ふぁみとりっぷANNEX★おさんぽPANDAの家族おでかけレポート

ふぁみとりっぷANNEX(別館)へようこそ!

別館は、科学館や動物園、遊園地などなど、お出かけレポートコーナーです。
どうぞゆっくり観ていってくださいませ。

皆様のWebサイトからのリンク大歓迎です!

ふぁみとりっぷ本館メニュー(例)

そのほか、家族旅行プランのお助け情報をたくさんご用意してお待ちしております。ぜひご利用ください。

静岡県

日本平動物園 〔静岡県静岡市〕



■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■


日本平162

訪問日 2017年3月18日
日本平動物園のHPへ

日本平動物園への行き方(東京から)
  • 東京駅→(東海道新幹線ひかり号で約1時間)→静岡駅(北口11番バス乗り場から日本平行きバスで20分)→動物園入口→(徒歩5分)→日本平動物園
  • 土曜・休日は、東静岡駅(静岡駅からJR東海道線で3分)から日本平動物園(正面ゲート前)への直通バスもあります。

  • 車でおでかけの方に、ちょっとした裏ワザ情報。
    東名高速道路の上り線で名古屋→東京方面に向かわれる際、「日本平PA」に車を停めれば、歩いて日本平動物園に行けちゃいます。
    PAのいちばん後方(名古屋寄り)に、近隣から買い物に来られる方のための徒歩出入口があって、そこからPAの外に出れば日本平動物園までは歩いて10分ほどです

    なお、下り線(東京→名古屋方面)の日本平PAからは、歩いて外に出ることができませんのでご注意を
    あと、隣の「日本坂PA」と間違えないでね
    混雑時の長時間駐車は迷惑になることもありますので、空いているときにお試しください。

入園料(2017年4月現在)
 未就学児無料、小中学生150円、大人610円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

日本平043

ずっと行きたいと思っていた日本平動物園。
念願かなって、子供と行ってまいりました。

日本平209ホーリー

入ってすぐのところにいるのがレッサーパンダのホーリーさん
この日はホーリーさん&まつばさんが屋外放飼場で元気に愛嬌を振りまいていました
見ている私たちもテンションが上がります

日本平264

レッサーパンダ舎の先には、チンパンジーなどサルのなかまが並んでいます。
その最後が・・・

P3180333

ヒトでした
撮ったのは次男、写っているのはワタクシ。

だしてくれ~って暴れております。

ま、お約束ってことで


P3180065

その先は「猛獣館299」
299ってのは・・・

日本平285

これですな

公式Webサイトによると「にっきゅっきゅう~」と読むらしいですが、に2く9きゅー9で肉球ですよね

P3180065 - コピー

ロゴも明らかに肉球デザインです

日本平292

立派な299の持主はホッキョクグマのロッシーさん。

豪快なダイブを繰り返し、観客の歓声が止まりません


日本平066

隣にはアザラシさん
円柱のなかを、上へ下へと優雅に泳いでいきます。
かつて旭山動物園で話題になったスタイルですね。

日本平138

上の階には他にも299猛獣さんが。
トラさんに・・・

日本平120

ライオンさん。
寝てるのが定番のライオンさんですが、ちゃんと起きていてくれました

さすがに威風堂々ですな~

日本平099

299から出てくると、のっし、のっしとアジアゾウさんが歩いています。
日本平動物園の開園は1969年で、1頭(ダンボさん)はその最初から、もう1頭(シャンティさん)は翌年からずっとここにいる超ベテランさんなんだって。

日本平168

さらに進むと、ふれあい動物園エリアに入ります。
ヒツジさん。モコモコでなんだか重そう~

P3180157

ロバさん。
颯爽とした馬も良いですが、ロバのこののんびり感も捨てがたいですね~

日本平158

ヒヨコさんやモルモットさんなど、抱っこできる動物もいっぱいいますよ
広い園内、そろそろ歩き疲れてきた頃でしょうから、ゆっくり座って癒されてまいりましょう

日本平185

シロサイさん。
力比べ中でしょうか

日本平326

今回は行きませんでしたが、山の斜面にはこんな長大すべり台が

頂上にある「ふしぎな森の城」では、着ぐるみを借りて「動物なりきり体験」ができるらしいですよ。
子供が小さいうちに是非。うちはもう無理だな

P3180190

こちらは爬虫類館。
ひたすらマイペースなカメさんたちです

日本平189

ん?
上を見て、ってこと?

