました。
1931年からある歴史あるサル山だとか。さすが上野動物園

その片隅には体重計が。
サルたちの気分任せで、なかなか乗ってくれないのですが、運よく1枚撮れました。
意外に軽いですね

上野動Q

サル山から坂を下っていくと、うちの次男の一番のお気に入り、ホッキョクグマです

上野動D

陸上でごろ~んとしてみたり。

上野動E

水中にドボ~んと飛び込んでみたり。

上野動F

足の裏がリアルに観察できたり
いろんな方向からホッキョクグマの様子が見られます。

うちの場合、だいたいここに来ると30分ぐらいは飽きずに観ていますね

ホッキョクグマの先にはヒグマやツキノワグマ、マレーグマ。
くまさんシリーズが続きます。



クマの遊ぶ様子は、人間の子供たちの遊びと何だか似ていますね。
姿はどちらかというとおやじ似ですが

上野動H

おやじ似といえばゴリラですね
クマたちの反対側の丘の上にいます。こちらも人気です。
近くにはライオンやトラも。あんまりいい写真が取れなかったので省略~

さて、広い園内、すでにお疲れかもしれませんが、西園も見逃すわけには行きません。
サル山の先から、モノレールに乗っていけば子供たちも大喜び。
でも、歩いても5分ほどですから、混んでいるときは諦めも肝心よ

上野動K

西園からは東京スカイツリーも顔を出します。

上野動L

モノレール西園駅のそば、子ども動物園にはヤギ、ヒツジ、ニワトリなど、さわれる動物がいっぱい。
ヤギさんのえさやり時間を狙って行くと、楽しさも倍増です。
東園ゲート前に時間が掲示されていますので、入園時にチェックしておきましょう。

上野動M

近くで見る黒牛は迫力満点です

上野動N

地味な建物ですが、意外に子供たちのツボにはまるのがこちら、小獣館。

上野動O

小獣館にはミーアキャットやアルマジロ、ネズミカンガルー、ハダカデバネズミ、コウモリなど小さな動物たちがいっぱい。
こちらはケープハイラックス。とぼけた感じの人気者です

上野動R

マヌルネコ。普段は比較的おとなしいやつですが、突然スイッチが入って元気になったりします



小獣館から出てくると、シマウマ、キリン、サイなど大型草食動物たちのエリアです。
かばさんのあくび~

上野動P

その先、西園ゲート近くには両生爬虫類館。
ワニ、トカゲ、ヘビ、カメ、カエル、イモリ、ヤモリなどなど、爬虫類・両生類てんこ盛り

苦手な方もいらっしゃるかとは思いますが、見ごたえありますので頑張って観ていきましょう

上野動U

両生爬虫類館の脇を奥へ進んでいくと「アイアイの住む森」。
ちょっと目立たないところにありますので、見落とさないようにしましょう。

 

アイアイは夜行性。暗~い館内、フラッシュは厳禁です。

さらに進むと、ワオキツネザルたちが遊んでいます。
何匹も重なり合ってだんご状態

上野動T

おっと、忘れちゃいけない、こちらも西園の人気者。
レッサーパンダくんです

上野動S

さてさて、夕方になると動物たちは飼育舎に帰って行きます。
皆さんも歩き疲れた頃かとは思いますが、最後にちょっと寄ってみていただきたいところがあります。

東園、ホッキョクグマのお隣、アシカさんです

上野動I

水の下にある観察アーチ。
昼間は外で遊んでいて、アーチのほうに来ることはほとんどありません。
けれども、夕方になるとアーチのほうにやってきて、5回、10回、20回と、元気にくるくる回り始めます。

上野動J

夕方は隣のホッキョクグマがおうちに帰るので、安心してアーチで遊べるのでしょうかね。
見ている私たちの様子も、アシカたちは十分意識しているようです。
ガラス越しにボールとか見せるとアシカの関心を惹けておもしろいですよ

冬、閉園間際になると、園内は街灯も控えめで、かなり暗くなります。
足元に気をつけてお帰りくださいませ



おでかけランキング

→ ふぁみとりっぷANNEX 目次&地図
→ ふぁみとりっぷ本館へ