日本平188

どわっ!

...あぁびっくりした


巨大な蛇のおなかがじっくり観察できるようになっているのでした

日本平191

ペンギンさんが見えてくれば、もうそろそろ出口です。

日本平動物園は、順路どおりに歩けば全ての動物を観られるようになっています。
これ見てないんじゃないか、あれはどこにいるんだ、などと地図とにらめっこしなくて済むのは楽ですね

まつばP3180228

最後にもう一度、レッサーパンダさんに会って帰りましょう。

まつばさん、バイバ~イ!また来るね~




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

静岡科学館る・く・る 〔静岡県静岡市〕



■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■


るくる01

訪問日 直近では2017年3月18日。以前も何回か来ています。


静岡科学館る・く・るへの行き方(東京から)
  • 東京駅→(東海道新幹線「ひかり」号で約1時間)→静岡駅
  • 駅南口を出て左前方の歩道橋へ→「静岡科学館る・く・る」の案内看板があるのでそれに従って進んでください。駅から歩いて1~2分。とっても便利です

入園料(2017年3月現在)
 未就学児無料、小中学生120円、大人510円

障がい者減免 あり(本人・介護者無料)

るくる02

「静岡科学館る・く・る」にやってまいりました。
ここは体感型の遊具がいっぱいあるので、わが家のお気に入りです

るくる06

最近の科学館はデジタル系の展示が多かったりしますが、こういう体感重視の科学館の方が子供は喜ぶんですよね。

そんなわけで、静岡が旅行の目的地という訳でもないのに、わざわざ静岡で新幹線を途中下車して、ここで半日遊ばせたりするわけです

るくる12

磁石の不思議が体感できる「はらはらウォール」
磁石つきの手袋をはめて、SとNをうまく選びながらゴールを目指します。
のんびりしているとSとNが入れ替わって落ちちゃうよ~

るくる13

勢いよく回るホイールに、タイミングよくブレーキをかけて、赤丸を矢印のところで止めるゲーム。
左から順に、カンタン、ちょいムズ、激ムズです
特に一番右は大人でもなかなかぴったり止められません。
速すぎるよ~

・・・ムキになってしまいました

るくる15

でっかい回し車
頑張って回すと、左側の青~赤のメーターにランプが点きます。
リスになった気分、と言いたいところですが、これ結構きついんです。
大人の私がやったら膝にきました

子供にいいとこ見せたいお父さん、くれぐれもご注意を

るくる33

レバーを倒すと、筒の中のプロペラがぎゅん!と勢いよく回って飛んでいきます。
単純ですがなかなかツボにはまります。

るくる35

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[PR(笑)]
Kapla カプラ魔法の板 1000 KAPLA 2011 PC 積み木

価格:60372円(税込、送料別) (2017/3/22時点)

このほかにも、いろいろ見て触れて楽しむものはたくさんありますが、結局のところ、毎回いちばん熱中するのがこちら
大量のカプラ(シンプルな積み木おもちゃ)で遊べるコーナーです。

楽天でもカプラ1000枚入りボックスが6万円とかで売ってたりしますが(笑)、値段もさることながら、リビングとか子供部屋とかが収集つかなくなりそうで、自宅で買うのは勇気がいりますよね。ここで遊んでまいりましょう

それでも買いたいという方は止めません。リンク先へどうぞ(笑)


造形見本も用意されているのですが、男の子はほぼ100%、見本とか無視して高さを追求しはじめますね
積み始めると、途中でやめるのが惜しくて止められなくなるんですよね

るくる39

おおっ!いかにも「ロボット」ですねぇ~

る・く・るのできるずっと前、1971年生まれの「カンちゃん」。
案内ロボットとして長年活躍してきたんだそうです。


最近のロボットはアニメの中ではスマートに、実物は機能的にどんどん進化していますね。
今の子供たちには、ロボットといえばこういうもんだ、っていうオヤジ的感覚は理解できないんでしょうね




 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします


■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

浜名湖ガーデンパーク 〔静岡県浜松市〕



■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■

浜名湖GP6

[PR] ファミリーロッジ旅籠屋・浜名湖店
日本中あちこちに増えている旅籠屋さん。安くてシンプルで気兼ねなく泊まれるので、わが家のお気に入り、家族旅行におすすめのミニホテルです。
のんほいパークと浜名湖ガーデンパークの中間にあって、どちらにも行きやすい便利な場所です。週末1泊2日の小旅行にも、東海道を西へ東への大旅行にも、是非使ってみてくださいませ


訪問日
(1回目) 2004年8月31日(浜名湖花博)
(2回目) 2008年8月27日
(3回目) 2010年7月26日
 

浜名湖ガーデンパークへの行き方(東京から)
  • 東京駅→(新幹線「ひかり」号 で約1時間30分)→浜松駅→(東海道本線で約10分)→弁天島駅
  • 駅からはタクシーで約5分。1500円ぐらいです。歩いたら1時間弱かな

  • [2016年11月修正] この記事を書いた当時は弁天島駅からのバス路線があったのですが、2015年9月で廃止になってしまったそうです
  • 浜松駅からのバスは今でもありますが、遠回りで約1時間、630円かかります。 

入園無料(2016年11月現在)

浜名湖GP1

突然ですが・・・

発表!「ふぁみとりっぷ」選定
  ~子供が喜ぶ「日本三大水遊び場」~


 愛知県長久手市 愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
  「こどものひろば 水のエリア」

 千葉県船橋市 ふなばしアンデルセン公園
  「にじの池 & アルキメデスの泉」

そしてここ

 静岡県浜松市 浜名湖ガーデンパーク
  「水遊び広場 & 虹の滝」

・・・ いや、日本中の水遊び場、全部回ったわけではないんですけどね ・・・

浜名湖GP2

水遊びのエリアは、広い園内の一番手前にあります。
ここだけでもとっても広くて、子供たちに任せると何時間でも遊んでしまいます。

浜名湖GP4

見てのとおり、皆さん最初から水着用意です。
思いがけないところから水が飛んできますから、大人もそれなりに濡れる覚悟をしておいたほうが良いでしょう。

浜名湖GP3

足元のあちこちから水が吹き出てきます。

はじめのうちは、ランダムに噴水が飛んでいるように見えるのですが、遊んでいるうちにパターンがわかってきます。
子供たちも「次はここだ!」なんて走り回り、逃げたりわざと直撃を受けてみたり、水の出口を踏んづけて水の飛び方を変えてみたり・・・。まぁとにかく自由に遊んでいます。

浜名湖GP5

元々は2004年の「浜名湖花博」の会場だったところが再整備されて、公園として開放されています。
上の写真は浜名湖花博のイメージキャラクター「のたね」くん。
園内のところどころに、花博当時の面影が残されています。

浜名湖花博のときは大勢の人手で賑やかでしたが、今は落ち着いたたたずまいです。

浜名湖GP7

水の広場だけで1日が終わってしまいそうですが、アスレチックに展望台、運河のクルーズ船など他にもお楽しみ要素がいっぱいです。
こんな4人まで乗れる貸自転車も。広い園内、折角ですから目いっぱい楽しんで帰りましょう。


大きな地図で見る

 
↑おでかけランキング
参加中です。
気に入っていただけましたらポチッとお願いします

■目次&地図■ ■ふぁみとりっぷ本館へ■